カテゴリー「ノンカテゴリー」の57件の記事

2018年6月23日 (土)

沖縄全戦没者追悼式での中3の少女の朗読に圧倒された

今日行われた沖縄全戦没者追悼式で、沖縄県平和祈念資料館主催「児童・生徒の平和メッセージ」詩の部門で971人中最優秀賞を受賞した「生きる」を朗読した中学3年生の相良倫子という女の子に魂を揺さぶられた。彼女の後にスピーチをした安倍総理がちっぽけに見えて気の毒だったほど。

「もう二度と過去を未来にしないこと」
「戦力という愚かな力を持つことで得られる平和など本当はない」
「未来は、この瞬間の延長線上にある。つまり、未来は今なんだ。」
「鎮魂歌よ届け、悲しみの過去に。命よ響け、生き行く未来に。」

その文章が、郷土への愛と未来志向の平和への決意に溢れた重厚で素晴らしかったものであったことはもちろん、約7分の朗読の間、一切原稿を見ず、会場全体をしっかりと見渡し、力強く話す姿は聴衆を圧倒し、感動に包んだ。なんという説得力だろう。

こういう語りは、100%確信を持った自分の心からの言葉でなければ絶対にできない。日本の政治家の言葉が心に響かないのは、官僚が用意した文章を読み上げているだけだからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

小型・薄型荷物の配送料金をまとめました

オークションやフリマで、小荷物を送ることが多くなったので、各種配達料金を調べて整理しました。郵便局、ヤマトに加え、ヤフオクとメルカリで販売したもの専用の配達サービスがあり、それぞれ一長一短あるので、送る荷物の種類、大きさ・厚さ・重さによってよってどの方法で送るのが一番安いかは微妙に変わります。

Photo_2


一番下の宅配便の料金は、全国一律のメルカリ以外は東京都から東京都へ送った場合の料金になっています。なお、クロネコDM便とヤマトのねこポスは、ヤマトビジネスメンバーズの法人契約が必要です。
まとめると:
  • A4サイズで1kg以内、厚さ3cm以内の薄型荷物なら全国一律164円のクリックポストが文句なしに最強(ただしYahoo Walletが必要)。クリックポストの料金と比べると、ゆうパケットもネコポスもほとんど意味がありません。
  • カレンダーなど、A4より大きい綴じた印刷物(ポスターは不可)はゆうメールが安い。ただし内容物を確認できるようにしなければならない。
  • 厚みが3cm以上あるけれど500g以内の小荷物なら定形外郵便。それ以上の重さなら宅配便。
  • 宅配便を利用する場合、ヤマトの営業所が近くにあるならば、クロネコメンバーズの割引を最大限利用すること。プリペイドカードで支払えば10-15%引き、伝票を電子作成すれば50円引き、営業所に持ち込めばさらに150円引きなので、通常料金から10-15%引いて、そこからさらに200円引きに。
  • ゆうパックは上記のヤマトの割引料金と比べると高いけれど、サイズに関わらず一律30kgまでなので、本などサイズの割には重さがある荷物はゆうパックの方が安い場合がある。
  • ヤフオクやメルカリで売ったものを宅配便で送るなら、それぞれの専用サービスがお得。ヤフネコの60サイズの486円という料金は宅配便最安。メルカリのらくらくメルカリ便(ヤマト)とゆうゆうメルカリ便(郵便局)は、料金が安い上に宅配便では唯一、配送距離に関係なく全国一律料金になっているので、送料込で販売する場合は購入者が遠隔地でも損をしない。
なお、封筒の厚さは定規などを当てても正確に計ることは難しいので、このような便利なものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法

まずはじめに、現在、通常はがきの料金は62円ですが、平成30年度の年賀はがきは、特例で12月15日から1月7日の間に投函された場合は、52円となっています(詳しくは、こちら)。

皆さんの家には、古い年賀はがきや、額面50円や52円の官製はがきなどが余っていませんか? 我が家には、いつか交換しようと思って貯まっていたはがきがなんと200枚もありました。郵便局では、はがきや切手は、一枚あたり5円の手数料を払えば(差し引けば)、別の額面の切手やはがきに交換してくれます(詳しくは、こちら)。

ただし、切手やはがきから、新年度の年賀はがきには交換してくれません。新年度の年賀はがきに唯一交換できるのは、同じ年度の年賀はがきを書き損じた場合、しかも販売期間内だけです

では、切手や、額面52円の官製はがきや、平成29年以前の年賀はがきを平成30年の年賀はがきに交換するためにはどうしたらよいか、実際にやってみた方法をご紹介します。簡単にまとめると:
  1. 古いはがきや切手を郵便局で切手シートに交換する
  2. 切手シートを金券ショップで換金する
  3. 金券ショップで割り引かれた新年度の年賀はがきを購入する

oneまず、郵便局に行って、古いはがきや、年賀切手や使いにくい古い額面の切手を1枚あたり5円の手数料を差し引いて切手に交換してもらいます。この時、できるだけ62円または82円の100枚シートになるだけの量、つまり6200円分以上あるといいです。もし少し足りないくらいなら、現金を追加してでも100枚にした方がいいです。後述しますが、シートの方がバラよりも金券ショップでの買取価格が高いからです。

この郵便局で切手に交換した時点で、52円 - 5円 = 47円に目減りします。

two次に、郵便局で交換してもらった切手を、金券ショップに持ち込んで換金します。東京駅前の「アクセスチケット」の場合、82円のシート切手は90.5%で換金してくれました(8200円分の切手が7421円の現金に)。ちなみに、シートではなくバラの場合、換金率がガクンと落ちて65%程度になるようです。額面52円のはがきの買取価格は35円(換金率67%)なので、最初から金券ショップに持ち込んだら損をします。

この現金に交換した時点で、47円 x 0.905 = 42.5円となります。

このお金で、52円の年賀はがきを購入したら、1枚あたり追加で9.5円かかってしまいますね。

threeところが、この同じ金券ショップでは、年賀はがき(インクジェット用も)をなんと46円で販売しているのです。つまり、ここで買えば、古い官製はがきや年賀はがき1枚あたり3.5円で、新年度の年賀はがきに交換できたことになります。

つまり、100枚の年賀はがきを新たに通常購入したら5,200円かかるところ、この方法で古いはがきをリサイクルすれば、出費は350円で済むことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

地図の読めない人の特徴と対処法

妻と話していて、地図が読めない方向音痴の人の特徴というか原因がわかったような気がします。

それは、地点の東西南北の絶対的な位置を把握しておらず、「自分が知っている特定の場所との相対的な位置関係」しか把握していないのです。だから、自宅や特定の駅からは行けるけれど他の場所からは行けない、というようなことになり、応用が利きません。

例えば、彼女は日本橋の高島屋の、日本橋駅との位置関係は把握しているけれど、そこは実は東京駅からも近いのだけれど、東京駅からどう行ったらいいかさっぱりわからないと言うのです。だから、東京駅と高島屋の間にあるビルに行きたいと言うから、その位置(八重洲通りに面した超わかりやすい場所)を説明して東京駅からの行き方を説明しても、「高島屋からの行き方を教えてくれないとわからない」と言うのです。

そこからわかったもう一つの特徴は、道路の名前やそれが他の道路とどう交差しているか全く把握していないこと。

だから、言葉だけで、「〜通りを南に行って、〜通りで右に曲がる」なんていう説明をしても、そもそも東西南北を把握していないし、通りの名前も把握していないから、ちんぷんかんぷんで頭の中で地図を描くことができず、全く要領を得ないわけです。

これらから導き出される、方向音痴の人に道順を教える場合の対処法:

  1. 大原則として、その人の知っている場所との相対的な位置関係や距離感で説明する
  2. そもそも東西南北は把握していないから、「北へ」や「~通りの南側」などの東西南北の説明はNG。その人が知っている「~デパートの方向へ」「セブンイレブンのある側」などの具体的なランドマークに置き換える
  3. そもそも地図が苦手なのだから、地図を見せて説明するのではなく、その人が知っている場所だけを図に描いて説明する
だから逆に言うと、もし自分が地図が読めない人だったら、こういうことを意識するようにすると改善するかと思います:
  1. 常にどの方向が「北」かを意識することによって地図と同じ感覚を身につけ、常に自分がどの方角に向かって歩いているかを意識する
  2. 自分がいる場所や、よく行く場所や、行かなければならない場所が、絶対的にどの位置にあるかを把握する(駅やランドマークとの東西南北の位置関係と距離)
  3. 道路の名前を覚え、それらがどう交差しているかを把握する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

なぜプリントアウトした方が誤字脱字を見つけやすくなるのか

この記事に書いてある理論、10年以上前にどこかで聞いてから堅く信じています。

パソコンの画面では誤字脱字を見落としても、プリントアウトするとすぐ発見できることがありますよね。それは脳の情報処理モードが透過光(LCDなど)と反射光(紙など)では異なり、前者は「受動・くつろぎモード」で、後者は「分析・批判モード」になるからなのです。

だから、長いビジネスのメールや論文をPCやタブレットの画面で読んでもなかなか頭に入ってこないけれど、プリントアウトするとより入ってくるという実感もあると思います。

そういう意味では、動画や漫画はタブレットで楽しむのはいいけれど、ビジネス書や難しい小説などはKindleのような反射光の電子ペーパーの方が向いていると言えます。先日紹介した二画面の電子ペーパーを使った電子楽譜も、「iPadを2台つなげばいいじゃないか」という意見もありますが、楽譜という分析を必要をする用途だと電子ペーパーの方が向いているのです。

また、映画館も反射光なので、テレビ画面で見るよりはより分析的・批判的に見ることができるという実感がありますが、これも単に1800円払ったからということだけではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

絶望的に使いにくい ゆうちょ銀行のネットバンキング

ゆうちょ銀行、いまだにスマホアプリがない。ゆうちょダイレクトも、ログインするのに覚えられるはずがない15桁のお客様番号をいちいち入力しなければならないからすこぶる使い勝手が悪い。

だいたい、ゆうちょ銀行は:
①郵便貯金時代からの記号・番号
②他行から振り込む場合の支店名と口座番号
③ゆうちょダイレクトの15桁のお客様番号(これにはさらに英数字のログインパスワードと、設定変更等に使う数字のみの6桁以上の暗証番号がある)
・・・と3種類の自分では設定できない全く異なる番号を使い分けなければならない。おそらく異なるITシステムをツギハギで構築したからこうなってしまって、今やそれぞれが巨大化して手が付けられないのだろう。いずれにしてもユーザにとってはありえない使いにくさだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

勧誘の電話を断る有効な方法

家の電話は、売り込みがよくかかってくるので、在宅でも基本的には留守番電話にしていて、知っているところからかかってくれば取るということにしています。知人からの電話は基本的に携帯なので、家にかかってくるのはお店とか業者くらいなので、比率的には勧誘が高くなっています。

これまでは電話機に組み込まれた女性の声の応答メッセージにしていたのですが、今日自分の声で吹き込みました:

「ただいま電話に出ることができません。発信音の後にメッセージを録音してください。 なお、勧誘は全てお断りしています。

特定商品取引法では、購入の意思がないことを明示した人に対して、勧誘を継続したり、再度勧誘することは、法律で禁止されています。

実は、これをやってからすぐに効果が現れました。 紙の新聞の配達から全て電子版に切り替えた日経新聞から、昨日このような内容のメッセージが残っていました:

「以前ご購読いただいていたお客様に再購読の勧誘の電話を差し上げていましたが、申し訳ございませんでした。」

妻曰く、この電話番号からは最近毎日のようにかかっていたけれど、この応答メッセージに変えるまでは、何もメッセージを残さないで切るだけだったという。

さすが一流企業は、特定商品取引法を遵守して、教育が徹底されているようです。電話勧誘は、大抵インターネット回線業者か不動産業者なので、よほど怪しい業者でなければ効果があると思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

テレビ朝日55周年と、18歳未満立入禁止のマークが似てる件

Tvasashi18kin

このテレビ朝日の55周年マークと、18歳未満立入禁止のマークが似ていると思うのは自分だけだろうか?

↓似てると思ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます!

Happynewyear2014xga

タカラトミー「机の上から、チラリーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

未来の無人レジの悪夢

悪夢を見た。

Mujinregi2

未来のコストコで大量に買い物をして、無人レジで会計をしようとしているのだけれど、本人確認のために端末にクイズのような答えを入力しないといけない。

「通った小学校の校長先生の名前」だとか、「育った町の記念碑に刻まれた言葉」だとか、「そんなこと覚えているわけねーだろ」「そもそもなんでお前がそんなこと知ってるんだよ」的な難問が次から次へと出題されて、「ぎゃー、わからん」と叫んでいるうちに、自分の後ろにどんどんと列が増えきて、白い目で見られている。

途中で、「これは夢なんだ」と気付いて、「これは夢だ起きなきゃ起きなきゃ」と唱えてようやく脱出することができました。

でも考えてみたら、これは数年後の正夢かもしれない。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧