カテゴリー「☆トラベル」の18件の記事

2015年1月18日 (日)

巣鴨の「高島易断」は面白い

先週のアド街で巣鴨の特集をやっていて、色々と美味しそうな店や面白そうな店があったので散策してきました。その中で、とげぬき地蔵尊の境内にある「高島易断」の店の回りに色々と面白いことが貼りだされていたので、ご紹介します(寛大にも、自由に撮影してくださいと書いてあります)。

(画像をクリックして拡大、ブラウザーの「戻る」で本文に戻ります)

Takashima_overview

666

Best_man

Best_wife

Men_women_best4

Aishou

Husband_luck

Toilet

Mamorigi

自分は、占いに関しては、自分に都合のいいことが書いてあれば信じ、そうでない場合はすぐに忘れるということをモットーにしております(^^)。また、縁起担ぎでも、ためになることは信じて実行することはいいことだと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

ラスベガスCES

毎年正月明けにラスベガスで開催されるCES (Consumer Electronics Show)に出張で行ってきました。12年前に某メーカーに勤めていた頃は毎年行っていたのですが、転職してからは5~6年ぶりです。

ラスベガスはエジプトのピラミッド、ニューヨークの摩天楼、ヴェネツィアの運河などをテーマにしたホテルが沢山ありますが、今回の宿泊先は、パリをテーマにしたParis Hotelで、ミニ凱旋門とミニエッフェル塔があります。

Gaisenmon
(カシオEX-TR100 (21ミリ相当) ISO250 F2.8 1/20)

Eifel_tower
(カシオEX-TR100 (21ミリ相当) ISO640 F2.8 1/20)

「ミニ」と言ってもこのエッフェル塔は実物の1/2の高さがあり、エレベーターで地上140メートルまで上がることができます。このエッフェル塔の脚は、その下のカシノの中まで突き抜けており、カシノ内でその鉄骨を見ることができるようになっています。

CESは日本のCEATECと似ていますが、CESにはほとんど一般客は訪れず、メーカーとバイヤーの商談の場、という色が強いです。そのため、未来の商品や参考出品は少なく、展示されている製品のほとんどが、発売済みのものか、せいぜい半年以内に発売されるものなので、それほど革新的なものはありません。

かつては日本の電機メーカーが競って最もいい場所で大きなブースを構えていましたが、近年は完全に韓国メーカーの方が勢いがあります。今回も、ソニーとSamsungとLGが最大のブースを構えていました。Samsungは薄型の液晶テレビが格好よく、店頭で見栄えがする絵作りがうまく、米国で最大のシェアというのも頷けます。参考出品されていたOLEDは非常にくっきりとしていて、ソニーのCrystal LEDよりも優れていると感じました。3Dに関しては業界がっかりムードの中、LGが唯一全面的に打ち出していました。LGの3Dはメガネが軽くてかけ心地がいいし、3Dの効果や視野角から言っても、最も実用的なのではないかと思います。

ソニーの4K(HDの4倍の解像度)のプロジェクターのデモを並んで見ましたが、全く感動がありませんでした。アメリカ人はこういう場でも声を出してリアクションをするものですが、私以外の来場者も4Kに映像が切り替わっても、全く無反応でした。中には、"So what?"(それがどうした?)と言っている人すらいました。プロジェクターとなると、ずっと見慣れている4Kと同等の映画館の画質と比べてしまうので、それほど画質がいいと感じないからだと思います。ソニーは4Kはカメラからプロダクションまであるのはいいのですが、肝心のディスプレイの部分で家庭用のフラットパネルがないのが痛い。この部分でシャープや東芝に遅れているのが、苦戦が続くソニーのテレビ事業の問題を象徴しているような気がします。

Sony_bluetooth_watch_2そんなソニーの中で、個人的に最も「欲しい」と思ったのが、このスマホとつながるBluetoothの「時計」。これ自体には通話機能はありませんが、スマホに着信したメールを見たり、電話帳を検索して発信したり、音楽プレーヤーのリモコンになったりします。でもやっぱりソニーのことだから、XPERIA専用です。

Casio_gshockこれと似た製品に、カシオのGB-6900も展示されていました。こちらも着信表示機能がありますが、面白いのは時計側からスマホを鳴らしたり、スマホと一定距離離れるとアラームが鳴るという、よく電話機を置き忘れるうっかり者には便利な機能があります。

3月に18,900円で発売予定ですが、対応するのは自社製のスマホだけで、他社製のAndroidにもiPhoneにも対応しない模様。ソニーはともかく、NECカシオのスマホのシェアを考えたら、こんな「メーカーの論理」で製品化するのではなく、積極的にすべてのスマホに対応すべきだと思うのですが・・・。詳しいレポート記事はこちら

Powermat_ownPowermat_new_2昨年、iPhoneとBlackberryをワイヤレス充電化した記事を書きましたが、その後iPhone4SもPowermat社の製品でワイヤレス化して愛用しています。左の写真は、今回の出張先のホテルで2台用の充電台で使っているところです。
今のiPhone4S用の製品で不満なのは、ブラックしかなくて無塗装で質感が安っぽいことなのですが、右写真の近日発売予定の新製品は、白もあって綺麗な光沢塗装がされています。

この新製品を見ながらBlackberryもiPhoneも愛用しているんだよ、とブースの人に見せていたら、それを後ろから聞いていたおじさんが握手を求めてきて、誰かと思ったらPowermat社のCEOでした。それから社長自らブースを案内してくれて、近々スタバなどに充電器が設置される予定だと話してくれて、今度はこちらが感激しました。日本のCEATECで社長が話しかけてくるなんてことはありえないですが、こんなことがあるのも、展示よりは商談がメインのCESならではです。

Energizerアメリカのホテルは間接照明が基本のため、電気スタンドや電話やクロックラジオでコンセントが一杯の場合が多いので、こちらはトラベラーにとっては非常に便利なEnergizer iSurgeという製品。電源コンセントに直接差し、3個口の電源タップとなると同時に、スマホの充電台となり、USBの電源供給端子も備えています。
左側の白い製品はiPhone専用ですが、右側の黒の製品は汎用スマホ用で、上部の溝にスマホを横置きするようになっていて、マイクロUSBコードの他にUSB端子が二つもあります(iPhone用は一個のみ)。

Bodyglove今回のCESで、おそらく最も多く見かけた製品は、iPhone用のケースで、100社以上あったと思います。中でも、これは非常に便利そうな、Body Gloveの、スタンド内蔵のiPhone用のケース。

Fujifilm_xpro1
カメラ関係で、個人的に文句なしに最も注目したのが、このFujiFilmのX-Pro1。APS-Cセンサーを備えたフジ初の本格的レンズ交換式デジタルカメラ。独自の技術でローパスフィルターを省いているので、モアレを防ぎながらノイズが少なく解像度が高く、35ミリフルサイズに迫る(フジは「超える」と言っています)画質を実現できるのではないかと思います。

古くからのカメラ好きを泣かせるのが、ボディ上面のシャッタースピードダイヤルとレンズ銅鏡の絞りリングという組み合わせに加えて、最初に用意される、27/53/91ミリ相当の3本の単焦点交換レンズ。50ミリが標準レンズで、「ズームは邪道」と言われていた時代は、3本レンズを揃えるなら、28/50/90ミリというのが定番でした。カメラは手に取った時に質感が非常によく、ファインダーの像の大きさと見え方が素晴らしかったです。発売予想価格はボディのみで15万円、標準レンズ付きで20万円程度とのことです。これが出たらライカのX1を売り飛ばして買おうかと真剣に考えています。

Canon_powershot_g1x_2実はこのCESでキャノンがミラーレスを発表すると噂されていましたが、どうやらこのG1Xがキャノンのミラーレスに対する当面の答えのようです。1.5インチという、フォーサーズよりは大きく、APS-Cよりは小さいサイズのイメージセンサーと28-112ミリ相当のズームレンズを採用した、レンズ固定式の高級デジカメ。おそらく日本での実売価格は8万円前後なので、ミラーレスに標準ズームを付けっぱなしにするようなカジュアルユーザーにはアピールするとは思いますが、私には中途半端な割り切りのカメラと写りました。カメラをわかっている人には、この使い物にならないくらい小さいファインダーと、小さなレバーで操作するパワーズームは許せないと思います。

Lenspenカメラアクセサリーでは、いつも愛用しているレンズクリーナー、Lenspenの新型。より小型でエルゴノミックなデザインになっており、キャップが回転式となったのためより確実にペン先にクリーニング成分を補充することができるという。右は大きめの液晶画面用のクリーナー。キャップをはずすとヒンジに付けられた真四角のワイパーのようなパッドが出てきて、非常に使い勝手がいいです。この両方を5ドル(約400円)というタダ同然の値段でブースで売ってくれました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

Martin Luther King, Jr. Memorialに行ってきました

今日、出張中のワシントンDCで、1950~60年代に起きた人種差別撤廃などを求める公民権運動の黒人指導者、マーチン・ルーサー・キング牧師をたたえる記念碑の完成記念式典が行われました。黒人初の大統領となったオバマ大統領の演説や、スティーヴィー・ワンダーの歌もありましたが、午前中の式典が終了して落ち着いた午後3時頃に訪れました。

Mlk1

高さ約9メートルの彫像は、キング牧師が背後の山から切り出された形になっていて、演説で語った、"Out of the mountain of despair, a stone of hope=「絶望の山から、希望の石を切り出す」という言葉からデザインされています。

Mlk2

記念碑はポトマック川沿いの池の一角にあり、1963年の著名な演説でキング牧師が"I have a dream"=「私には夢がある」と差別撤廃を訴えたLicoln Memorialの近くに位置しています。式典は当初、48年前にこの演説が行われた8月28日に予定されていたのですが、大型ハリケーン「アイリーン」の襲来で延期されました。

Mlk3

この付近はNational Mallと呼ばれてアメリカ内務省によって管理されており、歴史上の著名な大統領の記念碑や、戦没者の慰霊碑や国立博物館が隣接しています。このエリアに大統領経験者ではない人物の記念碑が建てられるのは初めてのことで、アメリカ国内では議論があったのですが、オバマ大統領の力で実現したようです。

Mlk4

実は、キング牧師は、私が小学校2年生の時にアメリカに渡った​翌年の1968年に暗殺されました。4月にキング牧師、​そして6月にロバート・ケネディが暗殺されたので、少年​時代の強烈な印象として残っています。そのおかげと言っ​ては何ですが、彼らが何を成し遂げようとしていて、そし​て何故暗殺されたのか、ということは学校でよく勉強しました。

Mlk5

記念碑を囲む壁には、キング牧師の演説などの名言が刻まれています。個人的に印象に残ったものをご紹介します(翻訳byさそりいのしし):

Darkness_cannot_drive_out_darkness

"Darkness cannot drive out darkness, only light can do that. Hate cannot drive out hate, only love can do that."

「暗闇によって暗闇をなくすことはできない。それは光をもってし​かできない。 憎しみによって憎しみをなくすことはできない。それは愛をもって​しかできない。」

The_ultimate_measure_of_man_2

"The ultimate measure of a man is not where he stands in moments of comfort and convenience, but where he stands at times of challenge and controversy."

「人間の真価は、安心と充足の中にいる時にではなく、大きな問題​や論争に直面している時に試される」

If_we_are_to_have_peace_on_earth

"If we are to have peace on earth, our loaylties must become ecumenical rather than sectional. Our loyalties must transcend our race, our tribe, our class, and our nation; and this means we must develop a world perspective."

「世界平和を願うならば、我々の忠誠心は限定されたものに対してではなく、普遍的なものに対してでなければならない。我々の忠誠心は、人種や、部落や、階級や、国家を超越しなければならない。それは、世界という視野を持たなければならないということだ。」

I_believe_that_unarmed_truth

"I believe that unarmed truth and unconditional love will have the final word in reality. This is why right, temporarily defeated, is stronger than evil triumphant."

「私は、非武装の真実と無条件の愛こそが、最終的に勝ると考えている。だから、一時的に負けた正義は、勝利した悪よりも強い。」

正に、キング牧師が、自らの生命をもってこの言葉の正しさを証明したと言えると思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

スミソニアン航空宇宙博物館に行ってきました

Asm出張中の週末の休みを利用して、スミソニアン航空宇宙博物館に行ってきました。実は「スミソニアン航空宇宙博物館」は二つあって、ワシントンDC市内のものと、このダレス空港近くの2004年に作られたものがあります。こちらの方はより広く展示機も近代的で、スペースシャトルや、ステルス偵察機SR-71、などが展示の目玉です。

Asm_layout
飛行機が展示されている巨大なハンガー(格納庫)と、スペースシャトルなど宇宙関係が展示されているものが一つ。イメージ的には大宮の鉄博の4倍くらいの大きさでしょうか。

Asm_kittyhawk_and_corsairAsm_concorde2
(左)KittyhawkとCorsair
(右)Air Franceのコンコルド

Asm_sr711Asm_cruise_missle_2
(左)ステルス偵察機SR-71A
(右)巡航ミサイル

目玉のスペースシャトルですが、思ったよりずっと大きかったです。右下の写真では大気圏突入の際に機体を守る耐熱タイルの様子がよくわかります。


Asm_space_shuttle_right_frontAsm_space_shuttle_front_tiles

Asm_space_shuttle_left_sideAsm_space_shuttle_right_rear2

そして広島に原爆を投下したB-29 エノラ・ゲイ号。日本人としてはこれを見るのは複雑な気持ち。
Asm_enola_gay_signAsm_enola_gay_cockpitAsm_enola_gay1Asm_enola_gay4

世界に3機しか現存しないという「紫電改」も展示されていました。第二次大戦の名機は、市内の博物館の方が充実しています。
Asm_shidenkaiAsm_shidenkai_sign

最後はおまけ。左は、なぜかエレベーターの上にある巨大なROLEXの時計。アメリカ人も珍しがって写真を撮っています。左は、博物館の売店で売っていたチェスのセット。キングはやはり地球です。

Asm_rolexAsm_chess_set


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

ユナイテッド航空の最新のファーストクラスの装備

ワシントンDCへの出張のため、ユナイテッド航空のボーイング777の最新のファーストクラスの装備に乗ることができました。私は過去約25年間、東京-ニューヨーク便を中心としてほぼ独占的にユナイテッド航空を使ってきました。そのため、実飛行距離100万マイル(160万キロ=地球40周)を超え、"Million Mile Flyer"という永久ゴールドカード会員になっていて、マイルも使いきれないくらい残っているので、出張の時はこのマイルを使ってアップグレードしており、今回も発券はビジネスクラスで、マイレージを利用してファーストクラスにアップグレードしています。

Ua_first_class_8

これがその全容です。従来もファーストクラスの座席はフルフラット(180度にリクライニング)だったので、座席そのものはそれほど変わっていませんが、エンタテインメントシステムが一新されました。従来は6インチ程度の、画質が悪く小さいモニターで、しかもオンデマンドではなくループ再生だったので、例えば一本の映画を観終わって、次の映画を見ようと思っても、大抵は途中まで進んでいるので、その回が終了するまで待たなければなりませんでした。

Ua_cars2Ua_movie_menu

それが13インチのモニターになり、映画は完全オンデマンドで一時停止や早送り・巻き戻しもできます。ラインアップは、Cars2のようなまだ日本ではロードショー上映されている最新映画も含め、約20本の映画を見ることができます。そんなわけで、今回は映画を3本も観てしまいました(Cars2、Captain America、The Zookeeper)。特に、このThe Zookeeperは、小粒ですがとても楽しいラブコメディでした:

さらに、自前のモバイルデバイスのサポートも充実しています。これまでもビジネスとファーストクラスでは、Empowerという特殊なプラグのDC12ボルトの電源があったのですが、これをノートPC等で使うためには対応プラグと、AC100ボルトに昇圧するインバーターを自分で買って持ち込む必要がありました。

Ua_acUa_usb_charge

それが、110ボルトの通常の電源コンセントが装備されたのでインバーター不要でノートPCを使うことができるようになり、さらにUSB電源ポートがあるので、右写真のように飛行中にiPhoneを充電することができます。

さらに、iPod/iPhoneを飛行機のシステムと統合する機能もあります。
Ua_ipod_menuUa_ipod_cable

専用のケーブル(機内で40ドルで買えます)を使うと、なんとiPod/iPhoneの動画を、機内のモニターで観ることができるのです。

なお、今回はビジネスクラスもフルフラットになり、モニターも大型化されたので、これでも結構十分です。これまでユナイテッドは特にビジネスクラスの装備が他社と比べると見劣りしていたのですが、これでようやく追いついた感じです。
Ua_business_class

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

伊豆大島に行ってきました

ここ3年間、毎年伊豆大島で開催されている国際セミナーに参加しています。今年も昨年に続き、講師として招かれ、国際企業間のコラボレーションに関して話しました。ここでは大島の風景を写真でご紹介します(クリックで拡大、「戻る」で記事に戻ります)。写真はすべてライカX1で撮影しています。

Jetfoil_front

時速80キロで航行する高速ジェット船だと1時間半の旅です。

Jetfoil_sheet

海面から浮いて航行するので、ほとんど揺れません。まるで新幹線に乗っているようで快適です。ただ、ずっとシートベルトを締めていなければならないので、デッキに出たりすることはできず、残念ながら「船の旅を楽しむ」という感じではありません。

大島の岡田港で迎えてくれたのは、なんとこの光岡自動車の「我流」。運転手さんによると、このクルマをタクシー登録しているのは関東ではこの1台だけとのこと(ちゃんと自動ドアになっていました)。
Garyu

海岸に誰かが置いた「がんばろう日本」の置き石。
Photo
文字の大きさは1.5メートルくらいの大きさがあるので、最初は石の近くにいたので全体で何と書いてあるのかわかりませんでした。「どうせ誰かの名前だろう」と思って、「が」から右の方へ歩いて行ったら、途中ではっとしてそんなことを考えた自分を恥じました。それから高台に上がってこの写真を撮りました。何人かの若者が、一生懸命石を並べた姿が目に浮かびます。粋なことをする人たちがいますね。

都会ではあまりこういう蝉の抜け殻は見かけなくなりました。
Semi

Ohshima_2伊豆大島は伊豆半島の先(南)にあると思っている人が多いようですが、実は意外に首都圏に近く、伊豆半島と房総半島の間、伊東と下田の間くらいに位置しています。

それでも夜は満天の星空です。都心のスモッグから少し離れただけで、この違いは大きいです。

Twightlight

ライカX1は36ミリ相当の準広角レンズですが、平らな面にカメラを上向きにおいて、ISO1600-3200で15秒~30秒で撮影したのが以下の3枚です。

Stars1

上のような星空でも十分きれいなのですが、何の変哲もない写真なのでアクセントを加えて遊んでみました。虫よけの電池式蚊取機「どこでもベープ」の暗めのLEDを、長時間露光中のレンズの前にさっと横切らせて撮った写真がこれです。

Stars2

もっと明るい、PETZLのちゃんとしたLEDライトを使うとSF映画っぽくなります:

Stars3

このように、ライトの種類や、レンズとの距離、横切らせる時間によって効果は色々と変わります。

にほんブログ村 トラコミュ 伊豆諸島が好きへ
伊豆諸島が好き

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

シカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツア

Unos1

久しぶりにアメリカ(ワシントンDC近辺)に出張に来ています。週末にホテルの近くのショッピング・モールへ行ったら、20年位前にアメリカに住んでいた頃によく行った、UNOがあったので、迷わずランチに飛び込みました。

Unos2

日本ではナポリスタイルの極薄ピッツアが主流ですが、このシカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツアもたまらなく美味しいのです。イタリアンソーセージやマッシュルームに塊感のあるトマトがたっぷり入っていて、厚さが3センチ近くもあるので手で食べるのは無理で、フォークとナイフで食べます。

このスタイルのピッツアの「本家」は、シカゴ周辺にしかないGino's Eastがピカイチで、シカゴに行った時は欠かさずに食べに行きます。UNOは東海岸を中心に全米にチェーン展開していて、韓国にも進出しているのですが、なぜか日本には未進出です。日本でも人気が出ると思うのですが、いつか日本でも本格的なシカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツアが食べられる日が来てくれることを期待しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

ぬぬ君の旅:八ヶ岳と諏訪へ

11050611105062
(左)これから八ヶ岳へ
(右)電車の旅は楽しいな

11050631105064
(左)外の景色に興味津々
(右)こわいよ~ おろしてよ~

11050651105068
(左)おおっ~湖じゃ~
(右)只今利き酒中


110506911050610
(左)昨夜の利き酒で二日酔いじゃ~
(右)足湯に足が届かないゾ

1105061111050612
(左)仕方ない 庭でもながめるか
(右)最近、都会ではタンポポも見なくなったな~

1105061311050614
(左)原田泰治美術館のカフェで一息
(右)楽しかった旅も終りか~

使用カメラ:ライカX1オーストリッチ・エディション

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

久しぶりの浅草

お正月3部作の最後は、今戸神社の帰りに、久しぶりに散歩した浅草を写真でご紹介します。今回もすべてライカX1で撮っています。

にほんブログ村 トラコミュ 浅草へ
浅草
これは言問橋の交差点から見たスカイツリー。こんなに近くに見るのは初めてでした。 なお、ライカX1は準広角レンズなので普通に撮ったらスカイツリーはこの半分くらいの大きさにしか写らないので、面積で言うと1/4くらいに元画像をトリミングしています。それでも解像度が高いので全く破綻していません。 Photo_10

浅草寺は、平日にも関わらず結構な人出でした。
1_3

2

仲見世と交差する伝法院通りには、江戸時代の格好をした等身大の人形がお店の壁や屋根に上っている姿が何か所あって雰囲気を出しています。
1_4

2_2

昔懐かしいブリキの看板で飾られた居酒屋:
Photo_13

それにしても、もう10年以上前からそうですが、今の仲見世(雷門から浅草寺に伸びる長い商店街)には魅力を感じませんね。食べ物屋はともかく、土産物屋は手作りのものを売っている店はほとんどなく、「いかにも工場で作った大量生産品」というような安っぽいTシャツやプラスチック製のアクセサリーのようなものばかりでがっかりです。あんなものを喜んで買っていくのは田舎の学生か文化程度の低い外人だけでしょう。商売としてはそれでいいんでしょうけど、古き良き東京を代表する観光名所としては寂しいし、日本人として恥ずかしいと思ってしまいます。

Photo_16

しかし、その中でもケッサクなものを見つけました。なんと手書きの刺青入りのキューピー人形、5万円です。誰が買ってどこに飾るんでしょうね。
Photo_12

遅い昼食は、伝法院通りにある「与ろゐ屋」の和風ラーメンをいただきました。かつおだしと豚骨・大山鳥のダブルスープに香り付けにゆずがほんのりと効いていて、麺はコシが強く麺自体の味もよく、上品だけどしっかりと旨味が出ている大変美味しいラーメンでした。
Photo_14Photo_15
これは「ちなちくらーめん」850円。
和風ぎょうざ350円(3個)も美味しかったです。
最近食べたラーメン店の中ではかなり美味しい部類に入ります。おすすめです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

招き猫発祥の地・今戸神社へ初詣

Wikipediaによると、「招き猫の発祥の地」と言われているのは4か所あります。前日の記事にも書きましたが、妻がなぜか招き猫が好きなので、その一つである世田谷区の豪徳寺には3年ほど前に一緒に行ったことがあります。

Photo_4

そして今年はその一つである浅草の今戸神社に夫婦で初詣に行ってきました。ここの言い伝えは、江戸時代末期、界隈に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして売ったところ、たちまち評判になったということらしいです。

Photo_6Photo_5今戸神社は浅草駅からは歩いて15分ほどあるので、本当は「パンダバス」という浅草の無料巡回バスに乗ってみたかったのですが、あいにくこの日は正月明けの平日のせいか運休でした。

ここは縁結びの神ということもあって、若いカップルや女性が多かったです。
特に、このペアの招き猫をなでて、携帯の待ち受け画面にするとご利益があるとのことです。
Photo_8

おみくじもかわいい招き猫付きです:
Photo_9

境内のじょうろまでも招き猫です:
Photo_7

なぜか、「なで犬の子寅ちゃん」なんてものもありました:
1

ただ、ひとつ残念だったのは、この招き猫神社の由来である、焼き物の招き猫を売っているのかと思いきや、それがなかったこと。最近は神社仏閣のお守りやお土産も工場で作った大量生産品ばかりで、手作り感のあるものがないのは寂しい限りです。

にほんブログ村 トラコミュ 招き猫へ
招き猫
にほんブログ村 トラコミュ 縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)へ
縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)

次回は久しぶりに訪れた浅草の話題に続きます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (1) | トラックバック (0)