« 2019年4月 | トップページ

2019年5月の3件の記事

2019年5月28日 (火)

働き方改革が日本を滅ぼす

企業性悪説に基づいた働き方改革は、一部のブラック企業に働く人は救済するかもしれないけれど、やり甲斐を持っている多くの人の活躍の機会を奪い、困難な開発や偉業に取り組んでいる企業の足かせになってしまう。

残業不払いは悪だけど、残業自体は悪ではない。

残業を悪とすると、仕事に燃えてがむしゃらに働きたい人が働けなくなってしまう。戦後の高度成長や、ソニー・ホンダ・トヨタなどの世界を席巻する新しく優れた製品が、定時で帰っていたら生まれたはずかない。東海道新幹線の開通が残業なしで東京オリンピックに間に合ったはずがない。

日本人のみならず世界の人々を感動させた画期的な新製品の開発や偉業は、そんながむしゃらに働いた人々の血と汗と涙の結晶だ。NHKは「プロジェクトX」の再放送をすべきだ。そうすれば残業を悪者にする働き方改革なんかやっていたら、何も大きな偉業は生まれない、ということがあらためてわかるはずだ。

多くの仕事や作業では、「質は量からしか生まれない」

研究開発は特にそうだ。多くの試行錯誤からある日突然ブレークスルーが生まれる。労働時間と成果は必ずしも比例しないけれど、そのブレークスルーポイントにいかに早く到達するかが鍵だ。だから、技術者や研究者が定時で帰っていたら、半年でできたものが1年かかるかもしれない。その間に海外の競合に先を越されるかもしれない。働き方改革だから、それも仕方ないと言うのか。あほらしい。企業が競争に負けて潰れたら働き方もクソもない。

「質は量から生まれる」仕事に関しては、そもそも日本のホワイトカラーの労働生産性が低いところに、労働時間を減らしたら熟練度が下がるから、労働生産性はさらに悪くなる可能性が高い。

コンビニや牛丼屋やファミレスの24時間営業や、年中無休で夜遅くまで営業している販売店、供給過剰な飲料の自販機の補充など、わずかな利便性のために労働者を疲弊させるだけのサービス業の「無駄な労働」を減らすのは大賛成。そんなものをいくらやっても希少な労働力を無駄遣いするだけで、 国は強くも豊かにもならないからだ。

だから、働き方改革は、何も新たな価値を生み出さない単純作業の労働にとってはいいかもしれないけれど、「日本の成長戦略」に関わるような開発を行う企業にとっては足かせでしかない。働き方改革は日本企業、ひいては日本経済を弱体化させる亡国の法律だ。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

警察はドラレコ画像を危険運転の捜査のために提供する仕組みを作るべきだ

これだけドライブレコーダーが普及し、危険運転の証拠が山ほどあるのに、YouTubeで面白半分に見るに留まっている。これを告発に使わない手はない。

警察は、ドラレコ画像の提供を受けたら、事故や被害がなくても捜査する仕組みを作るべきだ。そうすれば危険運転やあおり運転は激減するだろう。危険でもない場所でねずみ取りをやるより、これで片っ端から罰金を取っても誰も文句は言うまい。ナンバーがわかれば所有者(運転者)がわかる。動かぬ証拠を突きつけられたら反論もできまい。警察にとっては宝の山のはずだ。

すでに外国では始まっている。例えば、英国警察は市民がドラレコ画像をアップロードするポータルサイトを開設している(こちら)。ここに投稿された動画で捕まった危険運転のドライバーは1年間の免停、約9万円の罰金と250時間の無償社会奉仕活動に処されたという話しがこちら

それに対して、日本の警察のドラレコに対する考えはこちら。ドラレコは、あくまでも運転者が自分の運転のヒヤリハットを振り返って反省するためのものとして位置付けている。もはや市民が提供するドラレコ映像は事故や犯罪の捜査に欠かせないものになっているのに、時代遅れも甚だしい。


| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

令和に望む「世直し」

【政治・法律】

  • 国会は法案の審議以外は行えないことにす
    (不祥事の追求は違法性があるなら司法に委ね、そうでなければ水掛け論なので国会では扱わない)
  • 国会議員の定年は65歳とする
    (それにより権力の固定化や腐敗を防止し、新陳代謝を促進させる) 
  • 安楽死を合法化する
    (自分も家族も誰かわからなくなり、寝たきりになったら生きていたいとは思わない。安楽死を合法化することで医療費・介護費も激減できる)
  • 所得のある者は全員、確定申告を義務付ける
    (納税意識を高めることによって政治に対する意識を高める)
  • 国政選挙の投票を義務付ける(違反した場合は罰金)

【企業】

  • 企業に対する懲罰的損害賠償制度を導入する
  • 採用時に年齢を制限することも聞くことも違法とする(欧米では当たり前)
  • 発注者の優先的地位の濫用を防ぐ下請法の対象を全業種に広げる
    (現在では物品の製造委託や情報成果物作成・役務提供委託などに限られ、製品の納入などは含まれない)

【刑法】

  • 模範囚であれば30年で出所できる「無期懲役」を廃止し、一生出所することができない「完全終身刑」を導入する。その上で死刑を存続させるか議論すべき。
  • 公職選挙法違反や、公務員の犯罪も裁判員制度の対象とする
  • 刑罰としての社会奉仕命令を導入する
    (例えば歩行喫煙をした者は吸い殻を拾わせる)

【交通関係】

  • 運転免許は75歳で原則終了とし、仮免試験と同等の実技試験をパスした者のみ継続を許し、かつ、自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置を備えたサポカーSの運転に限る
  • 今後発売されるすべての新車(トラック・バスを含む)は、運転免許の挿入とドライブレコーダーと自動ブレーキの装備を義務付ける
  • 飲酒運転での死傷事故、危険運転、轢き逃げを行ったものは、運転者としての適正と資格が欠落しているので、免許を取り消した上、永遠に再取得をできなくする
  • 危険運転のドラレコの画像を一般市民がアップして告発する仕組みを作る
    (すでに英国では始まっている)
  • 電車の「優先席」を廃止し、身障者用駐車スペースと同様、健常者はいかなる時も座ってはならない「専用席」とする。ただしその数は今の優先席の半分以下にする。

【生活関係】

  • 最低賃金を、全国平均で1000円以上にする(現在874円)。また、介護、保育、飲食業、運輸などの「人手不足産業」に関しては、業種別の最低賃金を設ける。
  • メルマガは、「配信停止」のリンクをクリックするだけで配信停止できることを義務付ける
  • お客様問い合わせ電話番号は、トップページから1クリック以内に記載することを義務付ける
  • 学校での「いじめ」にzero tolerance policy(一発アウト方式)を導入する。いじめは「恐喝」「暴行」「侮辱罪」という「犯罪」として子供およびその保護者を取り締まり、それを隠蔽した学校および教師も取り締まり、いじめを行ったり黙認・隠蔽したら生徒も教師も「一生を棒に振る」くらいの厳しい罰則を設ける

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ