« 「体育館が避難所」という劣悪な環境を当たり前にしないこと | トップページ | 警官による容疑者射殺を棚に上げた死刑廃止論はナンセンス »

2018年7月21日 (土)

野党がまともにならなければ日本の政治は良くならない

不毛な国会の会期が終わった。
日本の政治を見ていると絶望感しか感じない。

与党も決して褒められたものではないけれど、一番悪いのは野党だと思っている。国政や法案の審議ではなく、不祥事の追及ばかりに国会審議の時間を費やした挙句、法案には審議拒否・審議妨害をし、「十分な議論がなされていない」「強行採決」だと負け犬の遠吠えをする。まるで駄々っ子だ。審議が十分になされていないとしたらそれはお前たちの責任だ

そして挙句の果てには通るはずのない内閣不信任案を提出してさらに時間と税金の無駄遣いをする。そんな悪あがきのアピールを、国民が評価すると思っているとしたら枝野も玉木も頭が悪すぎる。もう国民はこういう茶番と泥仕合に辟易としているのがわからないのか。

民主主義の原則は多数決なのに、自分たちが国民の支持を得られない不甲斐なさを棚に上げて「数の暴力」と言う。「安倍政権を倒す」ことだけを目標にしている野党は、倒した先にどういう未来を描いているのか、全く見えないから支持されないのだ。野党は所詮「解体屋」であって、解体屋に建築は任せられない。

野党は与党の出す法案に対してことごとくダメだダメだと言う。働き方改革は過労死が激増する、カシノ法案はギャンブル依存症が増えると言うけれど、それは反対するために決めつけた結論であって、「なるほどな」と思える論理的な根拠も裏付けもないし、ましてや代案など聞いたこともない。野党の方が与党よりも頭が良くて誠実だという説得力がまるでないから、国民は与党と野党のどっちを信じるかと言われたら与党を信じるしかないのだ

もし、どこかの野党が、「我が党は国会で一切不祥事の追及はしません。国政の提案と議論しかません。」と宣言する政党がいたら、自分は支持するし、あっという間に野党第一党になれるだろう。

国会がその本来の目的である、「国政」を建設的に議論する場になるためには、野党が、国民が「なるほど、ごもっとも」と納得するような、与党がぐうの音も出ないような政策の提案や議論をするしかない。そうならない限り、野党の票が増えることはない。今のような「批判はすれど提案はしない」というような野党に、誰も政権を預けようとは思わない。

|

« 「体育館が避難所」という劣悪な環境を当たり前にしないこと | トップページ | 警官による容疑者射殺を棚に上げた死刑廃止論はナンセンス »

!オピニオン」カテゴリの記事

!政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66965008

この記事へのトラックバック一覧です: 野党がまともにならなければ日本の政治は良くならない:

« 「体育館が避難所」という劣悪な環境を当たり前にしないこと | トップページ | 警官による容疑者射殺を棚に上げた死刑廃止論はナンセンス »