« 日本は小売業やサービス業の営業時間を短縮すべきだ | トップページ | ゴムのベタベタを簡単に取る方法 »

2018年3月21日 (水)

行政は知的労働に対する正当な報酬を!

年金情報入力の委託問題に関して、SAY企画を責めることは簡単なのだけれど、もっと根が深いような気がする。「なぜこんないい加減な会社に委託したのか」と誰もが思うけれど、おそらくその理由は、賄賂や癒着ではなく、委託価格が低すぎること。つまり、予定価格が低すぎて、人手がないのにそんな価格では請け負えないとまともな会社はみんな逃げてしまったのではないかと。年金機構が同社の人員態勢に問題があると知りつつ業務委託を続けたのは、「他に業者が見つからなかった」と説明しているのが、その何よりの証拠だ。

総務省のサイバーセキュリティ課の人員募集で、「情報通信に関して高度な専門知識を有する」ことを要求しておきながら時給が牛丼屋のバイト代以下だったことが問題になったけれど、それと根っこは同じで、お役所が知的労働に対する正当な評価・報酬をしていないことが問題なのだ。本当に「高度な専門知識」を有している人間が、年収200万円以下で交通費も支給されない仕事をやるはずがないのに、平気でそんな求人を出すという感覚が狂っている。

これはあくまでも想像で、SAY企画を弁護するつまりは毛頭ないのだけれど、800人を雇うはずが百数十人しか雇わず、挙げ句の果てには中国に再委託したのは、不当に儲けようとしたというよりは、請け負った金額では日本では人員を確保できないし、そうしないと仕事も完了できず採算も合わなかったからではないかと。

マスコミも表面的な事実だけを捉えてお得意の吊るし上げと憂さ晴らしをするのではなく、是非足を使って「取材」をして、問題の本質を浮き彫りにしてほしい。委託価格はいくらだったのか、その仕事をやるためにはどれだけの人月が必要なのかというところまで掘り下げてその価格の妥当性を検証したら、例えば時給500円でしか採算が合わないとか、驚くべき結果が出るに違いない。もし日本の最低賃金ではできない金額で仕事を委託していたら、それは役所が仕事を海外に流出することを促進していることになる。

飲食業やブルーカラーは人手が集まらないと営業できないからどんどん時給は上がっているけれど、今の日本は人手不足なのに、これは行政に限らないけれど労働時間を簡単に定量化できない知的労働に対する報酬はデフレのままだという印象がある。

政府も企業に賃上げを要求するならば、行政が募集する仕事もちゃんとその仕事を遂行するためにどれだけ人月がかかるかを計算して、労働市場の状況を考慮して金額設定をすべきだ。自分たちは高い給料をもらっておきながら民間を安く使おうとするのは許しがたい。

|

« 日本は小売業やサービス業の営業時間を短縮すべきだ | トップページ | ゴムのベタベタを簡単に取る方法 »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66520894

この記事へのトラックバック一覧です: 行政は知的労働に対する正当な報酬を!:

« 日本は小売業やサービス業の営業時間を短縮すべきだ | トップページ | ゴムのベタベタを簡単に取る方法 »