« 森友問題を簡単な例え話にすると | トップページ | 行政は知的労働に対する正当な報酬を! »

2018年3月19日 (月)

日本は小売業やサービス業の営業時間を短縮すべきだ

フランスで地元のパン屋が条例に反して休みなしに1週間続けて開業したとして罰金3000ユーロ(約39万円)の支払いを命じられたというニュースがあった。日本はこのことから学ぶべきことがあると思う。

昭和の時代はデパートは6時閉店で毎週決まった曜日に定休日があった。セブンイレブンだって、7時から11時までの営業が社名の由来だ(今の若い人は知らないだろう)。コンビニや量販店の台頭であらゆる業態で年中無休、長時間・24時間営業が当たり前になってしまったけれど、少し揺り戻すべき時期なのだと思う。

例えば我が家から徒歩5分以内にはファミマが3軒、セブンイレブンが4軒もある。これらが全部24時間営業する必要があるのだろうか?労働力とエネルギーの無駄遣いだといつも思っている。お店によっては深夜営業が採算に合わなくても、フランチャイズ規約で24時間営業を仕方なくやっている店も多いはず。それをやらないという選択権も与えるべきだ。

小売店や飲食店の営業時間を短くすれば、物流からメーカーまで、多くの産業への波及効果があって、エネルギー消費とCO2を削減し、労働力不足を解消し、待機児童問題も軽減し、働き方改革も実行しやすくなって多くの社会問題を一網打尽に解決できるはず。政府はなぜこれをやろうとしないのか理解に苦しむ。

年中無休・24時間営業の便利さに慣れきってしまうと定休日が増えたり営業時間が短くなることは当初不便に感じるかもしれないけれど、フランスのようにそういうもんだと割り切ってしまえば死にはしない。

今は通販やインターネットでできることもはるかに多いから、店が閉店していたら何も買えない、何もできないということはない。銀行や役所の営業時間の短さは逆に腹が立つけれど、民間もあれだけ休めれば腹も立たなくなるというものだ。

|

« 森友問題を簡単な例え話にすると | トップページ | 行政は知的労働に対する正当な報酬を! »

!オピニオン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66520876

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は小売業やサービス業の営業時間を短縮すべきだ:

« 森友問題を簡単な例え話にすると | トップページ | 行政は知的労働に対する正当な報酬を! »