« 行政は知的労働に対する正当な報酬を! | トップページ | 北海道新幹線は壮大な税金の無駄遣いだ »

2018年3月24日 (土)

ゴムのベタベタを簡単に取る方法

ゴムは滑り止めとして、カメラなどのグリップや、カバンの取手など様々なものに使われていますが、しばらく使っていないと、ベタベタになってしまうことがありますね。そうなると触るのも嫌だから使わなくなったり、下手すると捨ててしまっていませんか?

ところがこのベタベタを簡単確実に取る方法があります。
無水アルコール(エタノール)を「激落ちくん」(メラニンスポンジ)に染みこませて拭き取るだけです。無水アルコールは、濃度80%前後の消毒用アルコールと違って、純度99.5%のエタノールで、大きな薬局で売っています。500mlで1300円くらいでした。

Ethanol_and_gekiochi

一回拭いたくらいではなかなか落ちないので、ベタベタがなくなるまで何度も根気よくやる必要があり、段々スポンジがエタノールに負けてボロボロになりますが、安いものなので気にせずどんどん切り取って繰り返します。3センチ角くらいに切ると使いやすいかと思います。
これまで色々なものに試しましたが、成功率100%で特にゴムが劣化したということもありません。ぜひお試しください。

|

« 行政は知的労働に対する正当な報酬を! | トップページ | 北海道新幹線は壮大な税金の無駄遣いだ »

☆愛用品・スグレモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66533413

この記事へのトラックバック一覧です: ゴムのベタベタを簡単に取る方法:

« 行政は知的労働に対する正当な報酬を! | トップページ | 北海道新幹線は壮大な税金の無駄遣いだ »