« 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました | トップページ | Smooth Jazzの名ラジオ局、CD101.9 New York »

2017年12月19日 (火)

メルカリを始めてみてわかったその儲かる仕組み

ヤフオクはもう15年以上前から利用していますが、遅ればせながらこの度メルカリを主として不要品の出品用に始めました。世の中には、ヤフオクとメルカリを比較して、手数料の比較やどっちが高く売れるかとかどっちが早く売れるとか書かれているものは多いので、そのようなサービス全般に関しては触れません。ここでは「ビジネスモデル」という視点で、メルカリの代金回収の仕組みが、いかにメルカリを儲けさせるからくりになっているかについて考察してみます。

ヤフオクとメルカリの代金支払と回収に関して最も異なるのは、ヤフオクは商品発送の前または直後にその都度代金を受け取れる方式であることに対して、メルカリは常に購入者と出品者の間に入る、いわゆるエスクロー方式かつ、代金プール方式だということです。メルカリは、この後者の代金プール方式の説明は前面に出していないので、実際に出品して売って「さあ代金を受け取ろう」という段階で「えっ?そういうことだったの?」と初めてわかる人がほとんどだと思います。

ヤフオクは購入者が直接出品者の口座に送金することもできるし、その場合は入金を確認してから発送するから完全な前払方式です。購入者がクレジットカードを利用したい場合はヤフオクが仲介する「かんたん決済」を利用するのですが、その場合は購入者がヤフオクに支払った段階で出品者に連絡が入り、その時点で発送してもその翌日か翌々日には自動的に代金が振り込まれます

それに対してメルカリでは、購入者は常にメルカリに対して支払いを行い、その代金は出品者にはなかなか支払われません。メルカリに支払った段階で、出品者に商品を発送するよう指示が行きます。出品者が商品を発送し、購入者が実際に商品を受け取って、出品者に対する「良い・普通・悪い」の評価を入力し、さらにはその評価を見た出品者が今度は購入者を同様に評価した段階でやっと「取引が終了」し、その段階で初めて売上が確定します。

しかし、実はこの段階ではまだ出品者は代金を受け取ることができません。メルカリでは、購入代金は自動的に出品者には振り込まれず、出品者はメルカリに対して「振込申請」という手続きを行うまでプールされるのです。しかも、その金額が1万円未満の場合は、210円の振込手数料が取られるのです。しかも、振込申請の締め切りは毎週月曜で振り込まれるのは金曜日なので、配送時間を考慮すると購入から最短でも7日、最長2週間もかかります。この、「できるだけ出品者にお金を渡さない」という仕組みがミソです。

メルカリでは1000円未満の出品が非常に多いです。例えば500円の商品を売った場合、10%の手数料を引いた手取額は450円です。この450円をすぐ欲しいと思ったら、210円の振込手数料を引かれるので、最終手取額は240円となり、そこからさらにかかった送料を引いたらほとんど手元には残らない計算になります。

だから、少額商品を売る度に手数料を支払って代金を受け取ることはナンセンスだから、出品者は販売金額が1万円を超えるまで、せっせと出品を繰り返すことになります。できるだけ早く1万円を売り上げようとすると、できるだけ早く売れる値段をつけるという「値下げ圧力」がかかるから、売れる商品が増えるわけです。そこから得られるメルカリの手数料収入も増えるだけでなく、その間、メルカリは無利子でそのプールされた代金を運用できるのです。

実はここにもう一つミソがあり、このプールされた金額は、メルカリで商品を購入する資金としても使えるのです。だから、210円の振込手数料は取られたくない、だけど少額商品が多いからなかなか1万円までいかない、という人は、「だったらメルカリで何かを買おう」、ということになって、それが「出品者を購入者に転換する」仕組みにもなっているわけです。世の中には、メルカリに出品しても一度も現金を受け取ることなく、出品と購入を繰り返している「メルカリ・ジャンキー」も多いようです。このようにプールされた代金を使って購入した場合、そこから再び10%の手数料を取れるわけですから、どんどんメルカリに現金が貯まっていきます。

実によく考えられた仕組みで、メルカリ躍進の秘密は実はこの代金プール方式にもあるとも言えるでしょう。

|

« 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました | トップページ | Smooth Jazzの名ラジオ局、CD101.9 New York »

☆ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66177060

この記事へのトラックバック一覧です: メルカリを始めてみてわかったその儲かる仕組み:

« 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました | トップページ | Smooth Jazzの名ラジオ局、CD101.9 New York »