« 日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり | トップページ | 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました »

2017年12月 8日 (金)

古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法

まずはじめに、現在、通常はがきの料金は62円ですが、平成30年度の年賀はがきは、特例で12月15日から1月7日の間に投函された場合は、52円となっています(詳しくは、こちら)。

皆さんの家には、古い年賀はがきや、額面50円や52円の官製はがきなどが余っていませんか? 我が家には、いつか交換しようと思って貯まっていたはがきがなんと200枚もありました。郵便局では、はがきや切手は、一枚あたり5円の手数料を払えば(差し引けば)、別の額面の切手やはがきに交換してくれます(詳しくは、こちら)。

ただし、切手やはがきから、新年度の年賀はがきには交換してくれません。新年度の年賀はがきに唯一交換できるのは、同じ年度の年賀はがきを書き損じた場合、しかも販売期間内だけです

では、切手や、額面52円の官製はがきや、平成29年以前の年賀はがきを平成30年の年賀はがきに交換するためにはどうしたらよいか、実際にやってみた方法をご紹介します。簡単にまとめると:
  1. 古いはがきや切手を郵便局で切手シートに交換する
  2. 切手シートを金券ショップで換金する
  3. 金券ショップで割り引かれた新年度の年賀はがきを購入する

oneまず、郵便局に行って、古いはがきや、年賀切手や使いにくい古い額面の切手を1枚あたり5円の手数料を差し引いて切手に交換してもらいます。この時、できるだけ62円または82円の100枚シートになるだけの量、つまり6200円分以上あるといいです。もし少し足りないくらいなら、現金を追加してでも100枚にした方がいいです。後述しますが、シートの方がバラよりも金券ショップでの買取価格が高いからです。

この郵便局で切手に交換した時点で、52円 - 5円 = 47円に目減りします。

two次に、郵便局で交換してもらった切手を、金券ショップに持ち込んで換金します。東京駅前の「アクセスチケット」の場合、82円のシート切手は90.5%で換金してくれました(8200円分の切手が7421円の現金に)。ちなみに、シートではなくバラの場合、換金率がガクンと落ちて65%程度になるようです。額面52円のはがきの買取価格は35円(換金率67%)なので、最初から金券ショップに持ち込んだら損をします。

この現金に交換した時点で、47円 x 0.905 = 42.5円となります。

このお金で、52円の年賀はがきを購入したら、1枚あたり追加で9.5円かかってしまいますね。

threeところが、この同じ金券ショップでは、年賀はがき(インクジェット用も)をなんと46円で販売しているのです。つまり、ここで買えば、古い官製はがきや年賀はがき1枚あたり3.5円で、新年度の年賀はがきに交換できたことになります。

つまり、100枚の年賀はがきを新たに通常購入したら5,200円かかるところ、この方法で古いはがきをリサイクルすれば、出費は350円で済むことになります。

|

« 日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり | トップページ | 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました »

ノンカテゴリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66136468

この記事へのトラックバック一覧です: 古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法:

« 日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり | トップページ | 小型・薄型荷物の配送料金をまとめました »