« ソニーのスマートスピーカーに向かって「OK Google」と呼びかけるのは屈辱的だ | トップページ | 古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法 »

2017年11月29日 (水)

日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり

日馬富士の引退で一つの決着が着いたので書くことにしよう。
今回の事件が極めて不愉快なのは、日馬富士、貴の岩、白鴎、貴乃花、相撲協会という関係者全員に問題があり、誰一人として評価・共感・納得・応援できる者がいないということだ。 
もちろん一番悪いのは日馬富士であることは間違いない。どんな理由があろうとも、凶器を使って怪我をさせるほどの暴行を加えていいはずがない。
また、その場にいた白鵬をはじめとした他の力士が止めなかったのは、その暴力を容認していたからに他ならない。白鵬は旭鷲山に「あれはかわいがりですよ」だと言ったらしい。ここに、今回の事件に特有ではない、「相撲界の暴力体質」が見える。  
では貴の岩が全く落ち度がない一方的な被害者かというとそうとも言えない。相撲界というタテ社会の中で、目上の者に対して無礼な言動を取るという「原因」がなければ、そもそもこの事件は起きなかった。もちろん、だからと言ってあそこまでの暴行が許されると言っているのではないが、そこまで横綱を激昂させた原因は貴の岩にあることも間違いない。
普通、一方的に不当な暴行を受けて傷害を負ったら真っ先に病院と警察に行くだろう。しかし貴の岩はそうせず、暴行されたことを親方にも隠していた。それは自分にも落ち度があると思っていた何よりの証拠ではないのか。
貴乃花の言動に関しては最も意見が分かれると思うけれど、もし彼が言うように貴の岩が一方的な被害者ならば、最初から被害者の言い分を相撲協会とマスコミに開示していれば、こんなに延々と大騒ぎにはならなかった。そもそも、このような性的暴行ではない事件で、被害者が口を閉ざしているのは不自然で、そこに何らかの不都合や意図があると思わざるを得ない。
むしろ、貴乃花はあえて何も語らないことによって憶測を呼び、騒ぎを大きくして、この事件を自分が敵対視する相撲協会とモンゴル力士界の評判を貶める材料として政治利用したように見える。それが狙いだったとすればそれは見事に成功したけれど、それは彼が信条とする「ガチンコ、正々堂々とした戦い方」とは正反対のものではないだろうか。何が何故起きて何が問題で、相撲界にどういう改革が必要なのかを理路整然と説明すれば、多くの人は納得しただろうに、自分のように逆に不信感を抱いてしまった人も多いだろう。
そして、このような暴力事件の防止にも、今回の事件の収拾にも、すべてにおいて無力だった相撲協会。「暴力撲滅」とかけ声だけかけても、文化慣習を変えるような厳しい施策を徹底しなければ効果はない。飲酒運転も、それを知っていたら同乗者も罰せられるように、暴力行為をしないというだけではなくて、周囲がそれを容認せず、年上だろうが何だろうが見たら止めさせ、傍観した者も処罰されるというくらい徹底しなけれならないだろう
つまり今回の事件には応援したい人が誰一人いなくて、明るい材料も希望も何一つない。しばらく相撲界は暗黒の時代に入るだろう。

|

« ソニーのスマートスピーカーに向かって「OK Google」と呼びかけるのは屈辱的だ | トップページ | 古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法 »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/66103335

この記事へのトラックバック一覧です: 日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり:

« ソニーのスマートスピーカーに向かって「OK Google」と呼びかけるのは屈辱的だ | トップページ | 古い年賀はがきを新しい年賀はがきに交換する方法 »