« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の4件の記事

2017年11月29日 (水)

日馬富士の暴行事件は、すべての関係者に問題あり

日馬富士の引退で一つの決着が着いたので書くことにしよう。
今回の事件が極めて不愉快なのは、日馬富士、貴の岩、白鴎、貴乃花、相撲協会という関係者全員に問題があり、誰一人として評価・共感・納得・応援できる者がいないということだ。 
もちろん一番悪いのは日馬富士であることは間違いない。どんな理由があろうとも、凶器を使って怪我をさせるほどの暴行を加えていいはずがない。
また、その場にいた白鵬をはじめとした他の力士が止めなかったのは、その暴力を容認していたからに他ならない。白鵬は旭鷲山に「あれはかわいがりですよ」だと言ったらしい。ここに、今回の事件に特有ではない、「相撲界の暴力体質」が見える。  
では貴の岩が全く落ち度がない一方的な被害者かというとそうとも言えない。相撲界というタテ社会の中で、目上の者に対して無礼な言動を取るという「原因」がなければ、そもそもこの事件は起きなかった。もちろん、だからと言ってあそこまでの暴行が許されると言っているのではないが、そこまで横綱を激昂させた原因は貴の岩にあることも間違いない。
普通、一方的に不当な暴行を受けて傷害を負ったら真っ先に病院と警察に行くだろう。しかし貴の岩はそうせず、暴行されたことを親方にも隠していた。それは自分にも落ち度があると思っていた何よりの証拠ではないのか。
貴乃花の言動に関しては最も意見が分かれると思うけれど、もし彼が言うように貴の岩が一方的な被害者ならば、最初から被害者の言い分を相撲協会とマスコミに開示していれば、こんなに延々と大騒ぎにはならなかった。そもそも、このような性的暴行ではない事件で、被害者が口を閉ざしているのは不自然で、そこに何らかの不都合や意図があると思わざるを得ない。
むしろ、貴乃花はあえて何も語らないことによって憶測を呼び、騒ぎを大きくして、この事件を自分が敵対視する相撲協会とモンゴル力士界の評判を貶める材料として政治利用したように見える。それが狙いだったとすればそれは見事に成功したけれど、それは彼が信条とする「ガチンコ、正々堂々とした戦い方」とは正反対のものではないだろうか。何が何故起きて何が問題で、相撲界にどういう改革が必要なのかを理路整然と説明すれば、多くの人は納得しただろうに、自分のように逆に不信感を抱いてしまった人も多いだろう。
そして、このような暴力事件の防止にも、今回の事件の収拾にも、すべてにおいて無力だった相撲協会。「暴力撲滅」とかけ声だけかけても、文化慣習を変えるような厳しい施策を徹底しなければ効果はない。飲酒運転も、それを知っていたら同乗者も罰せられるように、暴力行為をしないというだけではなくて、周囲がそれを容認せず、年上だろうが何だろうが見たら止めさせ、傍観した者も処罰されるというくらい徹底しなけれならないだろう
つまり今回の事件には応援したい人が誰一人いなくて、明るい材料も希望も何一つない。しばらく相撲界は暗黒の時代に入るだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

ソニーのスマートスピーカーに向かって「OK Google」と呼びかけるのは屈辱的だ

スマートスピーカーがにわかに注目を浴びている。

自分はソニーのOBだ。もう辞めてずいぶん経つので、ソニー製品に対するブランドロイヤルティは相当希薄になっており、納得すればソニーを買うけれど、そうでなければためらくことなく他社を買う。

だけど、そんな自分でも、ソニーのスマートスピーカーに向かって、「OK Google」と呼びかけることだけは、情けなくてできない。買うか買わないかという次元の話しではなくて、独自技術にこだわり、「人のやらないことをやる」というソニースピリットを持った人間として、そこまで他社にキン○○を握られることは屈辱的だと思う。今のソニーマンは、この製品を胸を張って売れるのだろうか。

Sony_speaker

このスマートスピーカーで使える音楽配信サービスは、Google Play MusicとSpotify。かつてのソニーの、「ソニーの端末ではソニーのコンテンツサービスしか使えない」という愚かな「囲い込み」戦略と比べれたらこれは正しいのだけれど、これではソニーは他社を儲けさせるための道具を製造しているにすぎない。

ソニーがAndroidをスマホに採用した時、「井深さんと盛田さんはお墓の中で泣いておられる」と思った。あの時点では自社技術がなかったから仕方なかったとしても、問題は、「今回は負けだけど、次は勝つぞ」と思ってその時に逆転のための仕込みに着手していて、今でも隠し球を開発しているかだけど、そうしているとは思えない。ソニーは自ら世の中にないものや誰にも作れないものを生み出してライセンサーになるのではなく、誰かが作った技術のライセンシーになるという立場に安住しているように見える。

ソニーの商品企画や工業デザインのセンスは今でも一流だと思う。イメージセンサーや有機ELなど世界最高のデバイスもいくつか持っている。それらを活かして世界で最も魅力的な端末を作ることはできるかもしれない。だけど、このままだとその端末を動かすためのライセンスを永遠に支払い続け、その端末の上で売られるコンテンツの収入も持って行かれる。プラットフォームの「胴元」になれなければ、所詮端末屋の価格競争とわずかな機能性能の差別化競争という消耗戦を戦い続けるだけだ。

今期、ソニーは最高益を上げたけれど、その純利益率は6.3%。それでも日本企業としては立派だから、それでよしとするのでもいいのかもしれない。だけど、端末屋から胴元にステップアップできない限り、例えばアップルの20.4%というレベルには絶対に届かない。

(参考)
アップルの売り上げはソニーの約3倍だけど、純利益は約14倍(年間ベース)、時価総額は約15倍もある。ソニーの時価総額は年間売上高よりも少ない、約8割に対して、アップルの時価総額は売上高の約4倍。これが端末屋と胴元の差だ。

Sony_apple_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

ソニーの度重なる楽曲管理ソフトの終了と移行にうんざり

Music_center

もう本当にソニーはこういうことをやめてほしい。

ソニーのハイレゾウォークマンを愛用しているのだけれど、その楽曲を管理するソフトウェアがコロコロ変わり、その度に楽曲やプレイリストを移行しなければならない上、見た目も使い勝手も変わり、今までできたことができなくなったりして下手すると改悪だったりする。

これが始めてではなく、もう4世代目だ。Sonic Stageからx-apliになり、Media Goになり、そして今度はMusic Center for PCだ。iTunesも10年以上使っているけれど、こんな面倒なことを強いられたことは一度もない。

このことを別のところで書いたら、このせいでソニーのウォークマンを使うことをやめたという友達がいた。そう言えば、ソニーの電子ブックの管理ソフトも、絶望的に使いにくかった。ソフトウェアが、ハードウェアの価値を毀損し、機会損失を発生させている。結局、ソニーは魅力的なハードは作れても、まともなソフトは作れない。ソニーは映画会社や音楽会社を買うよりは、ソフトウェア会社を買った方が、今頃よほど成功していたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

地図の読めない人の特徴と対処法

妻と話していて、地図が読めない方向音痴の人の特徴というか原因がわかったような気がします。

それは、地点の東西南北の絶対的な位置を把握しておらず、「自分が知っている特定の場所との相対的な位置関係」しか把握していないのです。だから、自宅や特定の駅からは行けるけれど他の場所からは行けない、というようなことになり、応用が利きません。

例えば、彼女は日本橋の高島屋の、日本橋駅との位置関係は把握しているけれど、そこは実は東京駅からも近いのだけれど、東京駅からどう行ったらいいかさっぱりわからないと言うのです。だから、東京駅と高島屋の間にあるビルに行きたいと言うから、その位置(八重洲通りに面した超わかりやすい場所)を説明して東京駅からの行き方を説明しても、「高島屋からの行き方を教えてくれないとわからない」と言うのです。

そこからわかったもう一つの特徴は、道路の名前やそれが他の道路とどう交差しているか全く把握していないこと。

だから、言葉だけで、「〜通りを南に行って、〜通りで右に曲がる」なんていう説明をしても、そもそも東西南北を把握していないし、通りの名前も把握していないから、ちんぷんかんぷんで頭の中で地図を描くことができず、全く要領を得ないわけです。

これらから導き出される、方向音痴の人に道順を教える場合の対処法:

  1. 大原則として、その人の知っている場所との相対的な位置関係や距離感で説明する
  2. そもそも東西南北は把握していないから、「北へ」や「~通りの南側」などの東西南北の説明はNG。その人が知っている「~デパートの方向へ」「セブンイレブンのある側」などの具体的なランドマークに置き換える
  3. そもそも地図が苦手なのだから、地図を見せて説明するのではなく、その人が知っている場所だけを図に描いて説明する
だから逆に言うと、もし自分が地図が読めない人だったら、こういうことを意識するようにすると改善するかと思います:
  1. 常にどの方向が「北」かを意識することによって地図と同じ感覚を身につけ、常に自分がどの方角に向かって歩いているかを意識する
  2. 自分がいる場所や、よく行く場所や、行かなければならない場所が、絶対的にどの位置にあるかを把握する(駅やランドマークとの東西南北の位置関係と距離)
  3. 道路の名前を覚え、それらがどう交差しているかを把握する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »