« 「希望の党」が「失望の党」になった原因 | トップページ | 「噂というものは、憎しみのある者から伝えられ、愚か者によって広げられ、知能の低い者によって信じられる。」 »

2017年10月22日 (日)

銀座の伊東屋の改装は失敗ではないのだろうか

探し物があったので、すごく久しぶりに銀座の伊東屋へ来た。ここは大改装してからめっきり来なくなった。確かに圧倒的に高級感は出たけれど、その引き換えに品揃えと求めるものの探しやすさはものすごく悪くなった。以前はここに来れば欲しい文具はまず見つかるという信頼感があったけれど、今は全くない。

以前の伊東屋は、文具好きにとってはテーマパークのようなもので、一度入れば1時間は出てこれなかった。それは実用品を買いに行くのだけれど、行くと他に役に立ちそうな実用品や、たまにおしゃれな雑貨などを買うからだった。

今は高級文具や雑貨が中心になって、高価で実用的ではないのでなかなか買う物はない。実用的な文具の品揃えが激減して、本館と別館でどう棲み分けしているのかもわかりにくいからそもそも足を運ばなくなる。つまり、「必要なもの」を買いに行って、「なくてもいいもの」を買うというパターンだったのが、「必要なもの」がなくなったら、「なくてもいいもの」をわざわざ買いには行かないということだ。

実用的な文具は近くの東急ハンズやネット通販と戦わないという戦略なのだとは思うけれど、おそらく経営的には大失敗なのではないだろうか。非上場会社なので業績はわからないが。

|

« 「希望の党」が「失望の党」になった原因 | トップページ | 「噂というものは、憎しみのある者から伝えられ、愚か者によって広げられ、知能の低い者によって信じられる。」 »

☆ビジネス」カテゴリの記事

☆文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の伊東屋の改装は失敗ではないのだろうか:

« 「希望の党」が「失望の党」になった原因 | トップページ | 「噂というものは、憎しみのある者から伝えられ、愚か者によって広げられ、知能の低い者によって信じられる。」 »