« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の8件の記事

2017年7月31日 (月)

森友学園問題に関する総理個人の責任とは

森友学園問題に関して総理に非があったとすれば、夫人がこんなクズみたいなペテン師の広告塔になっていたことを容認していたということだ。大体、教育勅語を園児に暗唱させるような幼稚園の名誉校長になること自体があまりに不見識だ。総理は自分は関知していなかったとか、ファーストレディが「私人」だなどという言い訳は通用しない。

閣僚の選任もそうだけれど、安倍総理の最大の欠点は、人を見る目がなくて、自分にすり寄ってくる人なら誰でも大事にしてしまうことだ。トランプも全く同じ。

これまで自分が関わってきた多くの経営者もそうだけれど、自分の周りをイエスマンで固める人は、偉ぶっていても自分に自信がないのだ。そして、そんなイエスマンは大抵、世渡りが上手いだけで志も能力も低い人間だから会社は段々とダメになっていく。本当に器が大きい指導者は、「殿、ご乱心」と苦言を呈してくれる人を大事にするものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

愛用の一筆箋とParker Ingenuity

愛用の一筆箋と、これに最適な「万年筆でもない、ローラーボールでもない」Parker Ingenuityという「次世代ペン」。万年筆のように字がきれいに書けるけれど、乾きが早いのでにじまない。発売当初は細字しかなくて書き味がイマイチだったのだけれど、昨日伊東屋に替芯を買いに行ったら中字のMが出たのを知って久しぶりに使ってみたら段違いに使えるベンになりました。

20431723_1709474072409806_252796583


名刺を切らしたりして渡しそびれた場合などには、この一筆箋で一言添えて後日に名刺をお送りするようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

参議院って必要?

そもそも参議院って必要なのだろうか?チェック機能なんか働いていないし、なくしても全く国政に影響ないだろう。壮大な税金の無駄。廃止したら、選挙費用、人件費、活動費、国会運営費で年間1000億円は浮くと言う試算がある。

財政赤字と超高齢化で社会保障が破綻しかけているというのに、こんな無駄を続ける余裕がこの国にあるのか。

参議院が必要だと言う人は理想論や抽象論しか語らないが、では戦後の歴史の中で、「参議院がなかったら大変なことになっていた」とか、参議院が国政に大きく貢献した実例があるなら上げてみろと言いたい。70年間も実例がないならこれからもないと思った方が自然で、二院制のメリットなど机上の空論に過ぎない。むしろ、「参議院が本来の役割を果たせなかった」という実例の方がはるかに上げやすいのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

「お世話になっております」「お疲れ様です」に違和感

ずっと違和感を持っていること。

昨今の仕事で受け取るメールのほとんどが、「お世話になっております」または「お世話になります」で始まる。本当にお世話になっていれば(お世話をしていれば)まだいいけれど、初めてやりとりする場合や、ほとんどお付き合いのない場合にこの文句を使うのは、空疎でどうも違和感がある。大体、「お世話になっています」はある事実・状態を述べているだけで、相手に対する思いやりや感謝など何もない。

同様に、口頭や電話で多いのが「お疲れ様です」。例えば外出先から帰ってきて「お疲れ様です」と言われるならまだわかるのだけれど、その日最初に会った時や電話の最初の挨拶に「お疲れ様です」を習慣として言う人や会社がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

セブンイレブンの「極上炒飯」

セブンイレブンの冷凍「極上炒飯」、とても電子レンジで作ったとは思えないほどパラパラしていて、具材も上等で信じられないくらい美味しい。お店で出されても、「ここの炒飯は美味しいね」と言うレベルで、下手な店は自分で作るのは諦めてこれを出した方がいいくらい。

20228778_1700743083282905_645480459

おにぎりにしてもサンドイッチにしてもスイーツにしても、本当にコンビニ業界って健全な競争が働いていて、企業努力の塊だと思う。サービスが完全に横並びで創意工夫のかけらもない銀行業界は爪の垢でも煎じて飲めと言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

絶望的に使いにくい ゆうちょ銀行のネットバンキング

ゆうちょ銀行、いまだにスマホアプリがない。ゆうちょダイレクトも、ログインするのに覚えられるはずがない15桁のお客様番号をいちいち入力しなければならないからすこぶる使い勝手が悪い。

だいたい、ゆうちょ銀行は:
①郵便貯金時代からの記号・番号
②他行から振り込む場合の支店名と口座番号
③ゆうちょダイレクトの15桁のお客様番号(これにはさらに英数字のログインパスワードと、設定変更等に使う数字のみの6桁以上の暗証番号がある)
・・・と3種類の自分では設定できない全く異なる番号を使い分けなければならない。おそらく異なるITシステムをツギハギで構築したからこうなってしまって、今やそれぞれが巨大化して手が付けられないのだろう。いずれにしてもユーザにとってはありえない使いにくさだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

企業努力も競争原理もない銀行という業界

日本で最も遅れていて、横並びで企業努力も競争原理もない業界:銀行。

銀行法では、銀行は午後3時まで営業しなければならない決められているけれど、3時以降営業してはならないとは書いていないけれど誰もやろうとしない。自分が銀行経営者だったら、2時間でも窓口営業時間を延ばしただけで著しく顧客満足度は上がるし、差別化で乗り換える人も出てくると思うのだが。

銀行業界の人は、3時で窓口を閉める理由は色々あると言う。だけど、「できない理由はできる理由の裏返し」だ。手形決済だの現金勘定だの伝票整理など色々あるだろうけれど、やってやれないことはないはずで、やろうとする意志がないだけだ。海外の銀行では5時や7時まで営業している国もある。外国にできて、この知的水準が高くて勤勉な日本人にできないはずがなかろう。

まあ百歩譲って窓口営業時間の3時はよしてしても、理解できないのは振込の期限も、それが反映されるのも3時までだということ。3時以降に振り込まれたら翌朝8時まで口座に反映されない。ネットバンキングの時代に、これらは人の手を介することなく、電子的に処理されるはず。なぜ24時間リアルタイムで資金移動と確認ができないのか理解に苦しむ。ちなみに、楽天銀行同士ならば入金は24時間口座に反映される。やればできるのだ。

それからATM手数料の暴利。なぜ自分の口座でお金を出し入れしたり、同じ銀行内で振り込むのに、普通預金の金利と比較したら法外な手数料を取るのか。しかもその手数料もほぼ全行横並び。「抜け駆けしないで、みんな取ることにしようよ。そうすればみんな儲かるからさ」と言っているようにしか思えない。銀行業界の取り決めがあるのか談合なのかどうか知らないが、いずれにしても競争原理が働いていないことは間違いない。

銀行員って投資と融資以外は決められたオペレーションをこなしているだけで、頭を使うことってないのではないかと思ってしまう。

こういう状態に対してもっと消費者は怒るべきだと思う。マスコミも問題提議すべきだと思うけれど、無借金経営していないかぎり「そんなこと言ってると融資を引き上げるぞ」と脅かされるから難しいだろう。もし規制が原因ならば、規制緩和をするべきだ。そういう政策を打ち出す政党がいたら、自分は支持するけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショッピングサイトとしての楽天市場の存在意義はほとんどなくなった

楽天市場の検索機能は絶望的に使い物にならない。

悪質なショップが検索に引っかかるようにありとあらゆるタグを商品説明に埋め込むことを容認しているため、検索キーワードと全く関係のない商品ばかり表示される。これって自分の首を絞めているようなものだと思う。

かつてアマゾンが家電や日用品を売っていなかった頃は楽天のヘビーユーザーだった。今は楽天を覗くのはアマゾンにない場合だけだけど、これだとそれさえもやる気がなくなる。よほどお気に入りのショップがあれば別だけど、単独の商品を探す消費者にとってはもはや楽天市場の存在価値はないと言えるのではないだろうか。

今や楽天グループは市場には見切りをつけて、トラベルや金融や保険を事業の中心しているように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »