« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の2件の記事

2017年5月27日 (土)

森友の次は加計学園、もううんざりだ

森友の次は加計学園か。もううんざりだ。違法性があるなら検察に任せればいい。違法性がないならいくら議論しても水掛論だ。森友問題の時も書いたけれど、国会はワイドショーでなくて「国政」を議論する場だ。マスコミもこの話題を煽るなと言いたい。

一番重要なポイントは、獣医学部が一つもなく、獣医が不足していると言われている四国地方に獣医学部を新設することが国民の利害に反する背信行為かどうかだ。もしそうでないならば、仮に官邸の圧力があったとしても、収賄がない限り何の問題もない。

獣医師会と官僚と族議員によって、現職獣医の既得権益を守るために獣医学部の新設は52年間も阻止されてきた。その規制に風穴を開けるための特区だから、所管省庁や権利団体の抵抗を打破するために官邸や内閣府から少々の圧力はあって当然だろう。

政府はもともと全国レベルで特区申請があれば認める方針だったのに、「獣医師の数は足りている」と主張する獣医師会と農水省・文科省の強い抵抗に合って、「広域的に獣医学部が存在しない地域一カ所に限り新設を認める」というところに落ち着いた。その結果、手を上げた京都産業大学は大阪に獣医学部があるから却下され、下の地図を見てもわかるように獣医学部が一つもない四国の加計学園だけが認可されたのだ。

この結果として新設を認められた加計学園の理事長が総理の友人だから野党は「最初から加計学園ありき」だったのではないかという陰謀説を描こうとしているが、この経緯を見ればむしろ加計学園一校になったのは獣医師会のせいでもある。

もしこの騒動によって加計学園の認可が取り消しになったら、一番喜ぶのは獣医師会であり、父親が獣医師会副会長で弟も獣医師であり、獣医師会から献金をもらっている民進党の玉木議員だろう。彼の方が、はるかに特定団体を利する行為を行っていて、国民の利害に反することをやっているのではないか。

Afr1705250036p1

(「ダイヤモンド・オンラインより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました

昨年の3月にクラウドファンディングで注文した、自転車用キーレスエントリーのEllipse(発表時の製品名はSkylock)が、約14ヶ月かけてやっと届きました。おそらく日本では最初のユーザーの一人かと思います。現在の価格は199ドルですが、当時は179ドル+送料15ドルでした。受取時に関税約2800円を取られたので合計約25,000円です。

自転車のロックは、キー式のものはキーを持ち歩かなければならないし、ピッキングやイタズラの可能性もあるので、コンビネーションロック式を使っていました。でもコンビ式はダイヤルが結構固いし、暗い中で数字を合わせにくいので、いずれにしてもストレスだったのでこのような製品を待っていました。

Img_3107_460

ソーラーパネルを搭載しているので、通常は充電の必要はありません。USB端子もあるので、そこから充電もできます。フル充電で6ヶ月使えます。ロックは非常に頑丈で、普通のU字ロックは片側にしかロック機能がないので1カ所切断されればロック部分を外すことができしまいますが、Ellipseは両側ともロックがあるので、2カ所切断しない限りロックを自転車から外すことはできません。盗難防止で最も有効なのは泥棒に時間をかけさせることなので、その意味では大変強固なロックと言えます。

Img_3087_3

スマホ用の無料アプリをダウンロードして、Bluetoothでロックとつなぎます。ペアリングは簡単です。この画面をタップすることで、施錠・解錠ができます。

スマホによる施錠解錠の動画です

 

 

Img_3088_2

万が一スマホをなくしてしまった時のために、ロックのタッチパッドの4箇所の矢印の組み合わせで解錠することもできます。

Bluetoothの機能を使って、ロックからスマホが一定距離離れると自動的に施錠(Proximity lock)したり、ロックに近づくと自動的に解錠(Proximity unlock)するようにもできます。

Img_3089_2

自動ロックの動画です。この場合、約5メートル離れると施錠され、1メートル以内に入ると解錠されました。

Img_3108

また、Ellipseには加速度センサーが搭載されているので、これを利用して盗難センサーと事故センサーの二つの機能が設定できます。盗難センサーは、ロック(自転車)に振動が加わると、スマホに知らせてくれます。ただしBluetoothの通信圏内なので、すぐ近くにいる必要があります。

 

事故センサーは、乗車中に大きな衝撃を受けた場合、あらかじめ設定した3人の携帯電話にショートメッセージが送られる機能です。

使ってみると、期待通りの機能で満足です。二つだけ難点を上げると、施錠・解錠の際に全く音がしないので、スマホの画面を見る以外に確認できないことと、U字ロックの部分が短めなので、自転車のフレームと車輪を通すのに問題はありませんが、あまり余裕がないので、施錠する場所が限られて、オートバイなどには使いにくいかと思います。

自分はアメリカの販売元から個人輸入したのですが、アプリもサポートも英語のみで、現在のところ日本での発売予定はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »