« 「~すぎる」の乱用はやめてほしい | トップページ

2017年5月14日 (日)

自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました

昨年の3月にクラウドファンディングで注文した、自転車用キーレスエントリーのEllipse(発表時の製品名はSkylock)が、約14ヶ月かけてやっと届きました。おそらく日本では最初のユーザーの一人かと思います。現在の価格は199ドルですが、当時は179ドル+送料15ドルでした。受取時に関税約2800円を取られたので合計約25,000円です。

自転車のロックは、キー式のものはキーを持ち歩かなければならないし、ピッキングやイタズラの可能性もあるので、コンビネーションロック式を使っていました。でもコンビ式はダイヤルが結構固いし、暗い中で数字を合わせにくいので、いずれにしてもストレスだったのでこのような製品を待っていました。

Img_3107_460

ソーラーパネルを搭載しているので、通常は充電の必要はありません。USB端子もあるので、そこから充電もできます。フル充電で6ヶ月使えます。ロックは非常に頑丈で、普通のU字ロックは片側にしかロック機能がないので1カ所切断されればロック部分を外すことができしまいますが、Ellipseは両側ともロックがあるので、2カ所切断しない限りロックを自転車から外すことはできません。盗難防止で最も有効なのは泥棒に時間をかけさせることなので、その意味では大変強固なロックと言えます。

Img_3087

スマホ用の無料アプリをダウンロードして、Bluetoothでロックとつなぎます。ペアリングは簡単です。この画面をタップすることで、施錠・解錠ができます。

スマホによる施錠解錠の動画です

Img_3088

万が一スマホをなくしてしまった時のために、ロックのタッチパッドの4箇所の矢印の組み合わせで解錠することもできます。

Img_3089

Bluetoothの機能を使って、ロックからスマホが一定距離離れると自動的に施錠(Proximity lock)したり、ロックに近づくと自動的に解錠(Proximity unlock)するようにもできます。

自動ロックの動画です。この場合、約5メートル離れると施錠され、1メートル以内に入ると解錠されました。

また、Ellipseには加速度センサーが搭載されているので、これを利用して盗難センサーと事故センサーの二つの機能が設定できます。盗難センサーは、ロック(自転車)に振動が加わると、スマホに知らせてくれます。ただしBluetoothの通信圏内なので、すぐ近くにいる必要があります。

Img_3108_2

事故センサーは、乗車中に大きな衝撃を受けた場合、あらかじめ設定した3人の携帯電話にショートメッセージが送られる機能です。

使ってみると、期待通りの機能で満足です。二つだけ難点を上げると、施錠・解錠の際に全く音がしないので、スマホの画面を見る以外に確認できないことと、U字ロックの部分が短めなので、自転車のフレームと車輪を通すのに問題はありませんが、あまり余裕がないので、施錠する場所が限られて、オートバイなどには使いにくいかと思います。

自分はアメリカの販売元から個人輸入したのですが、アプリもサポートも英語のみで、現在のところ日本での発売予定はありません。

|

« 「~すぎる」の乱用はやめてほしい | トップページ

◎自転車」カテゴリの記事

☆愛用品・スグレモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/65283294

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました:

« 「~すぎる」の乱用はやめてほしい | トップページ