« パスタを食べる時にスプーンを使うのはマナー違反か | トップページ | 自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました »

2017年4月27日 (木)

「~すぎる」の乱用はやめてほしい

460_2

これは今朝のネット記事から。こういうネット用語を見出しに使うとそれがいつの間にか当たり前な日本語になってしまうのでやめてほしい。

実は、自分も以前は「可愛すぎる」とかを使っていたけれど、あまりにも普通に使われるようになってからは使わないことにした。そもそも「すぎる」とは何かが甚だしく度を越している事で、いい意味には使われないのが普通。

昔もいい意味で「美しすぎる」などと使われることはたまにあった。野口五郎「君が美しすぎて」(1973)、八神純子「思い出は美しすぎて」(1978)など。でも、これらの歌詞の場合は、美しすぎて逆に何らかの哀愁があるから、「すぎる」の意味がある。または、「美しすぎる市議」のように、「〜にしては」という何らかの相対的な比較対象がある場合も。そのような対比がなく、単に最上級を表す意味で「すぎる」を使うのが今のネット用語の特徴だ。

普通の褒め言葉を使えばいいものを、今みたいになんでもかんでもすぐ「可愛すぎる」「美しすぎる」「凄すぎる」「天使すぎる」などと最上級を乱発すると、その強調性や希少性の意味がなくなり、もはや陳腐な表現になっている。最上級はめったに使わないから意味があるのだ。

|

« パスタを食べる時にスプーンを使うのはマナー違反か | トップページ | 自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/65204979

この記事へのトラックバック一覧です: 「~すぎる」の乱用はやめてほしい:

« パスタを食べる時にスプーンを使うのはマナー違反か | トップページ | 自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました »