« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の2件の記事

2017年4月27日 (木)

「~すぎる」の乱用はやめてほしい

460_2

これは今朝のネット記事から。こういうネット用語を見出しに使うとそれがいつの間にか当たり前な日本語になってしまうのでやめてほしい。

実は、自分も以前は「可愛すぎる」とかを使っていたけれど、あまりにも普通に使われるようになってからは使わないことにした。そもそも「すぎる」とは何かが甚だしく度を越している事で、いい意味には使われないのが普通。

昔もいい意味で「美しすぎる」などと使われることはたまにあった。野口五郎「君が美しすぎて」(1973)、八神純子「思い出は美しすぎて」(1978)など。でも、これらの歌詞の場合は、美しすぎて逆に何らかの哀愁があるから、「すぎる」の意味がある。または、「美しすぎる市議」のように、「〜にしては」という何らかの相対的な比較対象がある場合も。そのような対比がなく、単に最上級を表す意味で「すぎる」を使うのが今のネット用語の特徴だ。

普通の褒め言葉を使えばいいものを、今みたいになんでもかんでもすぐ「可愛すぎる」「美しすぎる」「凄すぎる」「天使すぎる」などと最上級を乱発すると、その強調性や希少性の意味がなくなり、もはや陳腐な表現になっている。最上級はめったに使わないから意味があるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

パスタを食べる時にスプーンを使うのはマナー違反か

パスタを食べるときに、スプーンを使うべきか否かという世界的な議論に対する個人的見解。

【反対意見】
ネットでは、スプーンを使うのは実はマナー違反だと書いている人が多い。その根拠は、本場イタリアでは一般的にそうだから。イタリアでは、スプーンを使うのは子供だけで、フォーク一本で上手にパスタを食べることを教えられるということは事実のようです。そう聞いてしまうと、スプーンを使うことは恥ずかしいことだと思っても無理はない。

【賛成意見】
しかしその一方、同じイタリアでも南のシシリア地方では大人でも普通にスプーンを使うらしい。また、アメリカでも日本同様、スプーンを使う人は多い。それは、実際にスプーンを使った方が食べやすいし、ソースもはねにくいという実用的な意味があるから。

【結論】
「イタリアではマナー違反だから日本でもマナー違反」というのは短絡的。マナーや習慣というものは、国によって違うもの。日本人はイタリア人よりフォークの扱いに慣れていなくて当然。お店がパスタと一緒にスプーンを出してくれば、その時点で、それがマナー違反ではなく、使ってもいいという何よりの証拠。

だから日本では、スプーンを使ってパスタを食べたい人は胸を張って使えばいい。

もし、「俺は本場イタリアのマナーを尊重する。フォーク一本で上手に食べられるからスプーンは使わない」という人がいれば、それはそれでOKだけど、同じことを人に押しつけるべきではない。

もし「スプーンを使うのはマナー違反なんだよ」などとしたり顔でうんちくを垂れる知ったかぶりの紳士がいたら、「そこまで言うなら、服にソースを飛ばさないでフォーク一本で美しく食べるお手本を見せてくださいね♡」と満面の笑みで言ってあげましょう。

また、もしイタリアのマナーを踏襲してパスタにはスプーンを出さないお店に行った場合は、スプーンを要求したりせず、そのお店のポリシーを尊重してフォーク一本で食べましょう。何事も「郷に入っては郷に従え」です。

ただし、

逆のことを言うようですが、ラーメンの麺をれんげに乗せて食べるのは見苦しいと思う。日本人なら箸だけでちゃんとラーメンくらい食べてほしい。女の子ならまあ許してもいいけれど、大の男がこれをやっているところを見ると寒気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »