« 2016年6月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年8月の1件の記事

2016年8月11日 (木)

オリンピックにふさわしくない競技

オリンピックにゴルフやテニスはふさわしくないと思う。ゴルファーやテニスプレーヤーにとってオリンピックは目標でもないし最高の名誉でもない。オリンピックで金メダルを取ることよりも、マスターズやウインブルドンで勝った方がよほど嬉しいはずだ。オリンピックは賞金がもらえるわけではないし、彼らの競技人生や選手生命にとってメダルなど取れなくても痛くも痒くもない。つまり「成功の尺度」が違うのだ。

今回のリオ五輪では、デング熱や治安の悪さを理由に出場を辞退するテニスやゴルフの選手が続出したけれど、それを批判するつもりは全くなく、彼らからしたら当然だと思う。大して重要でないオリンピックに出ることで、「本業」のツアーに影響が出たら元も子もないからだ。だけど、そのために世界の頂点のプレーヤーが全員集まるわけではないので、金メダルを取っても素直に世界一とは認めがたい。例えば、ボルトやフェルプスが、「ブラジルには行きたくない」という理由でオリンピックを辞退するといことはありえない。それが「本業」だからだ。

それに対して、陸上や水泳、体操、柔道、レスリングは、ほとんどの場合競技からの直接的な収入がなく、オリンピックと世界選手権以外に大きな活躍の場もない。これらの競技の選手にとって、オリンピックは疑いもなく最高峰の活躍の場であり、世界最高の選手は必ず出場するから真に世界一の戦いになる。オリンピックを目標に4年間努力してきた選手と、年間に何回も大きな大会があり、普段の競技生活の中で何億円も稼ぐ恵まれた環境にいる、オリンピックなどなくてもいい賞金プロとは同列に見ることはできない。

ゴルフとテニス以外にも野球、バスケットボール、サッカーなど、プロリーグ(とくに男子)があまりにもメジャーなスポーツも、オリンピックにふさわしくないと思う。サッカーの頂点はワールドカップでありオリンピックではない。似て非なる大会を二つもやる必要はないだろう。プロ野球選手も最優先なのはそれぞれの国のリーグ優勝であり、「本業」に影響のない範囲でしかオリンピックには出場しない。WBCですらMLBのスター選手は敬遠するようになっている状況で、オリンピックで野球をやる意味がどこにあるのか。我々がオリンピックで見たいのは、オリンピックを目標に4年間努力してきた世界最高の選手たちが、真の世界一を競う姿だ。

オリンピックの競技数が肥大化すると、そのための会場を整備する費用も肥大化する。それは開催国の国民の税金によって賄われるということも、4年後のオリンピックの開催国である我々は認識する必要がある。

| | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2017年3月 »