« Venexリカバリウェアの驚きの効果 | トップページ | アップルウォッチのもう一つの凄さ »

2016年6月 4日 (土)

新聞の株式欄は必要?

いつも思うのだけど、ネットでのリアルタイム株取引の時代に、新聞の何ページにもわたる株価欄って意味あるのだろうか。今時、株取引をする人で、ネット環境がない人などほとんどいないだろう。

Img_0945


取引とは関係なく、特定の会社の株価を習慣としてチェックしている人はいるのかもしれないけれど、スマホかPCがあれば、自分が注目している株の情報だけをまとめて見ることができるからよほど便利だ。

問題にしたいのは、自分は電子版だからまだいいけれど(それでもページをめくるのが面倒)、紙資源の無駄ではないかということ。

例えば、日経朝刊は274万部売れているらしい。ということは、この株価欄の7ページ(3.5枚)をなくせば毎日1000万枚弱の新聞紙が節約できることになる。新聞紙の厚さが0.1ミリだから、重ねると1,000メートルの高さになる。朝日や読売も合わせたら膨大な量になる。

専門的な理由で株価欄が必要な人のために、日経だけは残したとして、他の一般紙はなくしてもいいのではないだろうか。もはや株価欄は、大多数の読者にとっては無用の長物のはず。これをなくせば新聞も若干薄く軽く持ち運びやすくなるし、資源の節約と編集の手間も省けて少しでも購読料が安くなれば、大多数の読者は喜ぶのではないだろうか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« Venexリカバリウェアの驚きの効果 | トップページ | アップルウォッチのもう一つの凄さ »

☆ビジネス」カテゴリの記事

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/63730291

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の株式欄は必要?:

« Venexリカバリウェアの驚きの効果 | トップページ | アップルウォッチのもう一つの凄さ »