« 報道のエンタテインメント化が止まらない | トップページ | 「愛国心」を悪い言葉として扱うのはもうやめにしないか »

2016年6月16日 (木)

なぜ街頭インタビューはバカばかり映るのか

いつも思うのだけれど、街頭インタビューで使われる映像って、あえてバカなのを選んでいるのだろうか。それとも日本国民はみんなあんなにバカばかりなのか。

今朝のニュースで、次期知事候補として名前が挙がっている人の写真を見せて意見を聞いている場面があったけれど、名前も知らない候補者を指して、「あたし、この人がいい!○○なイメージ!」と若い女性が無邪気な笑顔で言っていた。

自分の頭で何も考えてなくて、テレビが描くイメージを鵜呑みにしてる人ばかり。何故そう思うかという理性的な根拠がなくて、情緒的な印象や好き嫌いだけ。「いいこと言うね」「ちゃんと考えてるね」と思うようなことはめったにいない。

アメリカのニュース番組を見ていると、いかにも最低賃金の労働者や、チャラい格好をした若者でも、「我こう思う、何故ならば」と根拠をもって実にしっかりとした意見を短い時間の中で語っているのに感心する。アメリカのテレビ局は、むしろそういう人を選んで放送しているかもしれないけれど、日本のテレビ局は、自分たちが描いたイメージを裏付ける発言をする人だけを選んで放送しているように思う。悪く言えば編集権を利用した世論操作だ。

|

« 報道のエンタテインメント化が止まらない | トップページ | 「愛国心」を悪い言葉として扱うのはもうやめにしないか »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/63786207

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ街頭インタビューはバカばかり映るのか:

« 報道のエンタテインメント化が止まらない | トップページ | 「愛国心」を悪い言葉として扱うのはもうやめにしないか »