« もう後藤健二の報道にはうんざりだ | トップページ | アマゾンのカスタマーサービスのすごさ »

2015年2月 7日 (土)

献血に金銭的報酬?

今朝、NHKで献血の特集を放送していたのだけれど、若者の献血率が下がっているらしい。自分はよく献血するのだけれど、献血ルームでいつも人間観察をすると、確かに若者は少ない。多いのは、40代以上の男性と、30〜40代の女性という気がする。

Kenketsu

で、若者が献血に行こうとしない理由が実に情けない。曰く、
・痛い
・貧血になりそう(男性)
・お金をもらえるならやってもいい(圧倒的多数)
・どんな人に輸血されるかわからない(誰に与えるか選びたいのか?)

番組では多くの時間を割いて、献血の金銭的な報酬についての議論がなされていたけれど、それは献血を「他人のため」にではなく、「自分のため」にすることに変えてしまうということで、献血の位置付けを180度変えてしまうことで賛成できない。献血は、最も手軽にできるボランティアだ。報酬を与えなくても、そういう気持ちにさせる方策はあるはずだ。

自分は学生時代にはよく献血をしていたけれど、社会人になって忙しくなってしばらくしなくなった。それが、再び熱心に献血するようになったのは、20年くらい前に妻が大手術をして、大量に輸血を受けることがあって、少しでもその恩返しをしたいと思ったからだ。そういう気持ちが大事なんじゃないだろうか。

いつも冗談半分で書くのだけれど、献血ルームは男女の出会いに最適な場だと思う。なぜならば、そこにいる人は、他人を思いやる心があって健康であることが、ある程度証明されているのだから。「街コン」ならぬ「献血合コン」をすれば若者の献血率は上がるのではないか(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« もう後藤健二の報道にはうんざりだ | トップページ | アマゾンのカスタマーサービスのすごさ »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/61099466

この記事へのトラックバック一覧です: 献血に金銭的報酬?:

« もう後藤健二の報道にはうんざりだ | トップページ | アマゾンのカスタマーサービスのすごさ »