« 黒小物撲滅作戦 | トップページ | 「人道支援」がエボラの感染を広げる »

2014年10月17日 (金)

富岡製糸場の国宝指定に思う

富岡製糸場が世界遺産に登録されたから国宝に指定する、ってどうなのよ。

日本は、自分の国の「宝」の価値も自分の物差しで決められない情けない国になってしまったのか。本末転倒だろう。

本当に国宝の価値があるのならもっと早く指定すべきだったし、「和食」や「キムチ」までも登録されている、もはやモンドセレクション並みの商業主義的大安売り状態の世界遺産に登録されたから国宝に指定したのならば、あまりにも安易な外国権威迎合主義であり、安倍政権の人気取りと言われても仕方ないだろう。

関連記事:
2013年6月23日 富士山の世界文化遺産登録にあえて苦言を呈する
2013年7月1日 このままでは富士山が大変なことになる
2013年8月15日 富士山が、やっぱり大変なことになっている
2013年12月5日 「和食」が世界遺産に?世界遺産の大安売りに疑問

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 黒小物撲滅作戦 | トップページ | 「人道支援」がエボラの感染を広げる »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/60499132

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場の国宝指定に思う:

« 黒小物撲滅作戦 | トップページ | 「人道支援」がエボラの感染を広げる »