« 日傘の効果を実験してみました | トップページ | 黒小物撲滅作戦 »

2014年7月30日 (水)

仕事のアポは一日の両端から埋めろ

今さらながら気付いたこと。丸一日予定が空いていて、朝イチ、昼前、午後イチ、就業間際(16時過ぎ)のどこにでもアポを入れられる場合、どこに入れますか?

これまでの長い社会人生活の経験上、仕事の予定が入るのは昼の前後(10時過ぎ、または13時過ぎ)が一番多く、16時過ぎというのが一番少ない。なので、最初に入れるアポで選択の余地があるならば、就業間際か朝イチ、要するに一日の「端」に入れておけば、後から入るアポとかぶる可能性が低いと思います。また、朝イチか午後の遅いアポだと直行か直帰になるので、アポからアポへの移動時間も、1回分だけ考慮すればよくなります。

さらに、端だけが埋まっていれば、相手の都合を聞く時も、例えば「10:30-16:00の間」と広い時間の幅を持たせることができて調整がしやすくなるけれど、10:30-11:30に予定が入っていると、「9:00-10:00または13:00-15:30」というように、相手に対して細切れの時間のオプションしか与えることができなくなってしまい、予定を合わせる可能性が低くなってしまいます。

このブログの「ビジネス」関連の記事はこちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 日傘の効果を実験してみました | トップページ | 黒小物撲滅作戦 »

☆ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/60067207

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のアポは一日の両端から埋めろ:

« 日傘の効果を実験してみました | トップページ | 黒小物撲滅作戦 »