« 究極のモバイルバッテリー Macally MBP52L | トップページ | 仕事のアポは一日の両端から埋めろ »

2014年7月27日 (日)

日傘の効果を実験してみました

日傘の効果を実験してみました。使ったのは暑さ指数(俗に熱中症指数とも言います)が測れるタニタの熱中アラームTT-560。

暑さ指数=WBGT( Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。
単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は通常、気温よりは低くなります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

WBGTは以下の4段階に分類されます:
危険(31度以上) 
高齢者では安静状態でも熱中症が発生する危険性が高い。特別の場合以外、特に子供は運動を中止すべき
厳重警戒(28~31度)
熱中症の危険性が高いので、激しい運動など体温が上昇しやすい運動は避ける。運動する場合は頻繁に休息と水分を取る。
警戒(25~28度)
中等以上の生活活動(ジョギング等)で熱中症の危険が増すので、積極的に水分や休息を取る
注意(21~25度)
一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

まずは直射日光を浴びた状態。気温は35.4度、WBGTは28度の「厳重警戒」状態。

Wbgt1_3

これに日傘をかぶせて数分置くと、気温は2度下がって33.4度、WBGTも2度下がって26度の「警戒」状態に下がりました。気温で2度というと大したことがないように思えるかもしれませんが、気温では測れないのが日射や輻射熱なので、WBGTで2度は大きいと思います。まあ日傘による総合的な暑さの軽減は、測らないでも明らかではありますが(^^;)

Wbgt2_3


男が日傘を差すのはあまり恰好よくないかもしれませんが、最近の東京の夏の暑さではそうも言ってられない。最近では男性用日傘も結構豊富に出てきているし、35度を超えるような猛暑日には堂々と使おうと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 究極のモバイルバッテリー Macally MBP52L | トップページ | 仕事のアポは一日の両端から埋めろ »

☆ガジェット・面白グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/60004083

この記事へのトラックバック一覧です: 日傘の効果を実験してみました:

« 究極のモバイルバッテリー Macally MBP52L | トップページ | 仕事のアポは一日の両端から埋めろ »