« 「パキッ!とたれ」にはちゃぶ台返しだ! | トップページ | 「第一類医薬品の薬剤師による対面販売」の欺瞞 »

2014年4月10日 (木)

もう小保方報道にはうんざりだ

もう小保方報道は見たくない。科学にど素人の司会者やリポーターやコメンテーターがああでもないこうでもないと個人的な印象を語ったり、街の声を聞いて何の意味があるのだ。記者会見でどこ製の服を着ていただとか、どの部分で感情が極まっただとか、芸能報道のような扱いもうんざりだ。テレビ局はこれをやらなければ視聴率を稼げないと思っているだろうが、悪いけど自分は小保方報道をやっていたらチャンネルを変えることにする。

これは科学の問題なのだから、受け答えの印象やノートの冊数などの状況証拠で信じる信じないと判断しても意味がない。科学の問題は科学で証明する以外に100%明確な結論は出ないのだから、今度こそ自らの研究を証明するチャンスを与えて静かに待つべきだ。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 「パキッ!とたれ」にはちゃぶ台返しだ! | トップページ | 「第一類医薬品の薬剤師による対面販売」の欺瞞 »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

研究者は研究で成果を出すべき。
ごもっともです。

さすがに13時からニュース番組すべてが
小保方氏の記者会見の映像が流れたときには辟易です。

また、NHKまでもが記者会見の模様を
だらだらと放送していることに我慢できず、
他のニュースがあるだろうと電話しました。


投稿: はやと | 2014年4月10日 (木) 10:54

●「彼女」が実験に成功すると、
突然人々は匿名の手紙でありもしないことを書いたり、ありもしない噂を流したりし、同僚の男性達はなんとか 彼女を研究者の座からひきずりおろそうと、様々な画策をた。
●「彼女」の研究が進むと
彼女が某教授と不倫をしているというスキャンダルが起こった。大衆紙は二人の関係を嗅ぎまわり、証言や手紙をネタにあることないこと書きたてた。
●「彼女」が研究室へ出勤すると
「あなたが研究を続けることを誰も喜んでいない」という
 ようなことをわざわざ言ってくる男性がたくさんいた。
●「彼女」はたくさんのバッシングを受け遂にストレスで
入院・・・・・

 などなど。

「彼女」とは誰の事だと思われますか?小保方晴子さんの事ではありません。ノ-ベル賞を二つも受賞したマダムキュ-リ-その人です。私が学生時代物理の先生から聞かされたキュ-リ-夫人への過酷なバッシング、まさか40年余後同じような事が日本で起こるとは思っていませんでしたが、「今後日本でも女性が素晴らしい発明発見をするかも知れんが、決して君らはこのようなまねをしてはいかん!」と述べられていたことが
印象に残ります。

キュ-リ-夫人はこれだけのバッシングを受けても科学に偉大な業績を残したのですから小保方さんがんばって!

投稿: 吉田 | 2014年4月15日 (火) 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/59444077

この記事へのトラックバック一覧です: もう小保方報道にはうんざりだ:

« 「パキッ!とたれ」にはちゃぶ台返しだ! | トップページ | 「第一類医薬品の薬剤師による対面販売」の欺瞞 »