« iPhone5用のバッテリー内蔵ケース | トップページ | ブログを製本してみました »

2014年2月19日 (水)

ビジネスインクジェットという選択

これまで、キャノンのMG6130という3年前の複合プリンターを利用していました。

Mg6130

このプリンターのインクの容量の少なさと印刷コストの高さに辟易して、昨年末ついに互換インクを使い始めて、しばらく問題はなかったのですが、数日前に突然、プリンターがインクを全色認識しなくなりました。おそらく、キャノンの互換インクを締め出すためのファームウェアが自動的にアップデートされたのが原因だと思います。数週間前に背面給紙機能が故障したこともあって、今更このプリンター用の純正インクを買い直すのも腹立たしいので、買い替えることに。

まずキャノンの現行の複合機は、名刺印刷に必要な背面給紙機能がなくなってしまったのでアウト。エプソンとブラザーは一枚手差しの背面給紙はあるけれどなんかおまけみたいで頼りないし、口コミでも不安定で評判がよくない。

そこで売場を見渡すと、HPとエプソンから「ビジネスインクジェット」というカテゴリーの製品があることを発見。にじみくい顔料インクを全色使い、インクタンクも家庭用と比べると大容量で、特に文書の印刷速度が早いのが特徴。ただし写真印刷の画質は期待できない。

しかしよく考えてみたら、印刷のほとんどはホームページやビジネス文書の印刷で、そのためにフォトインクを含んだ6色も使うのはもったいないし、写真印刷に関しては、プロ用プリンターではない複合機程度の中途半端な画質では結局作品の印刷には不十分ということを痛感していたので、写真印刷機能は思い切って捨てるのもありかと思いました。

HPは、エプソンの2倍はあろうかという巨大なインクタンクが魅力だったのだけれど、本体の奥行きがあまりにもありすぎるのと背面給紙がなかったので断念。悩んだ挙句、購入したのがエプソンのPX-205(約14,000円)。キャノンさん、悪いけれど互換インク締め出し作戦は裏目に出ましたよ。

Px205

選んだポイントは:
・4色全色顔料インク(黒は2倍の大容量)
・250枚の大容量用紙トレイ
・両面自動印刷
・高速印刷(38枚/分)
・一枚手差しだが、しっかりしている背面給紙機能
・6万枚という高耐久性と、紙詰まりをワンタッチで取り省くことができるシンプルな構造

スキャナー機能はない単機能のプリンターだけれど、7年前に買ったキャノンのLiDE 600Fという超薄型のフラットベッドスキャナーを引っ張り出して最新のドライバーとソフトをダウンロードして使ってみたら、全く現役で通用する画質と機能だったのでこれと組み合わせることに。

Px205_scanner

実際に使ってみると、オフィス用なので静音性は考慮されていないのか、印刷中はまだいいのだけれど、紙送りの時、特に両面印刷時のメカ音がガーガーと結構うるさい。しかし印刷速度は爆速で実に気持ちいい。顔料インクなので、両面印刷でも裏写りしにくいし、ハイライターなどを使っても全くにじまない。染料インクだと、乾燥した後でも水に濡れるとインクがにじんでしまうけれど、顔料だとそういうことがないので、名刺印刷には最適です。

もう一つビジネス用プリンターのいいところは、インクが一色なくなっても、他のインクで印刷を続けることができることです。家庭用がとにかく一刻でも早くインクを買わせようという魂胆で、一色でもなくなると全く印刷ができなくなるばかりか、なんとご丁寧に関係ないスキャナーまで全機能を停止して死んだふりをするという、徹底した阿漕な仕様になっているのと対照的です。

写真印刷の画質に関しては全く期待していなかったのですが、鮮やかで高精細でなかなかのものです。記念写真を2L版に印刷する程度であれば、全く問題ないです。

最近では、何か製品を購入する時、何でもネットで調べてAmazonで最安で買って翌日配送してもらうのが習慣になっていましたが、今回に関しては量販店に足を運ばなければ、このような発見と選択にはならなかったので、販売店の意義というものを再認識しました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます


|

« iPhone5用のバッテリー内蔵ケース | トップページ | ブログを製本してみました »

☆PC関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/59162122

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスインクジェットという選択:

« iPhone5用のバッテリー内蔵ケース | トップページ | ブログを製本してみました »