« 山本太郎の行動は国会議員がやってはならないこと | トップページ | 「大リーグで最も優秀で愛すべき抑え投手」上原浩治 »

2013年11月 1日 (金)

ソニーはこのままではいつまでたっても高収益体質にはなれない

ソニーが業績予想を発表した。9月中間連結決算は、売上高が前年同期比11.8%増の3兆4881億円、営業利益は40.0%増の511億円となったが、最終損益は158億円の赤字。

通期予想でも、7.7兆円の売上で利益はわずか300億円だという。0.4%の利益率だ。1万円売って40円の利益しか出ない商売。しかも、その利益の半分以上は金融事業からだ。グループ従業員14.6万人がよってたかって1年間で稼げる利益が300億円、ということは一人当たりたったの20万円、月に換算するとわずか1万7千円だ。

私はソニーのOBとしていつも言っているけれど、ソニーはこんなに大きくなってはいけなかった。ソニーは何の特徴もない、価格競争に迎合しただけの商品や事業をやめて、少なくとも一時的には大きく減収する覚悟をしない限り、絶対に高収益体質にはなれない。今のままで増収増益など幻想だ。

すべての事業領域において、ラインアップが広すぎる。ハイレゾをやろうとしている一方で、48kbpsというクソみたいな音質の音楽配信をやっている。30万円もする高級フルサイズ一眼をアピールしながら、アメリカのドラッグストアでブリスターパックに入ったジャンクのようなデジカメも出し続ける。

ソニーは、すべての人を一様に満足させようとする八方美人の会社になってしまったおかげで、誰からも真に愛されなくなってしまった。

これはSteve Jobsが亡くなる直前に、見舞いに来たGoogleのLarry Pageに言ったこと:

"Google makes a lot of products that are adequate, but not great. They're turning you into Microsoft. Focus on fewer things, and do them really well"
「Googleの多くの商品は、必要十分だけれども、すごく良くはない。そういうことをしていると、GoogleはMicrosoftのようになってしまう。もっと少ないことに注力して、徹底して素晴らしい商品を出すことだ。」

同じくJobsが、NIKEのCEO Mark Parkerに言ったことは、そのままソニーにもあてはまる:

“Nike makes some of the best products in the world, products that you lust after, absolutely beautiful stunning products. But you also make a lot of crap. Just get rid of the crappy stuff and focus on the good stuff.”
「Nikeには、世界で最高の商品がある。よだれを垂らすような、全く目を奪われるような商品だ。でも同時に、クズのような商品もたくさん作っている。クズを捨てて、いいものだけを作ることだ。」

問題は、ソニーは多くの「必要十分だけれども、すごく良くはない」ものや、「クズのような商品」を作って今の7.7兆円の売上になっていること。普通の会社だったら、必要十分な商品ばかり出していても許されるところが、世の中がソニーに期待するのはそんなものではないから、ソニーが横並び・二番煎じの商品を出しても他社と同水準に値段を下げないと売れない。でもソニーは元々他メーカーより給与水準が高くて全般的に高コスト体質だから、それでは儲かるはずがないのだ

必要十分な商品ばかりを作り続けて今の売上規模をキープしたいのならば、その中で利益を出せるコスト体質にするしかない。でも、それは世の中がソニーに期待している姿ではない。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 山本太郎の行動は国会議員がやってはならないこと | トップページ | 「大リーグで最も優秀で愛すべき抑え投手」上原浩治 »

☆ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/58489031

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーはこのままではいつまでたっても高収益体質にはなれない:

« 山本太郎の行動は国会議員がやってはならないこと | トップページ | 「大リーグで最も優秀で愛すべき抑え投手」上原浩治 »