« 阪急阪神ホテルズに見る、不祥事対応の典型的なNGパターン | トップページ | Amazon流梱包術 »

2013年10月26日 (土)

「朝まで生テレビ」は生放送じゃなかった!

昨夜の地震は、目が覚めるほど大きかった。あわててテレビをつけたらたまたま「朝まで生テレビ」だったけれど、何も揺れていないし出演者も何事もない様子なのでおかしいな、とは思ってすぐチャンネルを変えたけど、後でこの番組は収録だったということを知った。

視聴者からの問い合わせが多かったせいか、番組の途中でこのようなテロップが出たらしい:
Asanama

番組のホームページには、生放送なのか収録なのかは何も書いていないが、Wikipediaによると:

番組タイトルでも「生」とあるとおり、生放送を標榜しているが、事前収録の場合もあり、その場合は番組公式サイトや番組冒頭で告知する(生放送の場合、番組中にメール、FAXを募集するため)。事前収録は放送前日(早いときでは1週間ほど前から)の午後もしくは夜に行われることが多く、撮って出しされる(放送当日にも収録した日付が表示される)。 これは、司会である田原や出演者の健康上の理由・スケジュール上の理由以外に、政治的に微妙な問題を扱うことも多く、当日の討論のテーマによっては出演者の安全確保(生放送の場合、局舎周辺での異論を持つ者などの待ち伏せ襲撃が考えられる)の必要があることから、警視庁等当局からの要請があるためである。

つまり、この番組は事前収録のことも多く、その場合は番組の冒頭で告知しているので、この番組の熱心な視聴者の間では常識だったらしいが、どう考えても看板に偽りあるでしょう。この「生」を強調したタイトルを見て、生放送だと思わない方がおかしい

Asanama_title_new

大体、深夜番組なんてチャンネルホッピングするから最初からお行儀よく見ていないので、番組冒頭で告知されたって途中から見た人にはわからない。私もこの番組を途中から見たことは何度もあるけれど、「こんな時間まで真剣に議論して偉いな」と思っていた。そういう効果も狙っての番組名だろう。視聴者を欺く行為だ。即刻番組名を変えるべきだ(「朝まで時々生テレビ」?)

フジテレビの「たてxほこ」のやらせといい、テレビには本当にモラルはあるのか。テレビに阪急阪神ホテルズの偽装表示を批判する資格はない。「産地直送鮮魚の店」という看板を掲げた寿司屋が、開店時に「今日は冷凍魚です」と板前が宣言すれば済まされると言っているのと同じである。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 阪急阪神ホテルズに見る、不祥事対応の典型的なNGパターン | トップページ | Amazon流梱包術 »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/58459311

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝まで生テレビ」は生放送じゃなかった!:

« 阪急阪神ホテルズに見る、不祥事対応の典型的なNGパターン | トップページ | Amazon流梱包術 »