« 半沢直樹は面白かったけれど、ツッコミどころも多かった | トップページ | メルマガの配信停止の法律を! »

2013年9月25日 (水)

危険運転者には二度と免許を与えるな

5年くらい前にも同じことを書いたけれど、もう一度言う。危険運転者には二度と免許を与えるな。

京都八幡の通学児童の列に7メートルも宙を舞うほどの速度で突っ込んだ18歳の少年は、左折してからわずか30メートル程度で、衝突時には時速50-60キロも出ていたらしい。児童の通学路でドリフトの練習のつもりだったのだろう。

Kyotoaccident

運転するということは、すべての国民に与えられた「権利」ではなく、一定の能力と適性を持つ人に認められる「資格」だ。飲酒運転や暴走、ひき逃げなどを行う反社会的な輩は、交通社会の中でそもそも人格的に運転する適性がない。

ここで矛盾しているのは、免許取り消しになるような運転をする人間は、その運転技能ではなく精神性が問題であるにも関わらず、再び技能試験に合格すればまた免許を取得できることができる、ということ。

「自分さえよければ他人の命を危険にさらしてもいい」という思考回路と行動特性は、数年の欠格期間を置いて、講習を受けたら直るというようなものではないだろう。

再び社会に対して危険行為を行う可能性の高いハイリスクな人間に、運転する再チャンスを与える必要がどこにあるのだろうか。「気違いに刃物」を与えるのと同じだ。

悪質な違反行為を犯して弁護士免許や医師免許を剥奪されたら二度と取得できないのと同様に、最初から無免許で運転した者や、飲酒運転、暴走行為、ひき逃げなどの悪質な危険運転で人を死傷させた人間には一生免許を与えず、仮に無免許で運転したら即刻懲役刑に処するというような厳罰が必要だと思う。

社会にとってもこの少年にとっても、少年院に送ることより、クルマの運転を一生できなくすることの方が、はるかに有効な処罰だろう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

|

« 半沢直樹は面白かったけれど、ツッコミどころも多かった | トップページ | メルマガの配信停止の法律を! »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/58261984

この記事へのトラックバック一覧です: 危険運転者には二度と免許を与えるな:

« 半沢直樹は面白かったけれど、ツッコミどころも多かった | トップページ | メルマガの配信停止の法律を! »