« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の7件の記事

2013年8月16日 (金)

Windows 8はユーザー不在の「動機が不純」なOS

Windows 8は、タブレットにPCが浸食されるのを食い止めようとしたマイクロソフトの「動機が不純」なOSだ。まずはこのグラフを見ていただこう。青線がタブレットの全世界出荷数、黄色の線がノートPC。

Yu_idc

IDCは、タブレットは2013年中にノートPCの出荷量を超え、2015年にはPC全体を超えると予想している(詳細はこちら)。言うまでもなく、そのほとんどはiPadとAndroid。このことに危機感を感じたマイクロソフトは、タブレットのOSとして、またノートPCを「タブレット的に」使えるようにしたのがWindows 8。

多くのPCメーカーにOSをライセンスするマイクロソフトが、Surfaceというタブレット端末を自ら発売して、これまでの客と競合するという暴挙に出たことでも、いかにマイクロソフトが焦っているかを表している。

さて、ここでマウスを使う従来のPCユーザーの視点から、Windows 8の使い勝手を見ていこう。私は1988年のWindows 286からWindowsを25年間使っているけれが、Windows 8は、これまでのWindowsの歴史の中でも、ユーザーインターフェースという点では最もドラスティックに変わったものだと思う。少なくとも、これまでのバージョンで、「どうやったら電源を切るのかわからない」というようなことはなかった(苦笑)。

Windows 8を使ったことのない方のために説明すると、まずPCを立ち上げると、この「スタート画面」というのが出てくる。大きめのアイコンは、大雑把なタッチでもいいように、明らかにタッチパネルを意識したデザイン。

Windows81

このままでもInternet ExplorerやOutlookなどのプログラムを使うことができるけれど、その場合はこれもタブレット環境前提の全画面表示となり、画面上部に見慣れたメニューバーはない。だからマウスを使うユーザーにははなはだ使いにくい。なので、従来のデスクトップ環境にするには上の図の左下のタンポポの絵をクリックする。

Windows8desktop

そうすると、見慣れたデスクトップの画面が現れる。ここからプログラムを起動すると、同じプログラムでも先ほどのスタート画面から起動した場合とは異なり、従来のWindowsと同じ感覚で使うことができる。

問題は、マウスを使うデスクトップPC環境のユーザーにとっては、起動すると最初に出てくるスタート画面は無用の長物で、ほぼ反射的にデスクトップ表示に切り替えるのにも関わらず、このスタート画面をバイパスすることができないということ。これが最もユーザーから苦情があった点だと思われ、10月にリリースされるWindows 8.1には"Boot to Desktop"という新機能でやっと実現される予定。

ただ、このデスクトップ画面には、従来のWindowsの画面左下にあったスタートボタンがない。「すべてのプログラム」などのプログラムの起動機能がないなので、デスクトップに登録するには例のスタート画面に戻して、そこで操作なければならない。この辺は全く新しい操作方法で、マニュアルを見ないとわからない。

スタート画面がタッチパネル用、デスクトップ画面は従来のWindowsの操作性と素直に割り切ればよかったものを、なぜかデスクトップ画面の使い勝手まで変えてしまった。

その中でも最も不評なのが、シャットダウンの方法だろう。従来は、スタートボタンをクリックして、ポップアップからシャットダウンや再起動を選べばよかったけれど、Windows 8では、こんな作業を要求される:

Windows8_shutdown_ppt

正気の沙汰とは思えない最悪のユーザーインターフェースだ。電源を切る度にイライラする。クルマのイグニションキーの位置を、ある日突然グローブボックスの中に隠してしまうようなものだ。これもWindows 8.1で改良されることを期待したい。

実はWindows 8は、ユーザーインターフェースの部分以外は、起動も終了も半分くらいの時間でできるし、サクサク動いて安定しているし、OSとしての基本性能は高いと感じている。

ただ、全世界で13億台ものインストールベースのあるOSは、その使い勝手の継続性を保つ「責任」があると思うのだ。PCというものは、まず第一にproductivity(生産性)のツール。それを、自分たちの競争上の都合だけで操作性を大幅に変えてしまって、従来のユーザーに新しいユーザーインターフェースを学習させるということは生産性を下げることになる。

もう一度最初のグラフを見ていただきたい。赤線と黄色線の差は、デスクトップPCの出荷数で、これはPC全体の役4割あり、ほぼ横ばいで推移している。これはタブレットとは逆に、ほとんどがWindows。この4割のデスクトップのユーザーにとっては、スタート画面は無用の長物にも関わらず、それを強制的に使わせようとしているわけである。

結論として言うと、Windows8はタブレットを意識しすぎた結果、大部分のPCユーザーを犠牲にして、以前より使いにくいものにしてしまった。こんなユーザー不在のことをやっていると、ますますPC離れが加速するのではないかと私は思う。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

最新鋭のIntel CPUとマザーボードに交換!

約一ヶ月前に自作PCのCPUとマザーボードを交換した記事を遅ればせながらアップしました。実際に作業を行った日を投稿日としていますので、こちらにリンクを張らせていただきます。

記事は、こちらをクリック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山が、やっぱり大変なことになっている

富士山が、やっぱり言った通りの大変なことになっている。世界遺産登録で軽い気持ちで富士山に登ろうとする弾丸登山で高山病にかかる人が急増している。自力で下山できなくなった人を担架で下ろすと、山の救護所への交代要員などを含めて10人の人手がかかるらしい。

Fujitozan

日本は「自己責任」の取らせ方が甘すぎるから、「自己責任=自分に起きた被害については人のせいにできない」ということと勘違いしている人が多いが、「自分が責任を負う」ということは、「自分の行動によって、自分が発生させた費用や損害についても自分が責任を負う」ということであるべきだ。

装備や体調に関して必要な注意を払わず、自分の行動によって人に迷惑をかけ、社会的コストをかけたら、その費用は本人に負担させるべきだろう。ましてや登山は任意の「娯楽」である。火事や天変地異などの不可抗力による不慮の事故とは異なる。国や自治体や行政が負担すべきではない。娯楽で過ちを犯した人のために、なぜ関係ない人が払った税金が使われなければならないのか。

この写真の先頭で担架を引いている男性には、"POLICE"と書いてある。警察官だから、当然民間人には費用の請求はできない。しかし、救急車がタクシーではないのと同じように、警察官はボディガードではない。法律を改正して費用請求できるようにするか、そうでなければ救助はすべて有料の民間委託とし、「万が一救助が必要になった場合、一切の費用を負担させる」ということを宣言し、誓約書を書かせれば、お気楽な登山者も減るだろう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

今秋公開予定のダイアナ妃のドキュメンタリー映画

先日ご紹介したEbert.comの有料会員になると、わずか年間20ドルで、これから公開される映画の情報の予告編などのリンクが貼り付けられたメルマガが送られてきます。今日届いたメルマガで注目なのは、ナオミ・ワッツ主演のダイアナ妃のドキュメンタリー映画

この予告編の最後に、"Only in Cinemas"と出てきます。ということはビデオ化はされず、映画館の上映のみなのかもしれません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

アメリカで最も信頼されている映画評論サイト

私が最も、というより唯一信頼している映画の情報源は、辛口映画評論家Roger Ebertが設立したrogerebert.com。彼自身は今年の4月にガンでこの世を去ったけれど、今は彼が信頼していたライター達が執筆しています。

Rogerebert

ハリウッド映画はアメリカの方が半年くらい早く公開されることが多いので、アメリカのAmazon.comからブルーレイを買う時や、映画館で観る時の参考にしています。必ずしもすべて意見が一致するわけではないけれど、ここに書かれている内容を参考にして、自分だったらこういう映画は好きか嫌いかの判断はつきます。

Pacificrim

昨日公開日に観たPacific Rimは菊地凛子が主演だということも知らないで、何の予備知識も先入観もなく観たら大変楽しめたのですが、後でここの評価を見たらやはり高評価でした。

映画の設定は荒唐無稽でその気になれば突っ込みどころ満載だけど、そんなことを気にさせないくらい圧倒的な映像のド迫力と、登場人物たちに感情移入させるストーリー作りのうまさは、さすがハリウッド映画。この作品は、ビデオに出るまで待つ、なんていうケチくさいことは言わずに、ぜひ映画館で、しかも3Dで観るべきです。

初期の3D映画は、観客に向かってものが飛んでくる、というようなこれ見よがしの映像が多かったですが、最近の作品はあくまでも自然な立体感や空間の奥行きを表現するようにしているので、疲れないし好感が持てます。この作品の中で一カ所、高所での建設作業の場面があるのですが、自分は高所恐怖症ではないのですが、足がすくむくらいリアルでした。

Worldwarz

一方、本日公開のWorld War Zは観ようかどうか迷っていたけれど、このサイトでの低評価を読んで、観るのはやめました。ホラー映画は大好きで、特にゾンビ映画はたいてい観るのですが、この作品の予告編を見てもなんかピンとこないと思っていたら、評価を読んでわかりました。

ホラー映画は、トップスターと金と物量作戦ではいい作品ができるわけではない、ということです。むしろ低予算の中で必死に工夫されて作られた作品の方が面白いことが多いです。一説によると、当初170億円の制作費予算が400億円という史上最大規模に膨れあがったこの作品、興行成績は映画史上最大の失敗になるのではないかと言われています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

世界で愛される日本の道具:KEIBAの工具

先日「和風総本家」で、世界の職人に愛される日本の道具として紹介されていた、新潟県のマルト長谷川工作所の「KEIBA」ブランドの工具を購入しました。試し切りをしてみると、確かにはるかに軽い力で針金などが切れます。

Keiba

こちらで購入できます:
工具のお店i-TOOLS(アイツール)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

「終戦のエンペラー」とセットで見るべき2本の映画

Emperor

昨年暮れからこの「終戦のエンペラー」が制作中のことを知っていたので、公開を楽しみにしていました。これまで、戦局に関する映画は日米双方から数多くの作品が制作されていますが、終戦処理に関するアメリカからの映画は初めてだからです。

映画が始まってすぐ、東京大空襲で焼け野原になった東京が何度も映し出されます。これを見た西洋人は、驚くと思います。西洋人の99%は、東京大空襲のことを知らないので、「東京には原爆を落とさなかったはずなのに」と思うはずです。しかし実は広島原爆の14万人、長崎原爆の7万人に匹敵する10万人の民間人の命を、アメリカは東京大空襲の無差別爆撃で奪ったという事実をこの映画ははっきりと言っており、それを世界に知ってもらうだけでも価値があると思います。

アメリカ人が大騒ぎする真珠湾攻撃の死者は2,400人、そのうち民間人はわずか68人です。9.11の同時多発テロでも死者は3,000人。アメリカは、本土を攻撃されたことがほとんどないから数千人の死者でも大騒ぎするけれど、一つの都市がほとんど丸ごと壊滅させられて、10万人もの死体がそこら中に転がっているということがどれだけ悲惨なことなのか想像もできないと思います。

Japan_rubble1

この映画は、マッカーサーから任務を受けて、10日間で戦争責任者を探し出し、その中でも特に昭和天皇の戦争に関する役割と責任を決定するという任務を受けたボナー・フェラーズ准将の苦悩を描いています。その苦悩とは、日本に対する復讐の象徴として天皇を処刑すべきだという米国のみならずロシアや英国からの圧力に対して、本当に責任を問うべきか、そうすることがその後の日本の復興と占領政策にとって正しいのか、という極めて難しい判断を限られた時間の中で下さなければならないわけです。

フェラーズは実在の親日家の軍人で、日本人女性とのラブストーリーはフィクションだけど、それ以外は概ね史実に基づいています。フェラーズが至った結論は、戦争を誰が起こしたかはわからない。しかし、戦争を強い意志で止めたのはまぎれもなく天皇である、ということ。昭和天皇が戦争を指示はしなかったものの、それを容認し、止めなかったということで戦争責任を問う見方はあっても、軍部の反対を押し切って戦争を終わらせたのは天皇であったということは多くの史実が証明しています。後に述べる宮城事件などはその最たるものです。

フェラーズの報告を受けたマッカーサーは、もし天皇が処罰・処刑されるようなことがあったら、日本人は各地でゲリラ的抵抗を起こし、あと100万人の兵力を補給しなければならないので天皇の戦争責任を問わないように連合軍を説得しました。

Macarthur_emperorしかし私がこの映画で最も注目していたのは、昭和天皇とマッカーサーの会談で、どのような会話が交わされたのか、そこをどう描くのか、ということでした。

マッカーサーの、天皇は命乞いをするかもしれないという予想を裏切り、天皇は「戦争の一切の責任は自分にあり、自分は極刑になってもかまわない。しかし日本国民の衣食住だけは確保していただきたい」とマッカーサーに懇願しました。ここまでは映画で描かれていました。

これはどれだけ信憑性があるのかわかりませんが、一説によると、この天皇の言葉を聞いたマッカーサーは、直立不動で天皇の前に立ち、 「天皇とはこのようなものでありましたか!私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」と言ったという。それからマッカーサーは、日本国民の数を水増しして、米国から食糧を余分に確保したという。この部分に関しては史実の確認が取れなかったのか、それともアメリカの視点から描くことが不適切と思われたのかはわかりませんが、映画では全く描かれていませんでした。

この会談の内容に関しては、日米双方において公開されている正式な記録は存在しません。唯一あるのは、マッカーサー自身の回顧録で、そこにはこう書いてあります:

(天皇の発言は)私に強烈な印象を与えた。死を意味する勇気のある責任の表明は、私を骨の髄まで感動させた。その瞬間、私の目の前にいるのは、日本で最高の紳士であるということを悟った。

しかし残念ながらこの映画では、そこまでマッカーサーが感動していた、というような印象は与えませんでした。この映画は、概ね日本人を正しく描いた公平な作品だと感じましたが、ここの部分に関しては、そこまで天皇を美化するような描き方はできず、あえて言えばこれがアメリカ映画の限界、ということかもしれません。

ところで、この映画ではさらっとしか触れられていない「宮城(きゅうじょう)事件」のことを知っている人は意外に多くないと思います。1945年8月14日の御前会議でポツダム宣言を受託して降伏することが決まり、翌日正午に天皇による終戦放送があることを知り、本土決戦なしに降伏することを承服できない陸軍の青年将校たちが煽動し、約千人の軍人が、それの録音盤を奪取して終戦を阻止すべく皇居、NHK、首相官邸を襲撃して何人もの死者を出したクーデター未遂事件です。

「終戦のエンペラー」がきっかけで、この事件のことをもっと詳しく知りたくなり、降伏を決定した御前会議から終戦放送までの24時間を描いた1967年の映画「日本のいちばん長い日」のDVDを購入しました。

Photo

この映画を一言で表すと、「軍部の狂気」。これだけ日本が打ちのめされているのに、まだ戦ってさらに尊い命を失うことを厭わない軍部。そのために日本人が日本人を殺す。この映画で一番印象に残った台詞は、終戦直前の8月12日に、「もうあと二千万、日本人の男子の半分を特攻に出す覚悟で戦えば、必ず、必ず勝てます!」と外相に言い放った海軍軍令部次長。どうしたらここまで理性を失うことができるのか、今の私たちには到底理解することができない。白黒で2時間38分の長い映画ですが、息もつかせない作品でした。

「日本のいちばん長い日」が終戦の時を描いた映画だとすると、「激動の昭和史・軍閥」(1970、カラー、134分)は、2.26事件から軍部の台頭、それによる米国からの経済封鎖から太平洋戦争へ突き進んで行く開戦の歴史を東条英機を中心に描いています。

Photo_2

さて、この映画でも、「終戦のエンペラー」でもキーポイントとなるいくつかの場面が登場します。陸海軍が合同で作った、日米開戦計画とも言える「帝国国策遂行要領」が1941年9月6日に御前会議に提出された時に、天皇陛下は初めて発言され、外交交渉による平和的解決を望むという意思を短歌を詠むことで表明しました。しかしながら軍部はこれを都合のいいように解釈し、外交交渉が成立しない場合のための開戦の準備を着々と進めます。

この映画で個人的に面白かった場面が、この開戦計画を海軍参謀総長と陸軍参謀総長が天皇に説明に行った時のやりとり:

天皇: 「万一外交交渉が破れ、日米の戦争が起きた場合、この戦争はどのくらいの期間で終結できる確信があるのか」
陸軍参謀総長: 「3ヶ月で片付けるつもりです」
天皇: 「(おまえは)支那事変を始めた時、一ヶ月で片付けると言ったが、4年たっても片付いていないではないか」
陸軍参謀総長: 「支那は何分にも奥地の広い地域でありますので・・・」
天皇: 「支那の奥地が広いと言うなら太平洋はそれよりも広いではないか。どういう確信があって3ヶ月と申せるのか」
・・・まるで会社の上司と使えない部下のやりとりである。参謀総長がこの程度だから、無謀な戦争に突入して惨敗したことも必然だったと言える。

もう一つ興味深いのは、当初は戦争をしたくて仕方がなかった東条英機が、総理になると、天皇陛下の意向を受けて何とか戦争を回避する道を必死に模索します。しかし結局陸軍を支那から撤兵させることができないため外交交渉は進まず、日本は戦争への不幸にして避けられない道を歩んで行くわけです。この時、もし東条英機が強権を発動して陸軍を支那から引き揚げていたらどうなったか、太平洋戦争は避けられたかもしれないと考えると残念でなりません。

そして一旦戦争が始まると、東条英機は首相、陸軍大臣、参謀総長の3役を兼任して独裁力を強め、戦局がどんなに悪くなってもそれから目をそむけ、勝利を信じて戦いを続け、国民の犠牲を拡大していくわけです。東京裁判が不当だったという見方も多いですが、東条が、その遺言の中で、「自分は国際的には無罪だが、国民に対しては有罪だ」というようなことを書いていますが、その通りでしょう。

にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想
にほんブログ村 トラコミュ 外国映画、洋画へ
外国映画、洋画

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

続きを読む "「終戦のエンペラー」とセットで見るべき2本の映画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »