« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の4件の記事

2013年7月26日 (金)

銀行に顧客視点の企業努力というものはあるのか

以前、このブログで「日本で最も顧客満足度の低いサービス業はタクシー」だということを書いた。最近、その顧客満足度の低いサービスに、銀行が加わった。銀行口座は、30年前に社会人になった時に会社のメインバンクであった三井住友銀行をずっと利用している。ほとんどの人は口座振替などを変えるのは面倒だから、よほどの理由がない限り、銀行を変えることはないだろう。

今月、個人事業の会社を設立した。それに伴い、法人の銀行口座を作るべく、支店は異なるが個人口座がある最寄りの三井住友銀行へ行った。

まず、提出させられる書類の種類が半端ない:

1)履歴事項全部証明書(会社の登記謄本)
2)法人の印鑑証明書
3)本人確認のための運転免許証など
4)税務署に提出した「法人設立届出書」
5)会社の定款
6)株主名簿・設立趣意書・設立時の貸借対照表の3点、または税務署に提出した「給与支払事務所等の開設届出書」
(4~6に関しては、原本とコピーを持参しなければならない。コピーくらいそっちで取れと言いたいが)

最近は詐欺防止のために、口座開設手続きを厳格化するよう警察庁からの要請があるとのことだが、必要書類は銀行ごとに異なる。ちなみに、他の銀行や信用金庫では1~3まででよいところもあったが、これはよしとしよう。

さて、これらの書類を持参して、審査に入り、口座設立の準備が整ったと連絡があったのは8日後。手続きには、上記の1~6の書類を再度全部持参しなければならない。なぜ本人確認書類だけではいけないのか理解不能だが。準備が整ったと言うから、届出印を押せばすぐ通帳とキャッシュカードがもらえるかと思いきや、通帳を作るのにまた窓口で30分以上待たされる。準備が整って来店しろと言うなら、通帳くらい予め作成しておくべきだろう。

しかも、キャッシュカードはその場ではもらえず、10日後にまた窓口に引き取りに来なければならないと言う。しかも、用意ができても銀行の方からは連絡しないので、10日たったらこちらから銀行に確認しろとのこと。どういう言い草だ。

さらに、申込時にネットバンキングも申し込んだのだが、それは窓口では手続きができず、この時にもらった申込書を別途郵送しなければならず、これでまた2週間くらいかかるらしい。しかもこのネットバンキング、有料のくせに10年前のようなユーザーインターフェースですこぶる使い勝手が悪い。

結局、まともに口座が使えるようになるには、3週間もかかることになる。アメリカで起業した友人にこの話しをしたら呆れかえっていて、アメリカだったら法人設立した証明書があれば、その場で口座も作れるしネットバンキングも利用開始できると教えてくれた。

なぜこんなに手続きが煩雑で、時間がかかるのか。本当にこれだけ時間をかけて、これだけ客に手間をかけていいと思っているのか。いや、それでいいと思っているから、旧態依然とした非効率な紙ベースの業務のままにしているのだろう。全く顧客視点が欠けている。セキュリティを確保しながら、ITを活用して手続きを一日でも短くし、ワンストップですべての手続きができるような仕組みを作る企業努力を、本気でやっているとは思えない。「新しい日本が動いている」が聞いて呆れる。

Smbc460x116

そもそも都市銀行のサービスはどこでもほとんど同じだし、前述のように面倒だから銀行を乗り換える人はほとんどいないから、客は基本的にcaptive(囚われの身)である。釣った魚に餌をやる必要はない訳だ。銀行法では、窓口は3時まで営業しなければならないという決まりはあるが、3時以降営業してはならないという決まりはない。だから、銀行は横並びで最低限のことしかやらない。これは銀行業界の、企業努力と競争の欠如の象徴だと思う。

にほんブログ村 トラコミュ 銀行へ
銀行
にほんブログ村 トラコミュ 8316:三井住友フィナンシャルグループへ
8316:三井住友フィナンシャルグループ
にほんブログ村 トラコミュ 起業、創業、開業、独立へ
起業、創業、開業、独立

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

最新鋭のIntel CPUとマザーボードに交換!

約3年前に、初めてPCを自作しました(こちら)。その時はAMDの最高峰のCPUを使ったのですが、性能優先だったのでTDP(熱設計電力)が125ワットと非常に高く、ゆえに熱を持つので部屋の温度は上がるしファンはいつも最大回転数で回っていたのでうるさくて仕方ありませんでした。

そこで今回、Windows8も出たことなので、思い切ってCPUとマザーボードごと交換することにしました。CPUは、Intelの最新アーキテクチャHaswellの最上位CPUのCore i7 4770ですが、末尾に「S」が付く低消費電力版で、TDPは約半分の65ワットです(約34,000円)。

Cpu_motherboard_fan

マザーボードはAsusのZ87-Pro(約22,000円)。WiFiが内蔵されているので、ノートPCのように直接無線LANにつながります。CPUのクーラーは、巨大なヒートシンクとファンが付いた、水冷式と並ぶ冷却性能と静寂性と週刊アスキーで評価されていたThermalright Silver Arrow SB-E Extreme(約9,000円)を選択。

これらを、従来のPCケース、電源、ドライブ類を流用して組み込んだ姿がこちら。
Assembled

以前はRadeonの最高峰のグラフィックボードを使っていたのですが、今回のIntelのチップセットに内蔵のグラフィックチップはかなり性能がいいとのことで、とりあえずグラボはなしで組み込み。PCゲームをやるわけではないので、これで不都合がなければこのままで行くつもりです。

OSも新たにWindows 8 Pro 64Bitをインストールし、何の問題なく起動しました。これが以前の環境との性能比較です。

Windows_experience_comparison

グラボがない分グラフィック性能は落ちていますが、プロセッサの能力は、消費電力が125W→65Wとほぼ半減しているのに、性能は7.4→8.0と上昇しています。しかも、強力なCPUクーラーのおかげもあってほぼ無音になり、以前とは雲泥の差です。CPUがきちんとクーラーで冷却され、あまり発熱していなければPCケースに搭載されているファン(4個あります)の速度も低くなるので、二重に効いてくるわけです。

OSを入れても約8万円で、最新鋭のPCに生まれ変わりました。燃費が半分で、馬力が上がり、静かになったクルマのようなものです。このように取り替えたい部品だけを選んで交換できるところが、自作PCの醍醐味です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
ブログランキングに一票を!クリックするとランキングが見れます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

「閉」ボタンに見る、日本人のエレベーターマナーの悪さ

先日乗り込んだエレベーターの、このボタン周辺の減り具合を見てあらためて思ったこと。日本人は、本当によく「閉」ボタンを押す。ハコに先に乗り込んだ人が、明らかに後ろから人が来る気配がしていても、すぐに「閉」ボタンを押す。

Elevator_2

アメリカでは「閉」ボタンを押している人を見たことがない。むしろ、エレベーターに先に乗り込んだ人は、「開」ボタンを押して、誰も来ないことを確認してからボタンから指を離し、自然に扉が閉じるのを待つ方が普通である。だから、アメリカだったらこの減り具合は逆だと思う。自分も日本でもなるべくそうしているし、よほど後から誰もこないことが明かな場合以外は「閉」ボタンは押さない。

もう一つよくエレベーターマナーの悪さを感じるのは、ハコから先に下りる人がいた時、残っている人が、「閉」ボタンに指をあてておいて、その人がドアを通る瞬間に押す人。下手すると、まだ下りる人がいるのに扉が閉じかかってしまうこともある。それも、静かにボタンを押すならまだいいが、下りて行く人に聞こえるくらいの音でバシバシ連打する輩もいる。あたかも「早く下りろよ、おら」とも言いたげに。こういうことをする人がいると、下りる人も同乗している人も荒んだ気持ちになる。

「慌てる乞食はもらいが少ない」と言うが、こういうことをやる人は、圧倒的に男性が多く、大体が身なりも二流三流の社会人だ。こういう人は、他人のためには、ほんのコンマ数秒でも惜しむ。そのくせ、自分のためには人気のラーメンやスイーツには平気で30分も並んだりする。甚だ時間に対するバランス感覚が悪い。

日本の人口密度の高さが、人をイライラさせ、せっかちにさせているという側面はあるかと思う。しかし、だからこそ、その中でも他人への思いやりや心のゆとりを持たなければ、社会的に成功することはむずかしいと思う。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

このままでは富士山が大変なことになる

先日、このブログで富士山の世界遺産登録に苦言を呈した(記事はこちら)。登録を勝ち取ることが目的化してしまって、肝心の名勝を保全するという実効的な管理体制がまるでないというのがその理由だ。

今日、富士山の山開きで、テレビ各局はこぞって富士山の取材をしていた。義務づけられているはずの登山計画を提出しないで登山する者、Tシャツに短パンにビーチサンダルという驚くべき軽装で登山しようとしても、注意する人もいない。予想される登山者増には到底対応できない山小屋やトイレの設備や医療救助体制。その一方、手放しで経済効果を期待する地元の人々。

先週、富士山の入山料を千円徴収するということが決まった。しかし期間限定で「任意の寄付」で、その使途も決まっていないという完全思考放棄状態。入山料を取る目的が、その資金で設備を充実させることだとしても、入山料を取ることで登山者を減らすことが目的だとしても、全く不十分だろう。

環境省の調査では、千円では入山者は4%しか減らないという結果が出ている。1万円で31%、2万円でやっと半減するらしい。世界遺産登録を機会に富士山に登ろうというお気軽な日本人が激増することを考えると、半減を狙ってちょうどいいくらいだろう。

富士山の世界遺産登録を、まるで受験戦争を勝ち抜いて大学に合格したとたん、勉強しなくなる日本の大学生のようにしてはならない。これからどうやってこの名勝を守っていくのか、文化庁と自治体で本気になって考え、緊急対策を打ち出さないと、富士山は高山病や怪我人とゴミと屎尿にまみれた「荒れた山」になってしまうだろう。

残念ながら日本は、もはや自己責任と性善説ではやっていけない国になってしまっていることを直視しなければならない。ルールを決め、指導し、守らせ、守らない者には厳罰を処するという仕組みが必要だ。現在の、ボランティアに毛が生えた程度の体制では不十分なことは火を見るより明らかだ。アメリカのNational Park Serviceのような、警察や医療の機能をも含めた、きちとんとした管理体制を日本でも導入する時期に来ているのではないかと思う。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »