« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の4件の記事

2012年10月24日 (水)

Kindle日本版発売で、米国版を使っていたユーザーはどうなる?

いよいよAmazon Kindleが日本でも発売になります。
Kindle_japan_460
Kindle Paperwhiteは12月2日、Kindle FireKindle Fire HDは12月19日から出荷開始ですが、明日からKindle Storeはオープンして電子書籍を購入することができます。端末が発売されるまでは、Kindle for PCや、iPhoneやAndroid用のアプリで先行して読むことができます。

アメリカのAmazon.comから初めてKindleを購入したのがちょうど3年前。その後、Kindle3、Kindle4と買い増してもう3台目です。ソニーのReader、楽天KOBOも持っていますが、ハードウェア的にもプラットフォーム的にもKindleが圧倒的に使いやすいので、日本進出は大変期待していました。

さて、これまで私はアメリカのAmazon.comのアカウントから、3年間で146冊の電子書籍を購入しています。アメリカのアカウントは、日本のAmazon.co.jpのものとは別物なので、これまでアメリカのアカウントで購入した書籍が、日本で購入したKindleでも読めるのかが気になるところでした。そこで、Amazonのサポートセンターに電話で質問してみました。その結果をご紹介します。

one これまでアメリカから購入したKindleの端末では、日本のコンテンツは読めない。
従来、アメリカで販売していたKindle端末にはInternational Versionが存在し、それは日本の居住者も注文し、日本に輸入することが可能でした。しかし、日本のAmazon.co.jpが販売するコンテンツはPaperwhite, Fire, Fire HDのみが対応していて、アメリカで販売されているこれらの最新型の端末にはInternational Versionが存在しないので、日本の居住者は購入することができません。アメリカの居住者がこれらの最新型の端末をアメリカで購入して、後述の日米のアカウントを統合すれば利用することは理論的には可能ですが、一般の日本の居住者には現実的ではないと思います。

two これまでアメリカから購入したKindle Book(コンテンツ)は、アメリカと日本のアカウントを統合すれば、日本で購入したKindleの端末で読むことができる

three ただし、アカウントを統合すると、今後Kindle Bookはアメリカか日本のどちらか一方からしか購入することができない。
おそらく日本のKindle Storeからはアメリカのコンテンツは買うことができるが、その逆はないだろうから、日本語と英語の両方のコンテンツを読みたければ、必然的に日本のアカウントに統合するという選択になるだろう。ただし、日本のKindle Storeから、アメリカで購入できるすべてのコンテンツが入手できるかどうかは疑問で、売れ筋や最新の本に限られ、新聞や雑誌はおそらく購入できないのではないだろうか。

結論を言うと、一台の端末で日米のコンテンツを読みたければ、日本で新しくKindleを購入してアカウントを統合するしか選択肢はない。ただし、私のように洋書を読む比率の方が高い人は、これまで購入した書籍は読めたとしても、今後欲しい洋書がKindleで読めなくなる可能性がある。

という訳で、私はしばらくアカウントは統合せず、英語のコンテンツは従来通りアメリカから購入したKindleで、日本語のコンテンツは日本で購入したKindleで読むということにするつもりです。外出先で読みたい本を切り替える必然性はそれほどないので、これでもそれほど不自由はないと思っています。

ただし残念なのは、最新のKindle PaperwhiteもKindle Fire/HDも、日本の居住者はアメリカから購入できない状態になっているので、この方法を取った場合は、英語のコンテンツは一世代前の端末でしか読むことができないということです。悩ましい。

また、KindleにはPC、iPhone、iPad、Androidのアプリがあり、これらを利用する場合は、アカウントを統合せずに日米のアカウントに同じメールアドレスを使っていると、どちらか一方のコンテンツしか閲覧できない、という報告もあるので、別のメールアドレスを設定する必要がありそうです。

しかし仮にそうしたとしても、日米を切り替える場合は、いちいちログアウト&ログインしなければならないので、端末ごとにアカウントを使い分けた方がいいかもしれません。私の場合は、iPhoneはアメリカのアカウント、Androidは日本のアカウントという風に使い分けています。


「電子書籍」のカテゴリーを新設しました。このブログの電子書籍関係の記事の一覧は、こちら


にほんブログ村 トラコミュ kindleへ
kindle

にほんブログ村 トラコミュ 電子書籍あれこれへ
電子書籍あれこれ
にほんブログ村 トラコミュ 電子書籍(eBook)の出版へ
電子書籍(eBook)の出版

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

福岡市カワイイ区の篠田麻里子区長から、特別住民票が届きました

福岡市の行政区のカワイイ区の篠田麻里子区長から、特別住民票が届きました。なんのこっちゃ、と思っている方は、こちらへ。

Kawaiiku_717x1024_2

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

全日本模型ホビーショーに行ってきました。

幕張メッセで開催されていた、「全日本模型ホビーショー」に行ってきました。そこで気になったものをご紹介します。なお、チョロQ関係は、兄弟ブログの方で紹介していますので、ご興味のある方は、こちらへ。

話題のオスプレイも、プラモデルになっていました。東京マルイも、ラジコンを開発中で近日発売と書いてありました。
Osprey_3

これは全長41センチもある1/5スケールの東京マルイのラジコンバイク。実走動画も流していましたが、ライダーがハングオンしてリアルでした。昔、自宅近くにラジコンサーキットがあった頃は1/10の電動ラジコンカーにはまっていたので、これはちょっと遊んでみたい。
Streetracer_3

カメラ付きのラジコンヘリ。自分の家を空から撮影してみたい。
Cameracoptor

来年発売予定の、バイオハザード6とコラボのエアガン。
Biohazardgun

年代的に、やはりウルトラマン関係には惹かれます(ハセガワ)。
Ultramanjet_3

Ultramancar_3

これはハセガワからプラモデルではなく完成品として発売予定の1/12のCB1300の白バイ。
Cb1300px

この「ドクターヘリ」のテレビドラマ、ミスチルの主題歌といい、ストーリーといい、個人的に大好きな比嘉愛未と新垣結衣という二人の女優といい、大好きでした(DVD BOXも持っています)。
Doctorheli

これもハセガワから出ている「たまごひこーき」シリーズのプラモデル。チョロQもそうだけれど、こういうデフォルメされた模型にはなぜか惹かれます。
Tamagohikoki

Tamagohikoki2

これは「車窓満喫」というシリーズのスマホスタンド。写真ではわかりにくいですが、電車の窓の部分にスマホを装着して景色として流すというもの。
Shasou

以降はフィギュア関係
Tetsudomusume

Evangelion

Spacepilots

Humanoidmiim

これは京商が最近発売した、1/43スケールのスロットカー「DSLOT43」。スロットカーは1/32が主流ですが、それをミニカーで主流の1/43にしたもの。我が家には1/32のトラックもあるのですが、DSLOT43は小さくした割には、トラックの幅が広く、あまり敷設する面積は変わらないような気もします。
Dslot

最後は買ったものを二つ。このAIRTEX社のエアブラシは、アルミ製で軽く使いやすそうで3割引だったので購入しました(0.5ミリノズル10,500円→7,350円)。
Airbrush

そしてなんとこんなものも。男性の生殖・泌尿器官の1/2人体模型です(2,000円)。早速組み立ててみたのですが、膀胱と前立腺と精管と睾丸の関係が初めてよくわかりました。こういうものは平面図より立体の方が断然わかりやすです。他にも色々な種類があります(こちら)。
AnatomyAnatomyleft

ところで、タミヤは最大のブースを構えていたのですが、特に目新しいものも惹かれるものもなかったので、気が付いたら一枚も写真を撮っていませんでした。プラモデルに関しては圧倒的にハセガワの方が魅力的で、動く模型系は京商や東京マルイの方が面白かったです。模型は「わくわく感」がないとダメです。王者は守りに入ったかな、という感じです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

続きを読む "全日本模型ホビーショーに行ってきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

逆効果だと思う田中真紀子のスタンドプレー

マスコミは腰ぬけでこういうことは書けないので書かせてもらう。

山中教授のノーベル賞受賞記者会見の場に電話を用意させ、マスコミが取材する会見の真っ最中に電話を取らせてお祝いの言葉をかけた新任の文部科学大臣の田中真紀子。野田総理ですら、会見前に携帯電話にかけたのに、である。

それまで自分が大臣として支援してきたならいざしらず、就任したての大臣が他人の功績に便乗して自分のイメージアップに利用しようとしている、厚かましい、と感じたのは私だけではないだろう。前日に研究所を視察したというのも、タイミング的に受賞を予想してのお膳立てというのが見え見えだ。

本当にお祝いを言いたいなら個人的に電話すればよく、何もマスコミがいる前で演出する必要はない。記者会見に「乱入」することが大臣としての「権利」とでも思っているのか。世論調査では田中真紀子の大臣任命を56%の国民が「評価しない」としているから必死なのもわかるが、こんなことをやってイメージアップにつながると思っていることが浅墓だし、自己中心的で下品だ。

ちょうどこんな本の広告を日経で見た後だったので、「これは正に田中真紀子のことだ」と思った次第。もっとも、日本の政治家のほとんどはこれに当てはまる気もするが。

68083_515480001809225_2103320227_n

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »