« サイクルフィットネススタジオFeel Cycle | トップページ | ソニーのRX100は究極のコンデジ! »

2012年6月20日 (水)

横45度の、「親和の空間」

今日受けたビジネスセミナーで、ためになった話し。1対1で人と話す場合、正面に相対すると緊張感が生まれるけれど、横45度の「親和の空間」を作ると、親近感が生まれる。実際にロールプレイングでやってみると、その違いは一目瞭然でした。
460

講師によると、生命保険のダントツトップセールスレディの秘訣が、これだった。生保のパンフレットを、わざと1部しか持たないで、「申し訳ありません、一部しかないので横に座ってご説明させていただいてもよろしいですか?」などと言ってちょっと角度をつけてお客様の隣に座って説明すると、正面に座ってそれぞれパンフレットを見ながら説明する時と比べて成約率が何倍にも上がったとのことです。

普通のビジネスの営業でこれをやるのは難しいけれど、部下と話す時には工夫すればできると思います。「上司が座っている部下の背後から来る」というのは最悪のパターンなので、それは避けなければなりません。

実は今週、1体1のビジネス会食が2件あったので、これを利用させてもらいました。あえて横45度に近い角度に座れる席を予約したら、お互いにリラックスして話すことができたと思います。

当然、デートにも利用できますね。特に、まだ親しくない間は、正面に座る店よりも、カウンターか、テーブル席で90度に座れる店がいいですね。理想は、下の写真のようなアーチ型の席で、これだと真横でも90度でもなく、45度の角度で座れるので最も親近感が生まれると思います。
Lawrys_2
(上の写真は、個人的に大好きな、溜池山王のLawry's The Prime Rib Tokyo

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« サイクルフィットネススタジオFeel Cycle | トップページ | ソニーのRX100は究極のコンデジ! »

☆ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/55084188

この記事へのトラックバック一覧です: 横45度の、「親和の空間」:

« サイクルフィットネススタジオFeel Cycle | トップページ | ソニーのRX100は究極のコンデジ! »