« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の4件の記事

2012年6月24日 (日)

写真家・米美知子先生と日光・赤城山でクリンソウ・レンゲツツジを撮影

米美知子先生は風景写真の中でも「ネイチャーフォト」の専門家(すなわち風景でも人造物は一切撮りません)で、「夢のある表情豊かな作品」をテーマに日本の森と色彩美を撮り続けています。29歳の時に独学で写真を始め、2004年頃から数々の賞を受賞し、今では数多くのメディアに寄稿、執筆、審査するとともに、アマチュアの指導にも力を入れています。
Brochure

米先生は美人でチャーミングで大変センスがよくて、特に写真のタイトルの付け方が抜群にうまいのです。「写真の素敵なタイトルの付け方」という本を出版された時のセミナーを紹介した記事(こちら)を4年半前に書いたのですが、その記事は未だにこのブログの記事アクセスランキングのトップを独走し続けています(検索サイトで、「写真 タイトル」で検索すると、このブログが筆頭に出てくるようです)。

米先生の撮影ツアーは5年前から参加していて、今回が9回目です:

1) 2007年9月 志賀高原
2) 2008年7月 鳥海山
3) 2008年9月 奥日光
4) 2008年11月 城ヶ崎
5) 2009年9月 日光
6) 2010年5月 秋山郷
7) 2010年10月 野々海 秋山郷
8) 2011年10月 鳥海山

・・・意外にブログアップしていませんね(^_^;)

「風景写真の撮り方」というような書物には撮影技術のことばかり書いてありますが、自然が相手のネイチャーフォトというものは、実は勝負はカメラを構える前に半分は終わっているのです。撮影技術以前に、「どの季節の、何時頃に、どこで撮影するか」というロケハン次第で、いい作品が撮れるかどうかはかなり決まってしまいます。

米先生は一年の大半を一人で全国をクルマで回って撮影されているので、どの季節jにどこに行けばいい写真を撮れるかを熟知しています。しかも、一般の人が知らないような撮影スポットをピンポイントで案内してくれるのが、この撮影ツアーの最大の魅力なのです。ツアーに参加する人たちもほとんどが見慣れた顔の「常連」のベテランなので、特に先生から指導を受ける訳でもなく、ほとんどバスから下りたら出発時間まで勝手に好きなところで好きに撮影している、というスタイルです(もちろん、初心者がいれば丁寧に教えてくれますが)。

Equipment

今回は、これまでで最大の装備。中判フィルムカメラ1台(フジGA645Zi Professional)に、デジタル2台(Pentax K-5/フジX-Pro1)にレンズ7本(Pentax DA Fish-Eye 10-17mmF3.5-4.5ED/DA12-24mmF4ED/DA17-70mmF4AL SDM/DA50-200F4-5.6EDWR, フジXF18mmF2R/XF35mmF1.4R/XF60mmF2.4R Macro)。

今回の美人添乗員さんと米先生(iPhoneで逆光だったので低画質です)
In_bus_460x288

まずは千手が浜のクリンソウ
Imgp7078_1280x848
「川辺に咲いた乙女たち」
Pentax K-5 DA50-200F4-5.6EDWR(94mm相当) ISO400 F8 1/100 (+0.7EV)

Imgp7088_1280x848
「清流とのコーラス」
Pentax K-5 DA50-200F4-5.6EDWR (187mm相当)ISO800 F8 1/320 (+0.7EV)

Dscf6057_853x1280
「妖精の花壇」
Fuji X-Pro1 XF18mmF2R (27mm相当) ISO800 F11 1/105 (-0.3EV)

「東洋のナイアガラ」とも言われる、天然記念物の「吹割(ふきわれ)の滝
Imgp7124_1280x848
Pentax K-5 DA17-70mmF4AL (25mm相当)ISO200 F8 1/80 (+0.7EV)

Imgp7151_1280x848
Pentax K-5 DA17-70mmF4AL (45mm相当)ISO200 F8 1/60

Imgp7149_1280x848
Pentax K-5 DA17-70mmF4AL (87mm相当)ISO200 F8 1/60 (+0.3EV)

Imgp7176_1280x848
「巨岩の滝」
Pentax K-5 DA Fish-Eye 10-17mmF3.5-4.5ED (15mm相当)ISO200 F8 1/60

Imgp7185_1280x848
「衝流」
Pentax K-5 DA50-200F4-5.6EDWR(120mm相当) ISO800 F8 1/320

米先生の撮影ツアーは、二日目は「超」早朝撮影がお決まり。今回も、午前3時に出発して、赤城白樺牧場でレンゲツツジの撮影。ここでは残念ながらあまり満足がいく写真は撮れませんでした。
Bus_img_3833

Dscf6119_853x1280
Fuji X-Pro1 XF60mmF2.4R Macro (90mm相当)ISO800 F2.4 1/350 (+0.7EV)

朝食前にはもう1カ所、覚満淵でレンゲツツジの撮影。早朝ならではのいい霧が出ていました。
Imgp7260_1280x848
Pentax K-5 DA17-70mmF4AL (42mm相当)ISO200 F8 1/100 (+0.7EV)

Imgp7309_1280x848
「霧鏡」
Pentax K-5 DA50-200F4-5.6EDWR(120mm相当) ISO800 F8 1/160 (-0.3EV)

Imgp7321_1280x848
「夫婦(めおと)散歩」
Pentax K-5 DA50-200F4-5.6EDWR(120mm相当) ISO800 F8 1/160 (-0.3EV)

一端ホテルに戻り、朝食後にチェックアウトし、最後の撮影地は武尊(ほたか)牧場でレンゲツツジの撮影。ここはリフトで約25分、山の上に登ります。

Dsc00118_460x307
Dsc00138_460x318

Dscf6207_853x1280
「白樺のブーケ」
Fuji X-Pro1 XF18mmF2R (27mm相当) ISO800 F16 1/140 (-0.3EV)

Dscf6237_853x1280
「あふれる向上心」(レンゲツツジの花言葉)
Fuji X-Pro1 XF18mmF2R (27mm相当) ISO800 F16 1/480

Imgp7363_1280x848
「鮮やかさに包まれて」
Pentax K-5 DA Fish-Eye 10-17mmF3.5-4.5ED (15mm相当)ISO800 F16 1/1250 (-0.3EV)
これはレンゲツツジの木の間に頭を突っ込んで、地面に仰向けに寝転がって魚眼レンズで撮影しました。このように囲まれるように咲いているスポットを探すのにも苦労しましたが、自分の足が写らないように大股開きするのも大変でした。人から見られたら完全に不審者です。

この最後の花は、リフト乗り場の近くに咲いていたノルピナス。
Dscf6276_853x1280
「大きくなれよ」
Fuji X-Pro1 XF60mmF2.4R Macro (90mm相当)ISO800 F5.6 1/1400 (-0.3EV)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

ソニーのRX100は究極のコンデジ!

Rx100_mainvisual_index
ソニーの新型デジタルカメラDSC-RX100の発表を見て、久しぶりにソニーの「気合い」が伝わって来る、機能の凝縮感とカチッとした質感の高いデザインに「これは本物だ」と直感し、実物を見ずにカメラを買うことなどないのですが、予約して発売日にゲットしました。

このカメラは、サイズはコンパクトデジカメなのだけれど、ミラーレスに迫る1.0型大型2000万画素のイメージセンサーを搭載し、F1.8という明るいカール・ツァイスのレンズに最新の画像処理エンジンによる驚異的な解像感とノイズの少なさが魅力です。百聞は一見にしかずなので、まずはその画像をご覧ください(なお、すべて手持ち撮影で、三脚は使っていませんので、手ぶれのしにくさもわかるかと思います)。

Dsc00034_1280x853
ISO125 F5.6 1/160 最広角側(28ミリ相当)

Dsc00034crop100percent
前の画像の「ピクセル等倍」です。つまり前の画像のオリジナルサイズは5472x3648で、このブログに掲載するために1280x853に縮小しています。この画像は、5472x3648のうちの1280x853の部分を切り出しているので、縮小していない「実物大」の画像になります。

Dsc00041_1280x853
ISO125 F8 1/800 最望遠100ミリ相当

Dsc00041crop100percent
前のビルの画像のピクセル等倍

Dsc00135_1280x853
ISO800 F4.9 1/2000

Dsc00135_crop
前の山羊の画像のピクセル等倍

Dsc00009_1280x960
ISO125 F1.8 1/640 最広角側でF1.8の絞り開放で背景のボケを出してみました。コンデジだと決してこんな感じにはボケません。

Dsc00052_iso640_1_30sec_1280x960
ISO640 F1.8 1/30 最広角28ミリ相当
「プレミアムおまかせモード」(複数枚を重ね合わせて高画質化)で日本橋の麒麟の像を撮影。ノイズっぽさは皆無。

Dsc00054_iso800_1_50sec_1280x853
ISO800 F1.8 1/50 最広角28ミリ相当
これも「プレミアムおまかせモード」。このオレンジのタクシーのヘッドライトの色とボディの輝き、背景のビルのノイズのなさは特筆ものです。

Dsc00056_iso800_1_80sec_1280x853
SO800 F1.8 1/80 最広角28ミリ相当
これも「プレミアムおまかせモード」。暗いのに、このくっきり感は驚異的と言う他ない。前を歩いている男性のワイシャツのノイズ感のなさに注目。

重さも240グラムしかないので、全く苦なく毎日持ち歩けて、記念写真はもちろん、ちょっとした作品までも撮れる実力のあるカメラです。カジュアルユーザーだったら、このカメラが一台あれば、あとは何もいらないと思います。

なお、このカメラのレビューを価格.comに掲載したら、たった一日で50件の「参考になった」の投票をいただきました(こちら)。こんなことは初めてで、いかにこのカメラに注目している人が多いかを物語っていると思います。

ライカのX1という、このRX100の4倍もするカメラを愛用してきたのですが、サイズ・画質・汎用性を考えるともう出番がないので、手放すことにしました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

横45度の、「親和の空間」

今日受けたビジネスセミナーで、ためになった話し。1対1で人と話す場合、正面に相対すると緊張感が生まれるけれど、横45度の「親和の空間」を作ると、親近感が生まれる。実際にロールプレイングでやってみると、その違いは一目瞭然でした。
460

講師によると、生命保険のダントツトップセールスレディの秘訣が、これだった。生保のパンフレットを、わざと1部しか持たないで、「申し訳ありません、一部しかないので横に座ってご説明させていただいてもよろしいですか?」などと言ってちょっと角度をつけてお客様の隣に座って説明すると、正面に座ってそれぞれパンフレットを見ながら説明する時と比べて成約率が何倍にも上がったとのことです。

普通のビジネスの営業でこれをやるのは難しいけれど、部下と話す時には工夫すればできると思います。「上司が座っている部下の背後から来る」というのは最悪のパターンなので、それは避けなければなりません。

実は今週、1体1のビジネス会食が2件あったので、これを利用させてもらいました。あえて横45度に近い角度に座れる席を予約したら、お互いにリラックスして話すことができたと思います。

当然、デートにも利用できますね。特に、まだ親しくない間は、正面に座る店よりも、カウンターか、テーブル席で90度に座れる店がいいですね。理想は、下の写真のようなアーチ型の席で、これだと真横でも90度でもなく、45度の角度で座れるので最も親近感が生まれると思います。
Lawrys_2
(上の写真は、個人的に大好きな、溜池山王のLawry's The Prime Rib Tokyo

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

サイクルフィットネススタジオFeel Cycle

銀座5丁目のみゆき通りにオープンした、クラブ感覚(と言ってもホステスさんのいるクラブではありません)のサイクルフィットネススタジオ"Feel Cycle"。オープン初日の初回レッスンに体験で一番乗り。
Feel_cycle_opening

スタジオは暗めの照明で、大音量の音楽に合わせて楽しくペダリングしながらダンベルなど色々な運動をします。レッスンは45分。けっこうきついので、60分だと長すぎるのでちょうどいい感じです。

Feel_cycle_room_2

立ち漕ぎや引き足も使うので、本格的なビンディングシューズとペダルを使います。

Feel_cycle_shoes

実は、ここはさそりいのししが通っているホットヨガと同じ経営。ホットヨガよりは運動量も多いし、鍛える筋肉も違うので補完的だと思います。今、先着200名ですごくお得な入会キャンペーン中(月会費2ヶ月無料、通常月会費13,545円が永久に9,800円に割引)なので、早速会員になりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »