« ホットヨガの効果、継続中! | トップページ | タグ・ホイヤーの腕時計の電池交換に見るメーカーのこだわり »

2012年4月25日 (水)

Michael Franksのデジタル・リマスター高音質CD!

Michael_franks_cd

この画像を見てピンと来た人には説明無用でしょう。約35年前に発売された、言わずと知れたAOR (Adult Oriented Rock)の名盤中の名盤です。大学時代から2枚ともLPレコードの時代から所有していて、それこそ擦り切れるくらい聞き込んでいるのですが、これが初めてデジタル・リマスターされ、しかもSHM-CDという高音質CDで発売されるとなってはファンとしてはじっとしていられない。

2月上旬にタワーレコードから発売案内のメールが届き、即予約をしてすっかり忘れていた頃に届きました。

Sleeping_gypsy_xga
パッケージは無機質なプラスチックケースではなくて、昔のLPレコードのような紙ジャケット仕様になっています。

ところで、ご存じない方のために、「高音質CD」とは、「SHM-CD」や「Blu-spec」という名称で、携帯電話の液晶画面に使われる非常に透明度の高い樹脂や、BluRayに使われる高品質な材料を使うことによって、読み取り時のエラーやドロップアウトを防いで高音質を実現するものです。

デジタルの世界で、ディスクの材質というようなアナログな要素を変えて音が良くなるのかと最初は半信半疑だったのですが、これがびっくりするくらい違うのです。音の立ち上がりや、明瞭度が全然違うのです。

先日、あるエンジニアの方から聞いたところでは、音飛びをしないまでもCDプレーヤーは汚れや傷や材質に起因するデータの欠落に対して常にエラー補正をしており、エラー補正をすると回路の電圧がわずかながら下がるので、それが音質に悪影響を与えるとか。だから、電源もサーボも強固な何十万円もする高価なCDプレーヤーよりも、安価なプレーヤーの方が高音質CDの効果はあるらしいです。

最近、過去のCDがこの高音質CDで少しずつリイシューされているので、お気に入りのCDが高音質版で発売されていれば、少しづつ手持ちのCDを置き換えているところです。

このMichael FranksのCDに関しては、原盤から最新の技術でデジタル・リマスターもされているので、更に音質が良くなっていて、以前のCDと聴き比べてみると明らかに「音が前に出る」感じがします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« ホットヨガの効果、継続中! | トップページ | タグ・ホイヤーの腕時計の電池交換に見るメーカーのこだわり »

☆映画・音楽・アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/54560232

この記事へのトラックバック一覧です: Michael Franksのデジタル・リマスター高音質CD!:

« ホットヨガの効果、継続中! | トップページ | タグ・ホイヤーの腕時計の電池交換に見るメーカーのこだわり »