« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の5件の記事

2012年2月27日 (月)

「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」

アイルトン・セナのドキュメンタリー映画「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」が、英国アカデミー賞で、「ドキュメンタリー賞」と「編集賞」を受賞したことを知って、早速アマゾンでブルーレイを注文して、夫婦で観ました。評判通りよく出来た人間ドキュメンタリーで、特にF1に興味がない妻でも楽しめたようです。古い映像ばかりなので、最近のHDと比べると画質はひどいものですが、そんなことは全く気にならないコンテンツの力強さと編集のうまさがありました。

セナが1994年5月1日に34歳の若さで事故死した時、私は深夜のF1中継を生放送で観ていました。そして死亡の一報が流れたとき、熟睡していた妻を「セナが死んじゃった!」と意味もなく叩き起こしてしまったことを今でもはっきり覚えています。

Senna
【セナ全盛期のマクラーレン・ホンダMP4/6と、事故死した時に乗っていた忌々しいウィリアムズ・ルノーFW16。このマクラーレンは、カラーリングといい、マシンのフォルムといい、エンジンのサウンドといい、本当に美しかった。それをセナが運転するのだからたまらないわけです。】

最近のF1はドライバーの競争というよりはコンストラクターの競争で全く面白くないですが、セナの全盛期のF1は、本当に面白かった。セナのマシンの限界まで操る能力は飛び抜けていたし、人間的にもその謙虚さ、ストイックさは実に魅力的でした。

でも考えてみると、F1をつまらなくした元凶は、アクティブ・サスやトラクション・コントロールなどの電子制御を大々的に採用したウィリアムズ・ルノーだと思っています。さすがのセナを持ってしてもドライバーの力だけでは勝てなくなってしまったので、苦渋の選択でセナは愛していたマクラレーン・ホンダから移籍したわけです。しかし、その翌年には電子制御が禁止され、その対応に苦労していたウィリアムズのマシンはハンドリングが非常に不安定になり、それがセナの事故死につながったとも言えると思います。

ウィリアムズがなかったら、F1が最初から電子制御を禁止していたら、セナがマクラレーンから移籍していなかったら、前日の予選でラッツェンバーガー事故死してセナが落ち込んでいなかったら、衝突で飛散した部品があと数センチずれていたら、セナは死んでいなかったでしょう。この辺の一つ一つの「不幸の連鎖」がセナの死につながったところも、この映画ではよく描かれていると思います。

にほんブログ村 トラコミュ F1へ
F1

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

東京マラソンin Ginza with Pentax Q

ペンタックスQの「水彩画」のデジタルフィルターを使って、銀座で東京マラソンを撮ってみました。ほぼ最後尾だったので、コスプレなどをしてゆったりと走るランナーたちを捕らえることができました。

Imgp0219_1024

Imgp0267_1024

Imgp0265_1024

Imgp0263_1024

Imgp0258_1024

Imgp0254_1024

こちらは魚眼レンズのハイアングル
Imgp0269_1280x744

こちらは地面スレスレのローアングル
Imgp0275_1280x719

Imgp0273_1280x719

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

CP+に行ってきました

みなとみらいのパシフィコ横浜で開催されていたカメラと写真映像関係の見本市、CP+ (Camera & Photo Imaging Show)の最終日に行ってきました。今年の来場者は約6万5千人で、昨年の3割増し。

今年はニコンD800オリンパスOM-DフジフイルムX-Pro1ペンタックスK-01など新製品が目白押しで、実機お試しコーナーでは連日各社とも1時間を超える待ち時間もあったらしい。さそりいのししは行列が大嫌いなので、最終日の閉会2時間前に行きました。狙い通り、どれもせいぜい10分待ちでした。

Fuji_xpro1_catalog_752x1023さそりいのししは昔からニコンと相性が悪く、全く興味がないのでスルー。個人的に最も興味があるのは、フジのX-Pro1(スペシャルサイトは、こちら)だけど、これは先月ラスベガスのConsumer Electronics Showで実機に触れることができたので、今回はカタログをもらうだけに。

X-Pro1は、APS-Cセンサーを備えたフジ初の本格的レンズ交換式デジタルカメラ。独自の技術でローパスフィルターを省いているので、モアレを防ぎながらノイズが少なく解像度が高く、35ミリフルサイズに迫る(フジは「超える」と言っています)画質を実現できるのではないかと思います。こちらのサンプル画像を見ると、その凄さがわかります。

古くからのカメラ好きを泣かせるのが、ボディ上面のシャッタースピードダイヤルとレンズ銅鏡の絞りリングという組み合わせに加えて、最初に用意される、27/53/91ミリ相当の3本の単焦点交換レンズ。50ミリが標準レンズで、「ズームは邪道」と言われていた時代は、3本レンズを揃えるなら、28/50/90ミリというのが定番でした。このカメラは手に取った時に質感が非常によく、ファインダーの像の大きさと見え方が素晴らしかったです。

価格は、ボディが15万円、広角18mmF2が54,800円、標準35mmF1.4が54,800円、中望遠マクロの60mmF2.4が59,800円なので、これらを全部揃えると32万円くらいになります。

Pentax_k01
ペンタックスの一眼(K-5)愛用者としてはK-01は気になる存在でしたが、実際に手に取ると、かなりがっかりする製品と言わざるを得ませんでした。マーク・ニューソンのデザインや色遣いは個性的でいいのだけれど、この製品自体はあまり実用的ではない。なんでこんなにぶ厚いんだという極厚ボディは結構ずっしり重いしかさばる。ボディが厚い理由は、マウントが他社のようにミラーレス専用設計ではなくて、従来のKマウントのレンズをそのまま使えるようにしたため、フランジバックの確保のためだと思われます。

あえて新マウントとせずにKマウントでそのままミラーレスにしたということは、従来のペンタックスユーザーをターゲットにしていると思われるのですが、従来のペンタックスの一眼の最大の欠点をそのまま継承している点が残念と言う他はありません。それは、液晶モニターが固定式のため、ライブビューで風景撮影でローアングルやハイアングルで撮る時に苦労するという点です。

だからK-01に可倒式のマルチアングルモニターがあればサブカメラとしての価値があったのだけれど、それがなくてはあまり意味がありません。おそらく、ただでさえぶ厚いボディにマルチアングルモニターを追加したらさらに厚くなるため、採用しなかったのだと推察しますが、それでも付けるべきだったでしょう。

結果として、ペンタの一眼ユーザーにとっても魅力がなく、そうでないユーザーにとってはこの分厚いボディと固定式モニターというのは、他のミラーレスと比べて魅力に欠け、どう考えても商品企画の失敗です。一日でも早く、マルチアングルモニターを追加すべきでしょう。

Omd2
次はオリンパスOM-D。一見、ペンタプリズム付きの光学式ファインダーがあるようなデザインだけど、これはミラーレスなので電子ビューファインダー。マイクロフォーサーズ規格なので実物は思ったよりずっと小さく、往年のOMシリーズを彷彿とさせるデザインは秀逸。しかし、一見かっちりできているのだけれど、実際に手に取ると材質的・質感的にどことなく安っぽさというか頼りなさを感じてしまいました。

写真の新型ズームも、ズームリングを回す感触がザラザラしていて、安っぽくて気持ち悪い。電子ビューファインダーは、愛用しているフジのX-S1よりはダイナミックレンジは広そうだけど、視界はわずかに小さかった。

マイクロフォーサーズやオリンパスの愛用者には魅力的かもしれないけれど、個人的には他のフォーマットから乗り換えるほどの魅力はないと思いました。

Canon_pro1
プリンターで魅力的だったのが、このキャノンPro1。顔料インクなのだけれど光沢感があり、これまで見たインクジェットプリンターの中では文句なしにダントツの画質。このインクタンクの大きさも魅力。ただ、A3プリンターの中でも特に巨大で、重量も30キロ近くあるので、これを普通の家庭で置ける人は少ないでしょう。この同じ機能で、A4プリンターを作ってくれないかな、キャノンさん。A4の高画質プリンターはどこも作っていないから、売れると思うんだけどな。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

ミラーレスを「デジタル一眼」と呼ぶのはやめませんか?

CIPA(カメラ映像機器工業会)はレンズ交換式カメラを、「一眼レフ」と「ノンフレックス」(いわゆる、ミラーレス)に分けて集計することを発表しました。

そもそも「一眼」とは「一眼レフ」=Single Lens Reflexのことなのだから、反射鏡を使った光学式ファインダーがないカメラを、レンズが交換できるというだけで「一眼」と呼ぶのはおかしいわけだから当然のこと。

というわけで、ミラーレスを「デジタル一眼」と呼ぶのはそろそろやめませんか、ソニーさん、パナソニックさん、オリンパスさん。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

価格.comのレビューアーのベスト10入りしました!

約1年前から価格.comでカメラやPC、家電などの製品レビューをコツコツと書いているのですが、気が付いたら全レビューアー(おそらく10万人はいると思います)のランキングで9位になっていました。ランキングは、投稿したレビューの件数と、それを読んだ人が、「参考になった」とボタンを押して投票してくれた人数を独自のアルゴリズムポイント化して決まります。

Kakakucom_best9_3

たくさんレビューを投稿すればランキングは上がりますが、上の画像を見ていただければわかりますが、私の場合は1投稿当たりの支持人数が、他のトップ10レビューアーと比べても圧倒的に多く、「量よりも質」が特徴です。例えば1位の人の支持人数は私とほぼ同数ですが、その支持を得るために私の4倍弱の投稿数を要しています。

投票は、価格.comのIDを取得しているユーザーにしかできませんが、このブログの読者でIDをお持ちの方は、レビューをご覧になって参考になったら投票していただけると幸いです。さそりいのししのレビューのページは、こちら

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »