« ラスベガスCES | トップページ | Dolphin Taleのブルーレイが届きました »

2012年1月13日 (金)

Dolphin Tale (日本未公開映画)

Dolphin_tale_460x458

ラスベガスのCESからの出張返りのフライトの中で、"Dolphin Tale"という素晴らしい映画を観ました。 実話に基づいていて、映画に出演しているイルカは、実在の「本人」です。11才の引きこもり気味の少年が、尾ヒレを失ってしまったイルカと出会うことによって、 自分も周囲も変え、世の中を動かし、イルカも経営に瀕した水族館も救ってしまう。しかも、イルカの尾ヒレ用に開発した素材が、人間用の義肢にも活かされるという奇跡の物語。

「奇跡というのは、普通に考えれば絶対に起きない出来事が、そうなって欲しいと願う人間の強い意志で起きることです。奇跡は起きるから奇跡と言います。自分には無理だと諦めている人には、絶対起きません。」

これはある日本のドラマからの名セリフですが、まさに、そんなストーリーでした。

この映画にも名セリフがありました。兵役で脚に障害を負って人生に絶望してしまったオリンピック候補の水泳選手だった主人公の従兄弟に対して義肢の専門家の先生が放った言葉:

"Just because you're hurt, it doesn't mean you're broken."
「傷付いたからと言って、完全に壊れてしまったわけではないだろう。」

Cozi_zuehlsdorff予定調和でシンプルなストーリーだけど、感動せずにはいられない。アメリカ映画は、実話をベースに脚色してストーリーを作るのが本当にうまいなと感心します。主役の少年もいいのだけれど、子役の女の子(Cozi Zuehlsdorff)の可愛らしさと演技のうまさが主役を食っていました。この子、大物になる予感。

機内で他に観たい映画がなかったので、2回も観てしまいました。夫婦でもう一回観たいので、即アメリカのAmazonにブルーレイを注文しました。アメリカでは昨年9月に公開され、10月上旬には全米興行収入ランキングでトップになった映画ですが、残念ながら日本では未公開なので字幕版や吹替版はありません。大作ではない映画は一年以上遅れて日本に来ることもよくあるので、期待しましょう。

【予告編】

【メイキング映像】

【Discovery Newsのドキュメンタリー】

Inflightところで、今回は10年以上前のいささか時代遅れの機内システムで この映画を観ました。6インチの小さいスクリーンはVHS並の解像度でカラーバランスも崩れていました。CESで最新鋭のディスプレイ技術を見てきたばかりでしたが、不思議に画質の悪さなんかは全く気にならずに映画に没頭して感動し、2回も観てしまったということは、一体どういうことなんだろうと考えてしまいました。

そこで思い出したのが、小説を読んでから映画を観ると、ほとんどの場合、小説の方が娯楽体験として良かったと感じたことです。 ジョーズやジュラシックパークのようなスペクタクル的な映画でさえそうでした。画像の悪さや、画像が全く欠如していても、人間の想像力が補完して脳の中でイメージを膨らませてくれるからではないかと思います。もちろん、画質はいい方がいいに決まっていますが、やはり画質よりはコンテンツが重要なんだな、とあらためて感じました。 高画質でつまらないコンテンツよりは、低画質でも面白いコンテンツの方をほとんどの人は選ぶでしょう。

このブログの、「映画・音楽・アート」関係の記事をすべてご覧になるには、こちら

にほんブログ村 トラコミュ 外国映画、洋画へ
外国映画、洋画
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想
にほんブログ村 トラコミュ おすすめの映画へ
おすすめの映画
にほんブログ村 トラコミュ 新作映画へ
新作映画

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« ラスベガスCES | トップページ | Dolphin Taleのブルーレイが届きました »

☆映画・音楽・アート」カテゴリの記事

コメント

初めまして、さそりいのししさん。私もBMWのバイクに乗っているので、ブログを楽しく拝見させて頂いておりました。
先日、ANAでロンドンに行く機会がありました。なんと、Dolphin Taleが機内プログラムにあり思わず見てしまいました。字幕もあり、英語がそれほど堪能ではない私でも十分楽しむことができました。帰りのルフトハンザでも同様のプログラムがあったので、Star Allianceでは提供する映画だったのかもしれません。しかし、プログラムは2月で終了なので現在では見れないと思います。
久しぶりに映画で感動しました。さそりいのししさんの情報がなければ恐らく見なかったと思いますので、お礼をするためにコメントさせて頂きました。

投稿: おがわ | 2012年3月 8日 (木) 23:01

おがわさま

どうもありがとうございます。このようなコメントをいただくことが、ブログを書いていて一番嬉しいです。あまり頻繁に更新できませんが、今後ともお付き合いください。

さそりいのしし

投稿: さそりいのしし | 2012年3月 9日 (金) 00:52

私もこの映画観ました。
名古屋→バンコク路線で。
日本語吹き替えでしたよ。

娘にも見せたい!と思ったのですが日本では公開予定はないのですね…。
でも日本語吹き替えになってるから近々あるのかもしれませんね。

投稿: 犬のしょこたん | 2012年3月30日 (金) 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/53738574

この記事へのトラックバック一覧です: Dolphin Tale (日本未公開映画):

« ラスベガスCES | トップページ | Dolphin Taleのブルーレイが届きました »