« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の記事

2011年7月24日 (日)

伊豆大島に行ってきました

ここ3年間、毎年伊豆大島で開催されている国際セミナーに参加しています。今年も昨年に続き、講師として招かれ、国際企業間のコラボレーションに関して話しました。ここでは大島の風景を写真でご紹介します(クリックで拡大、「戻る」で記事に戻ります)。写真はすべてライカX1で撮影しています。

Jetfoil_front

時速80キロで航行する高速ジェット船だと1時間半の旅です。

Jetfoil_sheet

海面から浮いて航行するので、ほとんど揺れません。まるで新幹線に乗っているようで快適です。ただ、ずっとシートベルトを締めていなければならないので、デッキに出たりすることはできず、残念ながら「船の旅を楽しむ」という感じではありません。

大島の岡田港で迎えてくれたのは、なんとこの光岡自動車の「我流」。運転手さんによると、このクルマをタクシー登録しているのは関東ではこの1台だけとのこと(ちゃんと自動ドアになっていました)。
Garyu

海岸に誰かが置いた「がんばろう日本」の置き石。
Photo
文字の大きさは1.5メートルくらいの大きさがあるので、最初は石の近くにいたので全体で何と書いてあるのかわかりませんでした。「どうせ誰かの名前だろう」と思って、「が」から右の方へ歩いて行ったら、途中ではっとしてそんなことを考えた自分を恥じました。それから高台に上がってこの写真を撮りました。何人かの若者が、一生懸命石を並べた姿が目に浮かびます。粋なことをする人たちがいますね。

都会ではあまりこういう蝉の抜け殻は見かけなくなりました。
Semi

Ohshima_2伊豆大島は伊豆半島の先(南)にあると思っている人が多いようですが、実は意外に首都圏に近く、伊豆半島と房総半島の間、伊東と下田の間くらいに位置しています。

それでも夜は満天の星空です。都心のスモッグから少し離れただけで、この違いは大きいです。

Twightlight

ライカX1は36ミリ相当の準広角レンズですが、平らな面にカメラを上向きにおいて、ISO1600-3200で15秒~30秒で撮影したのが以下の3枚です。

Stars1

上のような星空でも十分きれいなのですが、何の変哲もない写真なのでアクセントを加えて遊んでみました。虫よけの電池式蚊取機「どこでもベープ」の暗めのLEDを、長時間露光中のレンズの前にさっと横切らせて撮った写真がこれです。

Stars2

もっと明るい、PETZLのちゃんとしたLEDライトを使うとSF映画っぽくなります:

Stars3

このように、ライトの種類や、レンズとの距離、横切らせる時間によって効果は色々と変わります。

にほんブログ村 トラコミュ 伊豆諸島が好きへ
伊豆諸島が好き

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

iPhoneとBlackberryをワイヤレス充電化

にほんブログ村 トラコミュ ワイヤレス充電へ
ワイヤレス充電

先月アメリカへの出張の際、Best Buyという米国最大手の家電量販店に行ったら、ワイヤレス充電のPowermatのシステムが大量に売られていたので、iPhone(3GS)とBlackberry用のキットを購入しました。ともに35ドルで、今のレートだとわずか3,000円程度です。

ワイヤレス充電(無接点充電)は、2つの隣接するコイルの片方に電流を流すと発生する磁束を媒介して隣接したもう片方に電力が発生する「電磁誘導方式」を利用してモバイル機器を充電するシステムです。

10年以上前から防水性が要求される電動歯ブラシなどには採用されていたので、技術的には新しいものではありません。しかし、モバイル機器用の「置くだけ充電」という手軽さに注目して汎用のシステムをいち早く広めたのがこのPowermat社です。

にほんブログ村 トラコミュ Black Berryへ
Black Berry

まずはBlackberry Curve用です。コースターほどの大きさのまっ平らな台の上に本体を置くと、磁石の力が働いてコイルが正しい位置になるよう導いてくれます。きちんと充電接続が確立すると、電子音が鳴るとともに充電台のLEDが点灯します。

Powermat_blackberry

Blackberryの場合は、下の画像のように、標準の裏蓋を、Powermatのものに交換します。裏蓋のコイルから本体への電源供給は、蓋と一体化されたMicro USBプラグを本体のジャックへ差し込む形です(写真の出っ張った部分)。重量増はわずか10グラム、厚みも2ミリしか増えないので、今まで使っていた革ケースもそのまま使えます。

Powermat_blackberry_back

にほんブログ村 トラコミュ iPhoneへ
iPhone

次はiPhone(3GS)用です。
Powermat_iphone_jacket

この写真のジャケットで、本体を上下から挟みこむ感じで装着します。このジャケットを装着すると、外側の接続端子はMicro USBとなるので、汎用のモバイルチャージャーがそのまま使えて便利です。3GS用は初期の製品のためか、46グラムと結構重量があり厚みも5ミリ増えますが、iPhone4用のものは、はるかに薄く軽くなっているようです。

Powermat_iphone
Blackberry用の充電台は汎用のまっ平らなものなのですが、iPhone用のものは専用で、本体裏面の四角いコイル部分を、充電台の凹みの部分に合わせて置きます。おそらく技術的な理由で位置決め用の磁石が使えなかったのだと思われます。

にほんブログ村 トラコミュ スマートフォンへ
スマートフォン

iPhoneやBlackberryなどのスマートフォンは、USB充電が常識なのでケーブルをジャックに差すという手間が必ず入り、大した手間ではないようにも思えますが、邪魔くさいケーブルもいらなくなるし、「置くだけで充電」できるということは、使ってみると想像以上に快適です。充電時間は、むしろ通常のUSB接続と比べると早いくらいです。

なお、Powermatは最近話題のQi(チー)というワイヤレス充電の国際規格とは異なる方式ですが、つい最近Qiのコンソーアムにも参加したので、そのうちQi方式に移行するのでしょう。

このワイヤレス充電が普及すると、下の写真のように、飲食店や駅や空港や車内・機内などの公共の場所で、端子やケーブルの互換性を心配しないでモバイル機器を充電することができるようになります。今後、携帯電話、特にスマホの充電方式は、間違いなくこのワイヤレス方式が主流となるでしょう。

昔はこのようなConsumer Electronicsの新しいアプリケーションは日本が先行していたものですが、こんな「枯れた技術」の商品化でも後追いになっているのは残念で、日本メーカーの商品企画力の低下の現れと言わざるを得ません。

Powermat_airport

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

ニコンのレンズ?

Nikon1

さて、これは何でしょう?

「カメラのレンズに決まっているじゃないか」と言われるかと思いますが、違います。

Nikon2

実は、実物大のレンズの形をした、マグカップなのです。ニコンダイレクトで3,000円で販売されています。結構人気商品のようで、入荷するとすぐ売り切れるので、入荷通知メールをもらっていたのにぼやぼやしていたら2回も買い損なって3回目でやっと購入できました。

ただ、レンズの形を正確に再現しているため、底面部の面積は小さいので、飲み物を入れると安定があまりよくありません。そこで、自分はこんな使い方をしています。

Nikon3

オフィスでコーヒーを入れる時のクリーマーとマドラー入れとして使うと、ちょうどいい深さです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »