« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の3件の記事

2011年6月30日 (木)

霞が関の「政府刊行物サービスセンター」

P1大学生時代からかれこれ30年も、専門情報の収集にこの霞が関にある「政府刊行物サービスセンター」を愛用しています。ここは白書などの政府刊行物はもちろん、普通の書店では手が入りにくい各種業界の統計や法令関係の専門書が豊富に並んでいます。

001
売場はこんなレイアウトになっています(クリックで拡大、ブラウザーの「戻る」で本文に戻ります)。
003
売場は、霞が関らしく、省庁別に表示されています。一般の書店だと「法律」とか「経済」という並び方ですが、意外にこの方が目指す本を探しやすかったりします。例えば労務関係の本が欲しかったら、「厚生労働省」のコーナーに行けば労働法から労務実務まで、関連する本がすべてそこにあるわけです。

今日はここで4月から始めた新しい仕事に必要な本をなんと10万円分も買い込んできました(下の写真)。今はGoogle検索などでほとんどの情報やデータはインターネットから入手することができますが、本には本の良さがあります。それは、ページをめくっていると「必ずしも探していた情報ではないけれど、すごく役に立つ情報」を偶然見つけたりすることができる"serendipity"があることです。

Books

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

SUPER 8を観てきました

Super8_460

出張中のアメリカで先週末、スティーブン・スピールバーグ製作の最新作、「スーパーエイト」が封切されました。こちらのメディアでは「ET以来の最高傑作」「今年の夏のベスト映画」などとあまりにも絶賛されているので、日本の6月24日の封切の一足先に、出張の最後の夜にホテルからタクシーを飛ばして観てきました。

Super8_theater

以前にもこのブログで書きましたが、アメリカの映画館は安い。$10.75=約900円と日本の半額です。それでも月曜夜の9:20の回だったので、ガラガラでした。

この映画に関しては何を書いてもネタバレになるので説明するのが難しいのですが、いかにもスピルバーグらしい、ノスタルジックな少年の冒険物語に現代のSFXを組み合わせた、子供にも大人にもアピールする「商業的にうまい作り」の映画という印象です。

あえて辛い評価をすると、前半は完全に子供たちが主役の映画なのに、後半は父親役の警察官が突然スーパーヒーロー化してしまったり、仲の悪かった父娘があまりにも簡単に仲直りしてしまうのあたりのご都合主義に違和感を覚えました。

そんなこともあって、それなりに面白かったけど、「名作」だとは思いませんでした。この映画はアメリカ人のノスタルジーに訴える部分が大きいので、日本ではそれほど人気は出ないのではないかという気がします。

トリビアですが、映画の設定では主役の少年のJoel Courtneyは12歳で、2歳年上のElle Fanningにあこがれ、恋をするという設定で、年齢の見た目はそんな感じなのですが、実際にはJoelは15歳で、Elleの方が2歳年下の13歳です。中学生の頃はやっぱり女子の方が大人っぽいですね。

にほんブログ村 トラコミュ 新作映画へ
新作映画
にほんブログ村 トラコミュ 外国映画、洋画へ
外国映画、洋画
にほんブログ村 トラコミュ 映画の感想へ
映画の感想

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

シカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツア

Unos1

久しぶりにアメリカ(ワシントンDC近辺)に出張に来ています。週末にホテルの近くのショッピング・モールへ行ったら、20年位前にアメリカに住んでいた頃によく行った、UNOがあったので、迷わずランチに飛び込みました。

Unos2

日本ではナポリスタイルの極薄ピッツアが主流ですが、このシカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツアもたまらなく美味しいのです。イタリアンソーセージやマッシュルームに塊感のあるトマトがたっぷり入っていて、厚さが3センチ近くもあるので手で食べるのは無理で、フォークとナイフで食べます。

このスタイルのピッツアの「本家」は、シカゴ周辺にしかないGino's Eastがピカイチで、シカゴに行った時は欠かさずに食べに行きます。UNOは東海岸を中心に全米にチェーン展開していて、韓国にも進出しているのですが、なぜか日本には未進出です。日本でも人気が出ると思うのですが、いつか日本でも本格的なシカゴスタイルのディープ・ディッシュ・ピッツアが食べられる日が来てくれることを期待しています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »