« この日を境に、日本は変わる | トップページ | 「自粛モード」に思うこと »

2011年3月15日 (火)

橋下大阪府知事の「目から鱗」の発想

橋下大阪府知事が、今回の地震の被災者を受け入れる意向を表明しました(こちら)。世の中が、「早く仮設住宅を!」ということを被災地の近くで作ることを前提に話している中、東北から関東をすっ飛ばして、大阪へという大胆な発想です。

被災者の心情としては、住んでいた地域から離れたくないと思うでしょうが、よく考えてみると、輸送路が寸断されている被災地へ無理して仮設住宅の材料や重機を運んで、ライフラインを確保して、なんていうことをしていたら、完成するまで何週間、いや何カ月かかるかわかったものではありません

それよりは、全く別の、環境が整った場所に人間だけを移動させることの方がはるかに早く合理的ではあります。全く新しく仮設住宅を作らなくても、すぐに入居できる場所がある場合もあるかもしれませんから、少なくとも一時的な避難には向いていると思います。

さらに、より中長期的に考えた場合、仮に被災地の近くに仮設住宅を作ったところで、そこには働く場所や顧客などの社会基盤が失われていますから、とりあえず衣食住は援助されても、自力で生活基盤を立て直すことは困難なわけです。

だから、元の家や勤務先など、明らかに全てが失われた人は、いっそのこと別の場所でやり直した方が早いかもしれません。そこまで思いきれる人は少数派かもしれませんが。

大阪がいいかどうかは別として、「目から鱗」の発想です。これから色々な都市が手を挙げていくことに期待しましょう。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 トラコミュ 東北地方太平洋沖地震・・・その時へ
東北地方太平洋沖地震・・・その時

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


|

« この日を境に、日本は変わる | トップページ | 「自粛モード」に思うこと »

!オピニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/51127974

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪府知事の「目から鱗」の発想:

« この日を境に、日本は変わる | トップページ | 「自粛モード」に思うこと »