« 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「ヤマハの電動バイクEC-03に試乗してきました」 | トップページ | ヤマハPAS Brace-Lドレスアップ »

2010年12月 7日 (火)

ヤマハPAS Brace-L購入!

先日サイクルモードで試乗した、電動アシストスポーツ自転車ヤマハPAS Brace-Lを購入してしまいました。最近代謝率が落ちてきたせいか、同じ生活をしていてもじわじわと体重が増えてきているので、10キロ程度までの買い物や用事は電車ではなく自転車にしようというのが大きな購入動機です。

健康のために電動アシスト自転車を買うとは一見矛盾しているようですが、「疲れ過ぎないから気軽に頻繁に乗る」、「普通の自転車だったら遠すぎて行かない所にも行く」という、ハードルを下げることによって、利用率は上がると思うのです。「普通の自転車の方が負荷が高い」と言ったところで、結局乗らなかったら何にもなりませんから。

それに、23キロという車体はロードレーサーの倍の重さですから、それに荷物を積んで走ったら、アシストがあっても結構運動になります。

Bracel_101208_2

Superv実はこれに先立ち、同じサイクルモードで自転車買い取りの「サイクリー」というショップの存在を知り、そこで約8年連れ添ったCannondale SuperVを買い取ってもらいました。

購入した時は確か18万円くらいしたのですが、室内保管でそれほど乗っていなくて状態はよかったのですが、MTBブームが去った今はあまり値段がつかないとのことで、買取価格は34,000円。5万円くらいはいくかと期待していたのですが甘かったですね。

SuperVは荷物を積んだり買い物に行ったりなどの実用にも、ロードレーサーのようにストイックに走るのにも向いていなくて中途半端な存在だったため結果的にサイクルイベントがある時以外はほとんど乗っていなくて、玄関のスペースを無駄に占拠して妻に白い目で見られていたので思い切って実用的な自転車に買い換えることにしました。

購入したのは、以前アプリリアのスクーターを購入した、都内最大級のバイクのデパート、SCS白山。ヤマハは基本的にバイクメーカーのため、自転車の販路もサイクルショップよりはバイクショップの方が強いので、どうせなら信頼しているなじみの店で購入しようと思ったわけです(大きい声では言えませんが、お得意様ということで普通よりは少しまけてくれましたwink)。

Bracel_1012082電動アシストなので荷物を積んでも苦にならないということで、最初から純正のリアキャリアを付けてもらいました。10キロまで載せられるということで、結構頑丈でナイスです。

自転車に凝っている人は人間というエンジンが少しでも楽になるために何十グラム軽量化するために何千円も高価なパーツにかけたりするのが当たり前の世界ですが、電動アシストはモーターに頼ることができるので、その辺はあまり神経質にならないでいい点が気が楽で経済的でもあります。

さらに、今まで行ったことのない所への遠出にも利用するつもりなので、ソニーのポータブルナビNV-U35を事前にAmazonで購入し、納車時に店内で自分で取り付けました。この製品は通常のカーナビモードに加えてサイクルコンピュータ機能の「自転車ナビモード」があり、防滴仕様で専用の自転車用アダプターも用意されています。内蔵充電池で音声案内のみなら11時間、転換点のみ画面を自動表示するスタミナモードで6時間使用できます。GPSで速度や距離を測るのでホイールにセンサーを取り付ける必要がないのも魅力です。この製品に関しては別途ブログで詳しくレビューを書く予定です。

Bracel_nvu35

電動アシスト自転車の法令基準は、時速10キロまでは漕ぐ力1に対してアシストが2、そこからは段階的にアシスト力を弱めて時速24キロでアシストがなくなる仕様になっています。

Bracel_mode

Brace-LはLOWとHIGHの二つのアシストモードに加え、発進時や上り坂ではアシスト力を強くして、平坦路や下り坂ではアシスト力を抑えるオートエコモードプラスがあります。8.1アンペアという、電動アシストでは最大級の容量のバッテリーを積んでいるので、最も航続距離が長いLOW+オートエコモードで47キロ、常に最大のアシスト力を与えるHIGH+オートエコモードオフでも30キロ走ります。これならよほど長距離のサイクリング以外は十分です。

ショップから約8キロ離れた自宅までの初走行は、楽しい楽しい。発進は後ろから蹴飛ばされたように力強いし、上り坂もアシストなしとは雲泥の差の楽さです。これなら半径10キロくらいのお出かけは気軽に行けそうです。確かに筋肉を鍛えるという側面は弱いですが、逆に疲れ過ぎずに低い負荷を長時間続けられるのでいい有酸素運動となり、ダイエット効果が期待できるというのも電動アシストの利点です。

Brace-Lは内装8段変速ですが、自分の感覚では上り坂で5速、平坦路で6速か7速、下り坂で8速という感じなので、4速以下は軽すぎて使いません。こういう一般車用のコンポーネントはどうしてもギア比が低めに設定されているのはいたしかたないところですが、でもトップギアが下り坂でクルクル回りすぎて話しにならないというところまではいかないのでよしとしましょう。ハイギアでガンガン踏んで40キロ以上で走るような性格の自転車ではないですしね。

Bracel_saddle自宅に着いて、まずはダサダサの標準サドルを、股間の神経や血管を圧迫しないグルーブ(溝)入りのSuperVで使っていたSpecializedのものととりあえず交換しました。

これからさそりいのしし流のカスタマイズを始めますので、しばらくは自転車関係の記事が続きそうです。

new「自転車」のカテゴリーを新設しました(このブログ内の自転車に関する記事が一覧できます)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


|

« 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「ヤマハの電動バイクEC-03に試乗してきました」 | トップページ | ヤマハPAS Brace-Lドレスアップ »

◎自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/50241322

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハPAS Brace-L購入!:

« 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「ヤマハの電動バイクEC-03に試乗してきました」 | トップページ | ヤマハPAS Brace-Lドレスアップ »