« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の10件の記事

2010年12月26日 (日)

最高のスナップカメラ・ライカX1で新宿を撮る

少し前に、ライカX1というデジタルカメラを購入しました。ライカブランドのコンデジ(コンパクトデジカメ)はパナソニックのOEMですが、X1はライカがパナソニックの力を借りずに独自で真面目に作ったデジカメです。

これは新宿伊勢丹用に80台だけ限定製作された「オーストリッチ・エディション」で、貼革の部分がオーストリッチ風に型押しされた牛革製になっています。ノーマルのX1のつるんとした感じの合成皮革製のものと比べると、見た目の高級感はもちろん、実際に手に取ってみるとその滑りにくさには雲泥の差がありました。

本体価格は23万8000円で、ノーマルのX1よりも2万8000円も高くなっていますが、「どうせここまで出すのだったら最後にケチッてどうする」という思いと、もともと値崩れがしないライカの中でもさらに希少性があるので、将来手放す事があってもそのプレミアムは活きてくると思います。

Dscf4023_2

上の写真の、オプションのグリップや光学ビューファインダーを装着した状態で457グラムと軽量です。この小さなボディに中級一眼レフと同じAPS-Cサイズの1200万画素のセンサーと、ライカの36ミリ相当F2.8の単焦点レンズはスナップ用カメラとしては最高の組み合わせです。

今やズーム全盛時代ですが、さそりいのししが写真を始めた35年前頃は、単焦点全盛時代でした。その当時はズームの性能があまりよくなかったこともあるのですが、「ズームなんか使うと写真が下手になる」と言われていた時代でした。ズームでフレーミングをしてしまうと、構図だけでなく画角も焦点距離も変わってしまうので、今でもその言葉には真実があると思っています。

大学時代に最初に買った一眼レフ(Contax 139Quartz)では、お金がなかったので(このX1とほぼ同じ)35ミリF2.8のレンズ1本で何年も撮り続けました。35ミリレンズというのは、「準広角レンズ」とも言われ、うまく前景を入れて遠近感を強調する画面構成で絞り込めば28ミリの広角レンズと見間違う写真も撮れるし、逆に絞りを開けて望遠風に撮れば50ミリレンズのような写真も撮れるので、写真の基本を身につけるには最もいいレンズでした。

今の時代に写真を始める人は、いきなりズームなので、ズームでフレーミングをするのが当たり前だと思うのです。でもそれでは「写真」は撮れても、意図を持った「作品」としての作り込みはできないと思います。かく言う自分も今は一眼レフではほとんどズームレンズしか使わないので、本来は画角や焦点距離をズームで決めてから撮影者が動いて構図を決めるべきなのに、ついズームでフレーミングしてしまったりすることもあるので、「治療的な原点回帰」の意味を込めてこのカメラを使い始めました。

さて、前置きが長くなりましたが、この日はX1を購入した新宿伊勢丹主催の「ライカフォトセミナー」に参加しました。本館のバンケットルームで30分ほど写真家の先生から講義を受けた後、参加者15名と撮影ポイントなどの指導を受けながら、伊勢丹の周辺の新宿の街を約2時間半撮影しました。

X1で本格的に撮影するのは今回が初めてだったので、今回は実験という意味も込めて色々な撮影をしてみました。単焦点レンズだと、構図を決めるには撮影者が動く以外にないので、ズームに慣れきったしまった身体にはあらためて新鮮な感じがしました。

L1000184_1280x856
いかにも新宿の裏通りの風景です。赤のコカ・コーラの自動販売機の「顔」と、その隣の頑丈なスチール製扉の落書きが喧嘩をしているような印象を受けたので「不協和音」というタイトルをつけました。このスチール扉の冷たさや重さなどのの質感は、コンデジではなかなか出ないと思います。

L1000221_1280x856
ゴールデン街の端にある有名なパブですが、ハイネケンの丸い看板や壁面の凹凸など立体感と質感がよく出ています。準広角レンズはこのようにあまり角度を付けずに撮ると標準レンズのような自然なパースペクティブになります。この壁画は絵になるので、今回ほとんどのセミナー参加者はこの写真を撮っていました。

L1000223_1280x856
同じ建物ですが、今度はもっと遠近感を誇張するように広角風に角度を変え、このゴールデン街の怪しい路地の雰囲気を出すためにX1の「白黒ハイコンストラスト」というフィルムモードで撮影してみました。壁画の男性が、後ろ姿の男性に「何だ、飲みに来ねえのかよ」と睨んでいるようにも見えます。

L1000204_1280x856
これも同じ白黒ハイコントラストモードですが、黒がつぶれずにいい感じで仕上がっています。

L1000208_1280x856
これは作品というよりは、「どれだけボケるか」という実験で、昔やくやった「50ミリ標準レンズ風」に前景に接近して絞り開放で背景をボカして撮ってみました。2枚前のゴールデン街の路地と同じレンズで撮ったようには見えないと思いますが、これが守備範囲の広い準広角レンズの成せる技です。

L1000241_1280x856
X1にも欠点があり、それはフィルターとフードが装着できないことなのですが、この写真はほとんど逆光ですが、フードなしでもうまくフレアが抑えられています。

このブログは1MBの画像までしかアップできないので、元画像の4272x2856ピクセルでお見せできないのが残念ですが、X1は軽いしミラーショックがないので本当にブレないし、名門ライカの単焦点レンズなので立体感はあるしピントと解像度が遠くまでビシッときます。そのような意味で、X1は「最高のスナップ用カメラ」だと思います。

以前、このブログでも何回か書きましたが、X1と似た性格のオリンパスペンを所有していました(記事1 記事2)。アートフィルターなどは面白かったのですが、やはりイメージセンサーが小さいフォーサーズはAPS-Cの一眼レフと比べると画質的に不満を感じることが多すぎたし、大きさ重さ的にも中途半端だったので、結局手放してしまいました。でもこのX1は、こと36ミリという焦点距離と手持ち撮影という条件においては、今メインで使っている1600万画素のペンタックスK-5よりは上なので、その存在意義は大きいと思います。

にほんブログ村 トラコミュ ライカへ
ライカ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:バイクガレージという「秘密基地」

Bikegarage230x267愛車BMW F650GSを保管しているバイクガレージのご紹介です。

ご興味のある方は、バイクブログの方へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

フィットハイブリッドのど新車をカーシェア

先日、カーシェアリングのご紹介をしましたが、最近のオリックスカーシェアは勢いがあります。

にほんブログ村 トラコミュ カーシェアリングへ
カーシェアリング

我が家から徒歩2分ほどの場所にワゴンRが2台あるステーションがあるのですが、今週からやはり徒歩2分ほどのところに、新型ホンダフィットハイブリッドが2台配備されたステーションが新設されました。色は、ハイブリッド専用色の「フレッシュライム・メタリック」。エコをテーマにしたグリーンということだと思います。
Fit_station
料金は、オリックスカーシェアの標準料金で、15分200円、6時間3,500円、12時間4,500円、24時間6,000円プラス距離料金1キロあたり15円です。この料金は軽自動車のワゴンRとも同じで、荷物の積載量も同じくらいなので、今後はこのフィットばかり利用することになりそうです。

妻の実家から荷物を運ぶ用があったので、早速いつも通りiPhoneのアプリで6時間予約して利用してみました。オドメーターを見てみると、なんと累計走行距離17キロのど新車。間違いなく利用者第一号でしょう。
Fit_odometer

旧型のフィットは最近カーシェアで利用したことがあるのですが、例えばFIAT500と比べるとエンジン音も走りもどこか安っぽくて、高速道路でもハンドルが軽すぎて直進安定性に欠けてあまりいい印象ではありませんでした。でもこのフィットハイブリッドはこれらの不満点はありませんでした。

Fit

旧型フィットよりはかなり静かで、乗り心地もバッテリーを床下に積んでいるせいか低重心感があって重厚な感じです。インサイトもレンタカーで何度も利用したことがあるのですが、フィットのパワー感も似ていて、発進時はハイブリッド特有のモーターアシストによる力強いトルクが感じられました。でもそれ以外は、言われなければハイブリッドだとわからない、1.3リッターではなくて1.5リッターくらいの排気量の大きいクルマに乗っている、という印象です。

Fit_luggage

装備はベースグレードですが、オリックスカーシェア標準のETCとカーナビ(カロッツエリア・・・イマイチですが)はもちろん、オートエアコンとクルーズコントロールまで付いています。フィットは後席を倒すとフルフラットになるので、ご覧のようにかなり荷物を積めます。

しかしこれで走りと装備で雲泥の差がある軽のワゴンRと同料金では、その存在意義がますます疑問になってきます。最近軽とコンパクトの料金を一本化したばかりですが、オリックスさん、軽は引退させるか、料金を下げないと誰も利用しないと思いますよ。

今回は給油不要のカーシェアリングだったので、リッター30キロという低燃費を確認することはできませんでしたが、約85キロ走っても燃料計はFULLを指したままでした。実は今週末、今度はニッポンレンタカーで同じフィットハイブリッドを利用する予定なので、その時に燃費の報告をしたいと思います。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:3回目の車検

Bmwf650gs愛車BMW F650GSがついに3回目の車検を迎えました。

ご興味のある方は、こちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリマデビュー!

ネットオークションは、趣味的な製品は高く売れる可能性もあるのでいいのですが、多くの実用品を処分するには取引のやりとり、梱包や発送や代金決済などに手間がかかりすぎるので、我が家にたまった「宿便」のような使わなくなったものを一気に処分するためにフリーマーケットに初参加しました。

ネットで色々と調べた結果、東京都内では錦糸町と靖国神社でフリマを開催している「環境を考える市民の会」と、秋葉原など多くの会場で開催している「東京リサイクル運動市民の会」があることがわかりました。

自宅からも比較的近く、1週間前でも予約できたので錦糸町のフリマに参加することにしました。このフリマは錦糸町駅北口から徒歩4分ほどの公園内で毎月一回日曜日に行われていて、150店の出店があるかなり大規模なものです。もう13年も続いている歴史のあるイベントのようです。

フリマの開催時間は10:00-16:00ですが、受付は8:00からで場所は受付先着順です。なので荷物の搬入前に、購入したばかりの電動アシスト自転車Brace-Lで自宅から約4キロの会場まで行き、8時ちょうどに受け付けし(出店料2,000円)、大通りの歩道に面した最高の場所を確保(幅約3mx奥行2m)。自宅に戻り、朝食後にオリックスカーシェアのワゴンRを借り、車一杯に荷物を詰め込んで妻と一緒に会場へ着いたのが9時半頃。

1

まず驚いたのは、「フリマの達人バイヤー」というような人たちがいて、彼らは掘り出し物を確保するために正式な開催時間前から待ち構えていて、お釣りがないように小銭と千円札を束のように持っていて眼光鋭く買っていくのです。フリマのルールでは、10時前でも店を広げたら売り始めていいことになっていることを知っているのです。

我々は9時半からゆっくり店を広げて10時から売ろう・・・なんて悠長なことを考えていたら、通りでハザードを点滅させながらクルマから荷物を運び出して店に置くそばからどんどん売れていくのです。そんなてんやわんやの状況が約1時間続き、10時半には持ち込んだものの大半が売れていました。

我々が持ち込んだものは、こんなものです:
・バッグ類(ビジネスバッグ、ショルダーバッグ、リュックなど多数)
・バイクウェア
・ゲーム機およびゲームソフト
・小型電化製品
・シルバージュエリー
・自転車(6年ほど前に購入したパナソニックの折畳み電動アシスト自転車)
(実は、後で出品のルールをよく見たら、自転車は出品禁止の品目の中に入っていました。でも途中で出店確認にきた係員からは何も言われなかったので、大目に見てくれたのでしょう)

2

そんな状況だったので、最初は周りの出店者を見に行く余裕もなかったのですが、後でざっと見回すと出店者の大半は古着、しかも子供の古着でした。なので我々のような男性向きの実用商品を扱っている店はほとんどなかったのが、人気の理由だったのかなと後で思いました。

ワゴンRが一杯になるほどの荷物も午後1時には完売状態だったので、早めに店じまいして撤収することができました。総売上は6万円ほどで、もともと捨ててしまうか、不用品回収業者や粗大ゴミに出したら逆にお金を取られるところでしたので、大満足な結果に終わりました。初めてでしたが、色々な人と触れ合うこともできて、夫婦で楽しい経験でした。

今回の経験を踏まえたフリマ出店の教訓です:

oneフリマの開催状況を下見すべし
今回はできなかったのですが、事前に同じ会場でフリマが開催されている状況を見ることができれば、そのフリマの展示や出品や値段などを見て、より多く高く売るための「傾向と対策」ができると思いました。

two出品物は出したらすぐ売れる状態に事前準備しておくこと
今回はほとんどのバッグは500円均一のつもりだったので、それ以外は会場についてから貼ればいいや、と悠長に構えていたら、なかなかその時間はありませんでした。

three忘れ物がないよう、チェックリストを作るべし
今回、バイクウェアを売るために洋服ハンガー台まで持ち込んだのに、肝心のえもんかけを忘れるという失敗をしてしまいました。さらに、電動アシスト自転車のバッテリーをはずすための鍵も自宅に置き忘れたので、後で購入者に届けるはめになってしまいました。

four値段はいつでも下げられる
フリマに慣れている買い手ほど、大胆に値引き交渉をしてきます。弱気につけた値段からも値引きを要求してきますから、値段は最初からあまり下げず、特に売れそうなものは強気の値段をつけてもいいと思います。

実は、自転車は搬入したら5分ほどでこちらの言い値の2万円で売れてしまったのですが、購入者には後で渡すことになっていたため「売約済み」の札を付けて置いておきました。そうしたらその後に数え切れないほどの人から、「これ、いくらで売ったの?」と聞かれて、「2万円」と答えるとほとんどの人から「安い!もっと高くでも買ったのに」と言われてしまいました。

five複数家庭での共同参加も
今回のフリマで我が家としてはほとんどの「大物」は処分することができましたので、もう単独でフリマに出店するほどのものはないですが、このブログを見せて、友人をけしかけて一緒にやるのも楽しいかなと思っています。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

ヤマハPAS Brace-Lドレスアップ

買ってきたものをそのまま使っていたのでは「好事家」は名乗れません。新しく愛車となったBrace-Lを早速自分なりのセンスでカスタマイズを始めました。

多趣味であることのメリットの一つは、単独の趣味しか知らない人には思いつかないような、別の趣味からの知識や道具の流用ができ、それによって趣味の世界がさらに豊かに便利になるということです(・・・多趣味な亭主を持つ妻への言い訳のセリフcoldsweats01)。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ

Ys_gear_2さそりいのししはバイク乗りでもあるので、ヤマハには純正のバイク用アクセサリーを販売している「ワイズギア」(=ヤマハのギア)という子会社がある事を知っていました。

そこで販売されているヤマハのバイク用の純正ステッカーやエンブレムを利用して、購入したばかりの自転車の外見上気になるところをドレスアップしてみました。
まずはフレームに貼られたこのステッカー:
Original_sticker
Braceには4色あって、すべてこの同じシルバーの文字のステッカーが使われているのですが、さそりいのししの車体はシルバーで、このステッカーもシルバーなので、よほど意識しないと見えなくてステッカーの意味がありません。そこでまずはこれをはがします。手で簡単にペリペリッとはがれて糊も全く残らないタイプなので簡単です。

Yamaha_embleml代わりに使用するのは、ワイズギアのオンラインショップから購入した「YAMAHA エンブレムセット ブラック Lサイズ」です。

貼ると文字の部分だけが残る切文字タイプで、2枚で840円と手頃です。

こちらが使用前:
Bracel_101208

こちらが使用後:
Right_side_2
見比べていただけると、だいぶスポーツ車っぽくイメージが変わったと思います。残された課題としては、このださいチェーンガード。何とかしたいのですが、電動メカにも関わる部分なので、少し時間をかけて戦略を練ろうと思います。

ちなみに、今回ボトルケージが追加されていますが、これは500mlのペットボトルがそのまま使えるミノウラの製品です。

ミノウラ AB-500 ボトルケージ

ミノウラ AB-500 ボトルケージ

価格:800円(税込、送料別)

次に手がけたのはフロントフォーク。
Fork_before_after

Front_fork上の写真は左がオリジナルで、このサスペンションフォークを製造しているSRサンツアーのステッカーが貼られていますが、あまりパッとしないので、これも先ほどと同様のステッカーのSサイズのシルバーを貼ったのが右です。

ステッカーを貼る位置は悩みましたが、フォークの稜線に沿って斜め前に向いていて、真横から見ても真正面から見てもギリギリYAMAHAの文字が読める位置になっています。だいぶ精悍で男っぽいイメージになったと思います。

次はヘッドチューブのヤマハのトレードマークである「音叉マーク」の位置です。

Head_tube_before_after
左がオリジナルですが、「貼る位置間違えたんじゃないの?」と思うくらい高い位置にあります。自転車の世界では、メーカーのエンブレムはヘッドチューブの中央にあるのが常識です。という訳でこれも全く同じものがワイズギアで売っているので、はがして新しいものを貼り直したのが右の画像です。このエンブレムにはかなり粘着性のある糊が使われていたので、シールはがしで糊を取り省くのには結構手間がかかりました。

この3か所のステッカーがよく見えるアングルです。このまま売っていてもおかしくない仕上げかと思います。というか、このくらいブランドをアピールしてもいいんじゃない?ヤマハさん。
Three_quarter

最後は電動アシスト用のモーターを格納したクランクケース。大きく無骨で黒い塊感がイマイチだったので、メタリックで立体的なゴールドのエンブレムをアクセントに貼りつけました(これはちょっと高くて2枚で1,890円です)。でもこの部分が電動アシスト自転車を世界で初めて世に出したヤマハの技術の「肝」なので、それに敬意を払う意味も込めてゴールドで飾ってみました。
Crankcase
本当はその下にある丸い部分に貼るとバイクっぽくてよかったのですが、サイズが合わなかったのでこの位置に落ち着きました。

ペダルに関しては、購入前はSuperVで使っていたSPDのビンディングペダルかトークリップ仕様に交換するつもりだったのですが、実際この電動アシスト自転車に乗ってみると「引き足」など使わないし、この純正のペダルは大きくて重そうではあるのですが、非常にグリップ力が良くて不満がないのでしばらくはこのまま乗ってみようと思います。

左側から見た全体像です:
Left_side

これで世界に1台しかない、さそりいのしし仕様のBrace-Lが出来上がりました。
全般的にブランドのアピールを強化することで高級感が上がったような気がするのですが、いかがでしょうか。

さそりいのししのバイクはBMWですが、実はヤマハに愛着があるのは、3年ほど前、このブログの前身の「遅咲きライダーのバイクライフ」の全盛期に、ブログがきっかけで電通から依頼を受けてヤマハの新型オートバイのコピーライターをやったことがあるのです。

勤め人をしながらの素人の副業でしたが、「プロのライターでも、バイクのことをろくに知らない単なる物書きには任せたくない。本当にバイクが好きでわかっている人にコピーを書いてもらいたい」というのが先方の趣旨でした。

その時は(有給休暇を取ってcoldsweats01)、ヤマハの浜松の工場に行って技術者に取材して開発の経緯や情熱や苦労話しを聞くなど、いい思い出があるのでヤマハという会社とブランドには愛着と敬意があることが、今回ここまでやった根底にあるのかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 電動自転車へ
電動自転車

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

ヤマハPAS Brace-L購入!

先日サイクルモードで試乗した、電動アシストスポーツ自転車ヤマハPAS Brace-Lを購入してしまいました。最近代謝率が落ちてきたせいか、同じ生活をしていてもじわじわと体重が増えてきているので、10キロ程度までの買い物や用事は電車ではなく自転車にしようというのが大きな購入動機です。

健康のために電動アシスト自転車を買うとは一見矛盾しているようですが、「疲れ過ぎないから気軽に頻繁に乗る」、「普通の自転車だったら遠すぎて行かない所にも行く」という、ハードルを下げることによって、利用率は上がると思うのです。「普通の自転車の方が負荷が高い」と言ったところで、結局乗らなかったら何にもなりませんから。

それに、23キロという車体はロードレーサーの倍の重さですから、それに荷物を積んで走ったら、アシストがあっても結構運動になります。

Bracel_101208_2

Superv実はこれに先立ち、同じサイクルモードで自転車買い取りの「サイクリー」というショップの存在を知り、そこで約8年連れ添ったCannondale SuperVを買い取ってもらいました。

購入した時は確か18万円くらいしたのですが、室内保管でそれほど乗っていなくて状態はよかったのですが、MTBブームが去った今はあまり値段がつかないとのことで、買取価格は34,000円。5万円くらいはいくかと期待していたのですが甘かったですね。

SuperVは荷物を積んだり買い物に行ったりなどの実用にも、ロードレーサーのようにストイックに走るのにも向いていなくて中途半端な存在だったため結果的にサイクルイベントがある時以外はほとんど乗っていなくて、玄関のスペースを無駄に占拠して妻に白い目で見られていたので思い切って実用的な自転車に買い換えることにしました。

購入したのは、以前アプリリアのスクーターを購入した、都内最大級のバイクのデパート、SCS白山。ヤマハは基本的にバイクメーカーのため、自転車の販路もサイクルショップよりはバイクショップの方が強いので、どうせなら信頼しているなじみの店で購入しようと思ったわけです(大きい声では言えませんが、お得意様ということで普通よりは少しまけてくれましたwink)。

Bracel_1012082電動アシストなので荷物を積んでも苦にならないということで、最初から純正のリアキャリアを付けてもらいました。10キロまで載せられるということで、結構頑丈でナイスです。

自転車に凝っている人は人間というエンジンが少しでも楽になるために何十グラム軽量化するために何千円も高価なパーツにかけたりするのが当たり前の世界ですが、電動アシストはモーターに頼ることができるので、その辺はあまり神経質にならないでいい点が気が楽で経済的でもあります。

さらに、今まで行ったことのない所への遠出にも利用するつもりなので、ソニーのポータブルナビNV-U35を事前にAmazonで購入し、納車時に店内で自分で取り付けました。この製品は通常のカーナビモードに加えてサイクルコンピュータ機能の「自転車ナビモード」があり、防滴仕様で専用の自転車用アダプターも用意されています。内蔵充電池で音声案内のみなら11時間、転換点のみ画面を自動表示するスタミナモードで6時間使用できます。GPSで速度や距離を測るのでホイールにセンサーを取り付ける必要がないのも魅力です。この製品に関しては別途ブログで詳しくレビューを書く予定です。

Bracel_nvu35

電動アシスト自転車の法令基準は、時速10キロまでは漕ぐ力1に対してアシストが2、そこからは段階的にアシスト力を弱めて時速24キロでアシストがなくなる仕様になっています。

Bracel_mode

Brace-LはLOWとHIGHの二つのアシストモードに加え、発進時や上り坂ではアシスト力を強くして、平坦路や下り坂ではアシスト力を抑えるオートエコモードプラスがあります。8.1アンペアという、電動アシストでは最大級の容量のバッテリーを積んでいるので、最も航続距離が長いLOW+オートエコモードで47キロ、常に最大のアシスト力を与えるHIGH+オートエコモードオフでも30キロ走ります。これならよほど長距離のサイクリング以外は十分です。

ショップから約8キロ離れた自宅までの初走行は、楽しい楽しい。発進は後ろから蹴飛ばされたように力強いし、上り坂もアシストなしとは雲泥の差の楽さです。これなら半径10キロくらいのお出かけは気軽に行けそうです。確かに筋肉を鍛えるという側面は弱いですが、逆に疲れ過ぎずに低い負荷を長時間続けられるのでいい有酸素運動となり、ダイエット効果が期待できるというのも電動アシストの利点です。

Brace-Lは内装8段変速ですが、自分の感覚では上り坂で5速、平坦路で6速か7速、下り坂で8速という感じなので、4速以下は軽すぎて使いません。こういう一般車用のコンポーネントはどうしてもギア比が低めに設定されているのはいたしかたないところですが、でもトップギアが下り坂でクルクル回りすぎて話しにならないというところまではいかないのでよしとしましょう。ハイギアでガンガン踏んで40キロ以上で走るような性格の自転車ではないですしね。

Bracel_saddle自宅に着いて、まずはダサダサの標準サドルを、股間の神経や血管を圧迫しないグルーブ(溝)入りのSuperVで使っていたSpecializedのものととりあえず交換しました。

これからさそりいのしし流のカスタマイズを始めますので、しばらくは自転車関係の記事が続きそうです。

new「自転車」のカテゴリーを新設しました(このブログ内の自転車に関する記事が一覧できます)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「ヤマハの電動バイクEC-03に試乗してきました」

Ec03_charging_240x236久しぶりのバイクブログの記事です。

最近発売されたばかりのヤマハのプラグイン電動バイクEC-03の試乗レポートです。

ご興味のある方は、こちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

ブログランキングで1位になりました!

瞬間風速かもしれませんが、「にほんブログ村」の「多趣味」サブカテゴリーの人気ランキングで1位になりました。ここ数カ月はずっと3位~4位をさまよっていたのですが、最近更新頻度が増えたせいか投票してくれる方が増えたおかげです。

Blogranking_3

ブログランキングとは、ブロガーがランキングサイトに登録して、ブログに訪れた人が投票用のバナーをクリックすると、1時間ごとにその数が集計されてランキングが表示されるものです。

↓こういうやつです
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

中でも「にほんブログ村」は日本最大級のブログコミュニティで、現在約50万のブログが登録されています。このブログは8,096件ある「その他趣味」というカテゴリーの中の、664件ある「多趣味」というサブカテゴリーに属しています。なので664件中の1位ということになります。

私が仕事でよく使うたとえで言うと、「オリンピックで金メダルを取ったのではなくて、町内会で1位になった」ようなものですcoldsweats01

上の画像で「週間IN」で「280」とあるのが、7日間のクリック数x10ポイントで、280ポイントということは28/7=1日平均4人が投票してくれたことになります(以前、「遅咲きライダーのバイクライフ」を週に3回以上のペースで更新してバイクブログの1位を走っていた時は、週間INは常に1000ポイント以上ありました)。

ちなみに、このブログには1日平均約250人が訪れています。なので投票率は4/250=2%、つまり投票バナーにクリックしてくれるのは50人に1人ということになります。何だかよくわからないバナーだとクリックするのも不安という方も多いでしょうから、こうして説明することによって気軽にクリックしてくれる人が増えてくれればと思います。

ブログランキングが上がっても別に得することはないのですが、どうせ情報発信をするならば、人に評価された方が嬉しいですね。このブログは情報調査やリンク貼り、画像処理などに手間をかけているため、書くのには結構エネルギーと時間が必要なので、ブログランキングは続けるためのいいモチベーションになります。

「この記事面白い!」とか「ためになった!」と思われた方は、訪れた際には是非このバナーにクリックをお願いいたします(一人一日1クリックしかカウントされません)。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

「がってん寿司」の豪華海鮮おせち

我が家では毎年デパートや料理店のおせち料理を注文するのですが、今年は「がってん寿司」の豪華海鮮おせちにしました。

Photo

見てください。この食材の内容と3段重のボリュームで2万円です。個人的にも好きなものばかりで、「捨て駒」がありません。

1

2

3

実はたまたま入った「立ち食いがってん寿司丸の内店」(実際には立ち食いではなくて椅子があります)の店内ポスターでこれを見て、「これは絶対にお買い得だ!」と思って注文しました。

板前さんに話しを聞くと、「普段のお客様への感謝価格」で、デパートなどでは3万円以上はする内容とのこと(その見立て、全く納得です)。お正月が楽しみです。

↓実は同じ内容のものが楽天市場で注文できるようです(こちらは送料込で21,000円)。限定50セットということなので、注文するならお早目に!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »