« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の6件の記事

2010年11月24日 (水)

さそりいのししの商品レッドリスト(2):muPass

さそりいのししの商品レッドリスト(絶滅危惧種)第2弾は、muPass(ミューパス)です。muPassとは、サミーが開発した、「Music & Multi-data Pass」の略で、携帯にダウンロードした着メロなどを、赤外線で家電製品などに転送する仕組みで、2006年頃から対応製品が発売されています。

ダウンロードは、赤外線機能とアプリ機能を搭載している携帯電話なら多くの携帯電話で使え、約7000曲の中から選べます。

そして、その音源を転送できる商品では、以下のものが発売されています:
セイコーの目覚まし時計
象印の炊飯ジャー
三洋電機のIHクッキングヒーター
ユピテルのレーダー探知機

正直言って、目覚まし時計以外にはほとんど「必然性」はないですねcoldsweats01
というわけで、さそりいのししは、このセイコーの目覚まし時計(2007年2月発売;定価10,500円/実売7,500円程度)をかれこれ2年以上毎朝愛用しています。
Seiko_mupass_alarm_clock
ご覧のように、コーン型のまともなスピーカーがついており、本体下部は音響キャビネットになっていて(一見木製に見えますが樹脂製です)、普通の目覚まし時計のブザーのようなスピーカーの薄っぺらな音と違い、しっかりと音楽性のある「箱鳴り」した低音が出ます。

一度に本体に保存できる曲は5曲で、さそりいのししがダウンロードしたお気に入りメロディーは、いかにも「起きろ!」とという感じの、「太陽にほえろ!のテーマ」や、「ロッキーのテーマ」「燃えよドラゴン」など。なお、音声もきれいに再生できるので、「今日も寝坊か?死ぬまで寝てろ」というキートン山田のボイスなんかもあります。

翌朝の「起こされたい気分」に合わせてメロディを選んだり、そのレパートリーに飽きたらまた新しいものをダウンロードするということができるのが魅力です。

この商品の詳しいレポートは、動画・音声付きでこの日経トレンディのサイトで紹介されていますので、ご興味のある方はどうぞ。

で、この商品自体は非常に満足しているのですが、なぜ「絶滅危惧種」かと言うと:

one携帯サイトがお粗末bomb
まず第一に、音源の種類も少なく、新曲の更新も少なく遅い上にサイトの使い勝手や検索性が著しく悪い。

muPassの音源をダウンロードするには、月額300円の携帯サイトの会員にならないといけません。そうすると、毎月300ポイントが与えられ、一曲25ポイント必要なので、一月に約11曲ダウンロードできる仕組みですが、それ以上欲しい場合は翌月まで待たなくてはなりません。

また、一度ダウンロードした曲も、muPass機器に転送してしまうとその音源は携帯電話に残る訳ではなく、たとえば一度ダウンロード・転送したけれど本体から削除してしまった曲をもう一回使いたいと思ったら、またダウンロードしなければならないというわけです。

twomuPass対応の新製品が2年以上発売されていない
そもそも、「音が出る家電」ってそんなに多くない上に、わざわざその出る音をカスタマイズすることによって魅力的になる製品もそれほどない。さらに、音源を販売する携帯サイトはサミーが運営しているので、muPass対応機器を販売するメーカーには旨味はありません。いくらかリベートがあったとしても、音源を販売するサイトがこの体たらくでは、製品コストを回収するほどのものにはならないでしょう。

three店頭からその姿が消えました
これらの結果だと思いますが、最もmuPassの意味があると思われるこの目覚まし時計ですら、以前はヨドバシカメラにもビックカメラにも置いていたのですが、1年以上前に姿を消しました。楽天市場で検索するとまだ商品はヒットしますが、すべて「売り切れ」になっているので、おそらく製造中止になってしまったのではないでしょうか。

携帯サイトもいつまで続くことやら・・・これも廃止されてしまったらもう音源を入手する手段がなくなって、いよいよ「絶滅」してしまいますweep

にほんブログ村 トラコミュ 時計へ
時計

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

さそりいのししの商品レッドリスト(1):TIMEX O.V.A.

「レッドリスト」とは絶滅した、または絶滅が危惧されている動植物のリストのことです。このブログでは、「こんなにいいものなのに」その良さが認知されずに製造・販売中止になってしまった、またはその恐れのある商品を不定期にご紹介したいと思います。

Timex_ova1第一弾は、米国タイメックス社のO.V.Aというスポーツウォッチです。O.V.A.とはOptimum Viewing Angle=最適視野角とでも訳しましょうか。この左の画像を見ただけではよくわかりませんが、この腕時計は、普通の腕時計と装着方法が異なります。普通の腕時計は、当然のことながら手首の「外側」、すなわち手の甲と同じ面に装着しますね。

そうすると、時計を見る際には、「手首を内側にひねる」という動作が必要になります。普段の生活ではどうってことない動作ですが、ランニング中は道路から視線をはずす時間が意外に長かったりしてバランスやペースを崩しがちです。

Timex_ova_sideそこでタイメックスが考えたのは、手首の「横」の骨っぽいところ、つまり通常よりは90度内側に装着する方法です。手の甲ではなく、親指の延長線上に文字盤があるイメージです。さらに文字盤をよく見ると、数字も通常のデジタル時計よりも斜めに傾いているので、手首を回転するという動作が不要になり、ランニング中に腕をちょっと止めるだけで時間が確認できるのです。

この装着方法を実現するために、右の画像でわかるように、O.V.A.時計は文字盤の「高さ」を抑えてあり、さらに時計の内側が手首の横でも密着するように、ケースとバンドが独特のアーチを描いてあります。

このO.V.Aは、運転中にも非常にメリットがあります。昔のクルマは独立した時計があったものですが、最近のクルマはカーナビに時計機能を持たせているものが多く、その表示は隅っこに小さく追いやられているため結構凝視しないと時間が確認できなくて危険です。

Timex_ova_comparison_2

上の画像(例のピンクのフィアットです)左側は、普通の腕時計を装着した場合で、ハンドルを握った状態では全く見えませんが、右側のO.V.A.時計だと運転中は絶えず見えているので「チラ見」するだけで時間が確認できます。

この時計を買ったのは確か3年ほど前だと思うのですが、その良さが受け入れられなかったのか、今は米国の通販サイトを含めて、どこにも売っていません。是非復活してほしい製品です。

にほんブログ村 トラコミュ 腕時計へ
腕時計
にほんブログ村 トラコミュ 大好きな腕時計へ
大好きな腕時計

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

「華正樓」の絶品餃子

「食」の話題が続きますが、今回は「お持ち帰り系」です。

以前このブログで「餃子の王将」のことを書きましたが、(「こちら」)、さそりいのししは餃子が大好きです。王将の餃子は6個で220円という超高コストパフォーマンスですが、今回ご紹介するのは1個158円もする、横浜中華街に本店を持つ、「華正樓」の高級手作り餃子です。個人的には日本で最も美味しい餃子だと思っています。


755x800

ラーメンの命がスープと麺だとすると、餃子の命は皮とあん。華正樓の餃子は、もちろんあんも肉がたっぷりで野菜との絶妙のブレンドで美味しいのですが(ちなみに、にんにくは入っていません)、特徴があるのが皮の食感です。一見厚くてモチモチ感があるのですが不思議に軽く、タレを適度に吸ってくれるので餃子を噛み込むとタレと皮とあんが絶妙のマリアージュを演出してくれるのです。かなり大きめの餃子なのですが、意外にペロッといけてしまいます(いつも夫婦で9+6個をいただきます)。

1024x640_2

この餃子はお惣菜として新宿高島屋と横浜高島屋の地下食料品売場で買うことができます。実はいつもこれらのデパ地下で買っていたのですが、一度本店で食べてみたいと思ってわざわざ中華街の店に行ったのですが(しかも接待で利用・・・爆)、何と店舗では餃子は出していないwobblyということで、どうやらお惣菜専門メニューのようです。ちなみに、中華街のお店は餃子はなかったですが、出された料理はすべてすごく美味しかったです。

ただ、餃子は入荷数が限られていて、さそりいのししのような一気に15個も買うファンがいるとすぐ売り切れるので、「今晩は華正樓の餃子だっ!lovely」と決め打ちの場合は事前に売場に電話して取り置いてもらうことをお勧めします。ちなみに、新宿高島屋の場合は3時頃に入荷するようで、夕方だと電話しても既に売り切れcryingということも多いのでお早めに。なお、華正樓は肉まんと焼売も美味しいので、餃子が空振りの場合はそちらもお勧めです。

日本橋高島屋店:03-3271-3030 (2011年3月オープン!)
新宿高島屋店:03-5361-1302
横浜高島屋店:045-3133-3969
(どちらも華正樓の売場への直通電話です)

にほんブログ村 トラコミュ ☆~餃子~☆へ
☆~餃子~☆
にほんブログ村 トラコミュ 餃子・シュウマイ・中華点心などへ
餃子・シュウマイ・中華点心など

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年11月17日 (水)

「銀座 古川」の豪快海老フライカレー

さそりいのししの「この店のこの料理」という定番メニューの一つに、銀座5丁目のニューメルサ7階にある洋食店「銀座 古川」の「海老フライとドライピラフのクリームカレー添え」(2,600円)があります。

Photo

見てくださいこの贅沢な姿を。ドライカレーに海老フライがVの字に豪快に突き刺さっている様は、エロチシズムすら感じます。このドライカレーは挽肉がたっぷり入っていてスパイーシーでそれだけでも十分美味しいですが、このクリームカレーをかけるととまろやかさが加わって、口の中でツインリードギターのような絶妙なハーモニーを奏でてくれます。

細めだけれでも完璧に揚げられた洋食屋の海老フライは、この豪快な盛り付けに敬意を表して、フォークやナイフなど小賢しいものは使わずに、そのまま手でグイッと引き抜いてクリームカレーに泳がせてから食べるのが王道でしょう。

「古川」は9年前のオープンの頃からずっと通っていて、これ以外にもシチューやハンバーグなども美味しいのですが、久しぶりに来店するとどうしても馬鹿の一つ覚えのようにこのメニューを頼んでしまいます。このブログを見てよだれが出た方は、銀座にお寄りの際は是非お試しあれ。

「銀座 古川」:03-3574-7005
ぐるなびのページはこちら

さそりいのししの「食」に関するブログ記事一覧はこちら

にほんブログ村 トラコミュ 外食万歳!お薦めのお店や美味しいもの。へ
外食万歳!お薦めのお店や美味しいもの。
にほんブログ村 トラコミュ 洋食みしゅらんへ
洋食みしゅらん
にほんブログ村 トラコミュ カレーへ
カレー

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

カーシェアリングでまっピンクのFIAT 500!

このブログでは何回か書いていますが、さそりいのししは以下の理由でクルマは所有していません:
・都心に住んでいるのでどこに行くにも電車の方が安くて早いしエコ
・妻は免許を持っていないし、子供がいない
・クルマがあったとしても週末しか使わない
・駐車場代が高い
なので、最近始めたゴルフに行く時や、大きな荷物を運ぶ時はカーシェリングやレンタカーを利用しています。毎週末使っても、ひと月の駐車場代にも満たないので経済的です。

にほんブログ村 トラコミュ カーシェアリングへ
カーシェアリング

Fiat5001_2

中でも最も多用しているのが、オリックスのカーシェア。月額基本料が2,000円で、15分200円単位で借りられます。1時間使っても800円なので、タクシー感覚で使えます。短時間または長時間・短距離の利用にはカーシェア、長時間・長距離はレンタカーという使い分けをしています。

カーシェアをレンタカーと比べた場合の違いは(オリックスの場合):
・15分単位で借りられる
・「満タン返し」不要の代わりに、1キロ当たり15円の従量料金
・店舗や店員を介さずに、マンションや一般の駐車場に設けられた「カーステーション」から直接、思い立ったらすぐに24時間いつでも借りられる
・車種は軽自動車とコンパクトカーのみ

さて、使い方ですが、会員登録をすると、非接触ICカードが発行され、これをクルマの窓のセンサー(写真左側)に当てるとセンターに予約情報と照合され、遠隔操作でドアロックが解除されます。クルマのキーはグローブボックスの中にあるキーボックス(写真右)につながれていて、これを「貸出」の位置に回して鍵を抜くと利用開始となります。右側にあるのは「給油カード」で、途中でガソリンがなくなりそうになった場合はこのカードを使って給油します(もちろん利用者には請求されませんし、給油した場合はお礼として15分サービスされます)。

Carshare

カーステーションは、都内にかなりの数があり、自分の場合は自宅から徒歩2分ほどのマンションの駐車場にワゴンRが2台、徒歩圏内に軽自動車のステーションが数か所あり、電車で一駅の所にFIAT 500が2台とホンダFITが1台配備されています。近場は軽自動車、高速道路に乗る場合は1300ccクラスという使い分けにしています。

Fiat500_station_2

カーステーションはこんな感じです。この写真は実はオリックスカーシェアのiPhoneアプリからキャプチャしたもので、「セカイカメラ」と同様のAR(Augmented Reality=拡張現実)機能です。歩きながらiPhoneのカメラを空間にかざすと、ステーションがどの方向の何メートル先にあるかを教えてくれるので、初めて行くステーションを探すには大変便利です。

オリックスはこのiPhoneアプリが大変よく出来ていて、高機能でかつ使いやすく、予約も変更も実に素早く簡単に出来る点が、このサービスを多用する理由にもなっています。はっきり言ってPCより使いやすいです。サービス系のアプリでこれほどよく出来たものは見たことがなく、このアプリを開発したスタッフにあっぱれと言いたいです。

以前このブログでAmazonに関して書きましたが(こちら)、これからの時代はこのように目に見えないITインフラのバックエンドにお金をかけている企業が勝ち組になると思います。

Carsharing_iphone

そして先週、今キャンペーン中のまっピンクのFIAT 500(ちなみに、「ゴヒャク」ではなく、イタリア語読みで「チンクェチェント」と読むのが正しい)を借りました。12月末まではこのクルマが15分200円/6時間3,500円/12時間4,500円/24時間5,500円で借りられる上、その売上の一部は乳がん研究のピンクリボンに寄付されるのです。

Fiat500_frontFiat500_rear
Fiat500_sunroofFiat500_interior_2

FIAT 500は女性をターゲットにしているのか、シート位置が高く、身長182センチの自分には頭上が窮屈でルームミラーが前方視界を遮る感じはありましたが、すぐに慣れました。それよりも最初は違和感があったのはオートマなのに「P」の位置が無く、クリープ現象(アクセルを離すと少しずつ前進する)が無いというFiat独特のDualogicトランスミッションです。

DualogicはトルコンやCVTなどの純粋なオートマとは異なり、構造的にはマニュアル車に自動クラッチが付いた感じなので、オートモードで普通のオートマの感覚で運転するとシフトアップの際のショックが大きく感じます。しかし、マニュアルモードで運転すると、逆にオートマ車に人工的に付けたマニュアルモードよりは本物のマニュアルに近く、楽しい運転ができます。Dualogicはマニュアルモードで運転すべし、です。

エンジンは1200cc 69馬力なので同クラスの国産車と比べると非力ですが、低速トルク寄りなので街中ではキビキビ走るし、高速道路での安定性・静寂性も合格点でした。太い革巻きステアリングは適度な重みがあり、ホイールベースが短いので回頭性がよく、ロールも少ないので、ワインディングロードでも結構楽しめました。

まあでもこのクルマに乗る人は性能云々よりはこのかわいいデザインでしょう。このまっピンクの500で信号待ちの先頭にいると、横断歩道を渡る通行人(特に子供や女子)からは注目されます。指もさされます。大柄なサングラスをかけたおっさんが乗っていて、さぞかし違和感があったでしょう(笑)。

以前書いたFIAT 500の関連記事:
2009/1/21 FIAT500のイベント

にほんブログ村 トラコミュ フィアット(FIAT)へ
フィアット(FIAT)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

サイクルモードに行ってきました

幕張メッセで開催中の、「サイクルモードインターナショナル2010」に行ってきました。最新モデルの自転車をはじめ、パーツやウェアの展示、さらに試乗することもできる、自転車の総合展示試乗会です。
Title

さそりいのししは高校時代は自転車競技部に所属していて、競輪が開催されていない時はいつも大宮競輪場で走っていました。ロードや長距離は苦手だったので、「2名ないし3名で2周(1周333mの場合は3周)先にした方が勝ち」という一番短いスプリント(当時は「スクラッチ」と呼ばれていました)が得意でした。

ちょっと本題からははずれますが、風の抵抗は速度の二乗に比例し(つまり時速60キロの風圧は20キロの時の9倍!)、自転車の場合は人間が動力なので、風の抵抗はもろにスピードと疲労に影響します。なので風を切って先行するのは不利で、ゴールぎりぎりまで相手を風よけにして後ろにぴったり着けて、ゴール前に抜く(「まくる」)のが定石です。

そのため最後の1周までは「相手を前に出そう」というかけひきで、極端の場合はバンクの上で完全停止することもあります。競輪用の自転車はペダルと後輪が固定ギアで直結しているので、うまくペダルに前後に力を入れてバランスを取ると、いわゆる「スタンディング」という両足がペダルに乗ったままで完全停止ができます。先行する場合はそれなりの戦略があるし、自転車競技の中で、唯一体力だけでなく頭も使う種目でもあったということも好きな理由でした。

さて本題に戻ると、このイベントはかなりユーザー向けという色彩が強く、メッセの二つの会場の間に試乗コースが設けられていて、1台30万円以上もするロードレーサーも試乗できるので、多くの人が楽しんでいました。

Testride1

Testride2

今回は、大手メーカーではGiant、 Cannondale、Specializedが不参加だったのが残念です。個人的には高校時代からの憧れのイタリアのブランドのCinelliが見たかったのですが、これも不参加(めちゃめちゃかっこいいでしょ、これ↓Cinelli Saetta Veloce Mix CT 29.4万円です)。

Cinelli_saetta_2

さそりいのししは今はCannondaleのMTBを持っているのですが、電動アシストのスポーツ車に興味があるので、Panasonic JetterYamaha PAS Brace-Lを比較試乗してきました。

Panasonic Jetter (写真上165,000円)は電動アシスト初の27インチ700Cのホイール(Brace-Lは26インチ)と、20kgを切る軽量さ(Brace-Lは23.5kg)が魅力の「スポーツマインドの電動アシスト」。一方、Yamaha PAS Brace-L(写真下149,800円)は前輪サスペンションとディスクブレーキ、大容量バッテリーによる47kmという航続距離が魅力(Jetterは24km)。
Jetter

Bracel

上のような写真を見た限りでは外見は大差ないように見えますが、実物を見ると、Brace-Lの方が断然かっこいい。Brace-Lは塗装がきれいでシャープでスポーティーな感じだけれど、Jetterは塗装も厚ぼったくてパッとしないし、全般的にどこかもっさりとしていてダサイ。特に、ダウンチューブが途中で膨らむところが蛇が蛙を呑みこんだみたいで気持ち悪いんですよね(下の写真を見ると、何となく言いたいことが伝わるような気がします)。やっぱり趣味の製品なので、自転車は美しくないと駄目。

Jetter_vs_brace

パナソニックはタイヤメーカーで性能も見た目もいいものが沢山あるのに、Jetterに使っているのは32Cという太く、最も安価なPaselaというダサダサのやつで、太く膨らんだルックスなので26インチのように見えます。乗り心地はいいけれど700C特有の軽快感というかころがり抵抗の少なさが感じられず、せっかくの700Cのメリットを活かし切れていない、「スポーツマインド」というコンセプトには合わないタイヤ選択のミス。センス悪いよ、パナソニックさん。

アシスト力に関しては、Brace-Lは後ろから蹴飛ばされる感じでガツンと効くのに対して、Jetterは正反対でパワーモードにしても「本当にアシスト効いているの?」と思うくらい穏やか。穏やかな方ががいいという人もいるだろうけれど、せっかく電動アシストを買うならはっきりと効いて欲しいと思うので、個人的にはこれまたBrace-Lの勝ち。

両社のホームページを見ただけでは「Jetterの方がいいかな」と思っていたのですが、やはり乗り物は乗ってみないとわからないもので、サイクルモードに来てよかったです。

下の写真は、参考出品のBrace-Lのスペシャルバージョン。後輪をディスクブレーキに、フロントフォークをブラックアウトした固定式にして、チェーンガードを短くカットしてカーボン調にした以外はシート・ハンドル・ペダルのパーツをグレードアップしたくらいですが、これだけでかなり「電動アシスト」というイメージからは脱皮したスポーティーな感じになりますね。

にほんブログ村 トラコミュ 電動自転車へ
電動自転車

Bracel_special_version

Bracel_special_version2

電動アシストもいいのですが、実は最近にわかに流行ってきたピストバイク(競輪用の固定ギアの自転車を公道走行用にブレーキを装備したもの)も気になっています。昔は学校から競輪場までの片道20キロの移動は競輪用自転車に補助ブレーキを付けて自走していたので、公道を固定ギアで走るのは慣れています。

ピストバイクはロード用よりチェーンが太くギアが厚く、固定ギアのため遊びがないので、力がよりダイレクトに伝わるし、変速機などの余計な重量が一切なく軽いため、多少の坂でも難なく登れてしまうのです。楽な電動アシストに惹かれる一方、その対極にあるトラックレーサー(当時はこう呼んでいました)の爽快感をもう一度味わいたいとも思って股裂き状態です(えっ?両方買えばって?)

お手ごろでかっこいいピストバイク:Panasonic FPC-13 (来年1月発売 95,000円~フレーム価格?)とMBM I am fixed (62,800円)。

にほんブログ村 トラコミュ ピストバイクへ
ピストバイク

Panasonic_fpc13

I_am_fixed

ちょっと欲しいな、と思ったのがこの「イル・ミラー」(2,520円)。ハンドルバーエンドに取り付けたバックミラーのフレームがLEDで光るので夜間走行時に安全です(点灯時間約50時間)。

Mirror1

一つ目を引いたのが、「Girl's Keirin」。2012年からプロの女子競輪が始まるらしいのですが、今その前哨戦が行われているのです。昔競輪場を散々走っていた割には、賭事はやらないこともあって、実は競輪は一度も生で見たことがありません。でもこれなら見てみようかと思います。選手も意外に(?)美形のようだし(笑)。

Girls_keirin_2

Girls_keirin2

Girls_keirin3_3

最後にご紹介したいのが、「Team Keep Left」という自転車のマナー向上ムーブメント。逆走を自転車のマナー(というよりは交通ルール)違反の象徴として、正しい自転車の左側(車道)通行をアピールしていく運動です。

Keep_left1

街で日常的に見かける、自転車の逆走、無灯火、傘さし、ヘッドホンステレオ・携帯電話使用、歩道での猛スピードなど、すべて道路交通法違反の行為は目に余ります。競技者として厳しい安全教育を受けた人間としては、こういう行為を見ると、まずは「よく平気であんなことができるな」という感覚があります。自分には怖くてできません。自転車をなめているとしか思えません。30年以上たった今でも、自転車に乗る時にヘルメットをかぶっていないと、裸でいるような不安感があるほどです。

今ではバイクにも乗るので車線の左端を走ることが多く、夜に無灯火で車道を逆走してくる自転車がいるとヒヤヒヤします。「死にてえのか、馬鹿野郎!」と叫びたくなります(実際にヘルメットの中で叫んでたりして)。そんな訳でこのムーブメントには即参加申し込みをして、資金作りのためのTシャツやグッズの販売にも貢献してきました。

過去の自転車関係の記事:
2009/11/03 東京アースライド
2008/4/20 チャリティサイクルイベント
2006/10/15 もう一台の「バイク」

にほんブログ村 トラコミュ 自転車イベントや交流会!へ
自転車イベントや交流会!
にほんブログ村 トラコミュ 40オーバー!おやじサイクリストへ
40オーバー!おやじサイクリスト
にほんブログ村 トラコミュ 自転車へ
自転車


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »