« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の5件の記事

2010年9月14日 (火)

「環境性能のスーパーカー」、TESLA

生シュワちゃんの後は、生TESLAの話題です。クルマ好きの人ならば、スーパーカー並みの性能と400キロという長い航続距離の両立を実現した電気自動車TESLAのことは聞いたことがあると思います。TESLA MOTORS社は、2003年にシリコンバレーで設立されたベンチャーで、2008年から累計1,200台のRoadsterを出荷していて、偶然にも前日に会ったシュワちゃんもTESLAのオーナーです。

Tesla_red

このクルマ、0-時速100キロを4秒足らずで加速し、最高速度は212キロと、エコカーというよりはスーパーカーです。一回の充電で約400キロを走ることができ、これは東京から仙台、または名古屋、新潟までの片道距離に相当し、充電は4時間(200V70Aの場合)。ちなみに、日産がその総力を結集して年内に発売する電気自動車リーフの航続距離はわずか160キロで、これではレジャーでの使用は無理ですね。

TESLAは価格もスーパーカー並みの1,276万円ですが、日本政府のクリーンエネルギー自動車補助金324万円を受けられますので、実質的には952万円となります。

さて、何故TESLAの話題かと言うと、さそりいのししが会員になっている在日英語圏ビジネスマンのネットワーキング月例会(以前の記事 その1 その2)での今月のスピーカーが、TESLAのアジア太平洋地域ディレクターのKevin Yu氏だったからです。さそりいのしし的には、非常に印象に残った話しが3つありました。

Tesla_front
(これらの実車の写真は、講演が終わった後に同氏が会場となった日本橋のマンダリンホテルの下に停めていたRoadsterを見せてくれた時に撮ったものです)

one 技術的に面白かった話は、バッテリーに関するものでした。大手自動車メーカーがEVやハイブリッドに使っているバッテリーは専用設計の大型なものに対して、TESLAが使っているのは、パナソニック製のノートパソコン用の汎用セルを6,800個も束ねたものです。

Tesla_cells当初は、この手法は業界の笑いものだったそうです。なぜならば、円筒形のバッテリーを並べると、当然その間には多くの隙間が発生するので、集積度を上げることができないのでかさばるからです。

TESLAは、正に逆転の発想で、その隙間を利用して、そこに冷却用のチューブを通すことを考えました。電気自動車の充放電の効率に関する多くの技術的課題は熱対策にあるので、TESLAはこの手法でそれを解決し、どのメーカーも達成できなかった長い航続距離を実現できたわけです。同社の特許の多くはこのバッテリーの冷却と充電管理にまつわる技術とのことです。

ベンチャーだから、大手自動車メーカーのように専用設計のバッテリーの開発や製造にお金をかけられない。でもそれが逆にTESLAの強みになったわけです。
いまやトヨタもTESLAに出資し、豊田章男社長に

「Tesla社の高い技術力、モノづくりにかける強い思い、ひたむきな姿勢に、無限の可能性を感じた。ベンチャー企業である同社から、チャレンジ精神や意思決定の速さ、柔軟性など多くを学びたい」
と言わしめる存在にもなったことは、正にアメリカン・ドリームです。

Tesla_battery

two 二つ目の印象的な話しは、電気自動車に対する懐疑心の払拭です。電気自動車に関してよく言われるのは、「ゼロエミッション」というけれど、電気を作るのにもエネルギーを使うじゃないか」ということ。

それは確かにそうですが、車にガソリンを給油するまでの全工程をよく考えてみると、中東で掘削し、何千キロも大型タンカーで運び、巨大タンクに移し、化学的に精製し、さらにトラックに載せてスタンドに運び、電気ポンプを使ってそこのタンクに貯め、人の手で再び電気ポンプ使って燃料タンクに給油する。その過程には実に多くのエネルギーの消費とCO2の発生と人手とがかかっていて、代替手段はありません。

それに対して、電気は原子力でも水力でも太陽光でも風力でも作れます。何よりも、紛争地域の中東に依存しないエネルギー源という側面は地政学的に重要です。

TESLAのオーナーには風車や太陽光発電で「売電」している人も多いとのこと。ガソリンを個人で自給自足するなんてありえませんが、電気自動車ならありうるわけです。

Tesla_rear

もう一つの電気自動車に関する懐疑心は、充電時間に関するものです。曰く、「走行中にバッテリーがなくなったら、何時間も充電に待たなくてはならない」というもの。しかしこれは、ガソリンエンジン車と同じ使い方の発想からくる杞憂です。ガソリン車は、満タン状態から短い距離を何日かかけて走り、いよいよ空になりそうになったら給油するのが普通で、こまめに毎日給油する人はいませんよね。

しかし電気自動車は、一日の走行が終わったら、コンセントにつないで寝ている間に充電すれば、毎朝400キロ走れる状態になるわけです。だから、一日に400キロ以上連続して走らなければならない人以外は、電気自動車は何の問題もないことになります。バッテリーの寿命は1000回の充電なので、仮に週に2回充電したら10年、週4回でも5年は持つことになります。

ちなみに、400キロ走れるフル充電に要する電気代は約700円だそうです。仮にリッター20キロ走るハイブリッドでも400キロ走るには20リッターx125円=2,500円かかるので、コストは1/3以下です。このTESLAと同じくらいの性能のスーパーカーだと、リッター6キロくらいしか走らないでしょうから、そうなるとコストは1/12になります。これぞ環境性能。

Tesla_cockpit_460x345

three 最後の印象的な話しは、TESLAの購入者はいくらお金があっても、それまではフェラーリやポルシェなどのスーパーカーには見向きもしなかった人が多いということ。つまり、同じステータスシンボルでも、単に性能やかっこよさだけではなく、環境性能という全く異なる価値観のステータスシンボルということです。

TESLAは、ほとんど広告宣伝費を使う必要がないそうです。それは、そもそも社会的に影響力のある人たちが購入するので、そのオーナー達が次々と新しいお客を連れてきてくれるからです。羨ましいビジネスモデルです。

また、TESLAに転職した多くの従業員は、前職よりも低い給料でもTESLAのビジョンと将来性を信じ、TESLAに働きたいから移ったとKevin Yu氏は言っていました。今どき、なかなかそんな会社はないですね。
実は、この講演の翌日にたまたまあるアメリカ人にTESLAの話しをしたら、目を丸くして、2年ほど前にTESLAで働きたくて、いくつかビジネスプランを送りつけたことがあって、今一番働きたい会社だと興奮して語っていました。

TESLAの第一弾はこのRoadsterですが、2012年に登場予定の第二弾のModel Sが既に発表されています。

Tesla_model_s_460x306

一見、普通のセダンに見えますが、実は3列シートの7人乗りで、最後列は後ろ向きの子供用のシートだそうです。注目すべきは、価格は500万円程度になるとのこと。Roadsterはちょっと手が出ないけれど、Model Sならいいかな。

にほんブログ村 トラコミュ テスラモータース(Tesla Motors)へ
テスラモータース(Tesla Motors)
にほんブログ村 トラコミュ 電気自動車関連ニュースへ
電気自動車関連ニュース
にほんブログ村 トラコミュ エコカーへ
エコカー

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

生シュワちゃん@アメリカ大使館

来日中のアーノルド・シュワルツネッガー・カリフォルニア州知事を囲むアメリカ大使館主催のレセプションに招待されて行ってきました。

American_embassy_invitation

場所は大使館の敷地内にある大使公邸。日本とは思えない、天井の高い、いかにもアメリカの邸宅の建築でした。

1009132_460x345

1009131_460x345

6時半開始のレセプションでしたが、北京からのフライトが遅れたそうで、主役のシュワちゃんが登場したのは8時頃。公称身長183センチですが、182センチの自分よりも明らかに背は低いと思いました。もう63歳なので、身長も縮んだのかもしれません。さすがに上半身は大きな岩のようにイカツかったですが。

1009136a

5分ほどのスピーチでは、今回の訪問はカリフォルニア州で建設予定の高速鉄道の視察が目的とのこと。それにしても、もうアメリカに移住して40年以上もたつのにあの独特の「オーストリア訛り」は抜けないですね。まあ一種のトレードマークみたいになっているので、あえてそのままにしているのかもしれませんが。 スピーチの後はすぐに会場を後にしたので、来場者はちょっと拍子抜けした感じでした。

1009137a_460x345

上の写真の左側は、最近駐日アメリカ大使として初めて広島・長崎を訪れたルース氏。 ところで、今回のレセプションには面識のある人は一人もいなかったのですが、見たことのある顔は、この「出たがり」の人物だけでした(笑)↓

1009133_davespector

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

検察審査会経験者として小沢一郎氏の発言に思う

このブログには基本的には政治のような固いネタあまりは書くつもりはないのですが、今回だけは思うところがあるので発言させてもらいます。

100x333実は私は5年ほど前、検察審査会の審査員を務めていました。裁判員同様、有権者名簿からランダムに選ばれ、特別な理由がない限り、辞退はできません。ただし、事件単位で召集される裁判員とは異なり、任期は6ヶ月で、実に多くの数の事件を扱います。基本的には毎週一回の決まった曜日の朝10時から午後3時頃まで拘束されますので、審査員には相当な負担が強いられます。

検察審査会とは、検察が不起訴処分にした事件を、その不起訴にしたことが妥当かどうかを、一般国民の健全な良識から見て正しいかどうかを審議する仕組みです。

何故こんな仕組みが必要かと言うと、検察が起訴をしないと、そもそも裁判にすらならないので、有罪か無罪かを問う議論すら始まらず、実質的に検察が無罪判決を下したことと等しくなるからです。

日本では、警察から送検された事件が起訴される比率が6~7割と国際的に比較すると非常に低く、裁判になる前の段階で検察が独自の判断で裁判にかける事件をふるいにかけるというケースが多くなっています。これは、検察が「有罪率99%」という数字を達成するために、少しでも裁判に負ける可能性がある事案は、起訴しないという傾向があるからです。

ですから、検察が不起訴処分にしたことを不服とする人がいる場合の救済手段として検察審査会は存在し、誰でも検察審査会に対して審査の申し立てをすることができます。

検察審査会の役割は、有罪か無罪を議論することではなく、捜査や証拠は十分だったのか、その証拠で検察だけの判断で不起訴処分すなわち無罪放免にするという判断が正しかったのかを審議するだけです。単に事件を裁判の俎上に乗せるだけですから、仮に検察審査会の決議によって起訴された事案が結果的に無罪になったとしても、それは検察審査会が誤った判断を下したわけでもなく、ましてやその存在を否定する理由にもなりません。

検察審査会は「11人」とよく書かれますが、実際には20人いて、欠席者がいても議決が成立する定員の11人を割らないようになっています(審議には出席者全員加わりますが、最後の議決に投票できるのは11人です)。しかも、その20人は、まったく経験のない20人がいきなり審査を始めるのではなく、任期の6ヶ月のうち、経験者と新任が半分づつ重なった二つのグループによって形成されています。

たとえば、私の場合は11月から4月までの任期で、そのグループ(仮にAとします)には12人いました。11月に開始した時は、すでに8月から3ヶ月審査員を経験している8人(B)と組み合わせての20人で3ヶ月審査を行いました。そして1月一杯で(B)は抜け、2月からは新たに8人の新しいグループ(C)が加わるわけです。

さて、今回の本論ですが、小沢一郎氏は政治資金規正法違反で不起訴処分になり、それに対して審査申し立てを受けた検察審査会は今年4月に一度、「起訴相当」(=検察官の下した不起訴処分は不当であり、起訴して裁判にかけるべきだ)という最も厳しい決議を下しています。

ちなみに、「起訴相当」の決議を下すには11人の審査員のうち8人以上の同意が必要で、過去の決議のわずか1.5%と、めったにないことです。私自身の審査員をしていた経験でも、不起訴処分にしたことが、国民の一般的な良識からよほどかけ離れている場合でないと、それだけの数の審査員の同意が得られることはありません。

一回の起訴相当決議では強制力は持ちませんが、10月に行われると言われている再審査で検察審査会で起訴相当決議が出ると、今度は強制的に起訴処分となります。

私は証拠を見ているわけではありませんし、今回の政治資金規正法違反容疑に対して、小沢氏がシロかクロかを言うつもりもありませんし、次回の再審査で検察審査会がどのような決議を下すか、または下すべきかも言うつもりもありません。

しかし問題にしたいのは、小沢氏は、検察審査会の存在そのものを否定する発言をしていることです。曰く、

「強制力を持った捜査当局が調べて何もなかった。不起訴だということについて、一般の素人の人がそれをいいとか悪いとかいう今の検察審査会の仕組みが果たしていいのか」

「一般の素人」が審議を行うことこそが、検察審査会や裁判員制度の趣旨であり根幹です。それを問題にするのであれば、「素人」が判決と量刑までも決める裁判員制度に関して小沢氏はどう思っているのでしょうか。いずれにしても、一国の首相になろうとしている人間が、自分の党も賛成し国会で成立した法制度を、自分に都合が悪くなった途端に否定するということは甚だ自己中心的で独裁者と同じ発想であり、民主主義における政治家としての資質を問われるべきものです。

また、この発言は、「国民の義務」として忙しい仕事や生活の時間を削って検察審査会の任務に務めていたサラリーマンや自営業者や主婦など、延べ50万人の検察審査員を経験したすべての一般国民を侮辱する行為だと思います。

実は、私が審査員を務めていた時は、ITサービス会社の社長を務めていました。会社社長としての忙しい身で半年間の間、ほぼ毎週一回検察審査会に出席し、その失われた時間を埋め合わせるのは大変でした。

それでも審査会では私はオピニオンリーダー的な存在で、議決方法を改善したり、議決通知文をもっと血の通ったものにするよう最高裁判長に意見書を送るようなことも私の提案で行いました。そんなこともあって、事務局長の推薦でその当時まだ計画中だった裁判員制度についても東京弁護士会のパネルディスカッションに呼ばれたり、新聞の取材を受けたりもしました。私は検察審査会のために相当勉強もし、尽力しましたが、それを軽々しく「素人の戯言」のような言われ方をされたのではたまりません。

検察審査会に参加したおかげで、私自身の法律や司法制度に対する意識も格段に高まりました。それが、「一般の素人」が司法に参加する意義でもあると思います。

小沢氏が仮に今回の事件で法的にどれだけ正しいとしても、国のために尽くす一般国民の努力までも、その独裁者的「剛腕」で平気で踏みにじるような人物がこの国の首相になるようなことがあってはならないと思います。それでは日本は北朝鮮と同じになってしまいます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

クルマのドリンクホルダーで使えるソニーの「サウンドマグ」

都心に住んでいるのでどこに行くのも電車の方が早く安く便利でかつエコなので、さそりいのししはクルマを持っていません。バイクは乗ること自体に意義のある「趣味の道具」なので「移動手段」ではありません。ただ、最近ゴルフを始めたので、レンタカーやカーシェアリングを使う機会が増えました。

レンタカーで音楽を聴く場合は、これまでiPhone+FMトランスミッターを使っていたのですが、雑音が入ったりするし、渋滞情報を聞くために周波数を変えたりすると、トランスミッターの周波数に戻すためにはメモリーしておかないと極めて面倒だし、メモリーをするためにはレンタカーのマニュアルを見なければわからない、というストレスをいつも感じていました。

そんなところ、このソニーの「サウンドマグ」SRS-V500IPという製品の奇抜な姿をポータブルオーディオ製品売場でたまたま見つけた時は「何じゃこりゃ?」と思ったのですが、よく見るとスピーカー本体がトールサイズのマグのような形をしており、それをクルマのドリンクホルダーに挿して使えるというのです。

Y_srsv500ip_010

しかも、このSRS-V500IPはおそらくソニーが始めて宿敵アップルのiPodドック規格に対応した製品で、iPod/iPhoneをコントロールできるワイヤレスリモコンと、クルマと家で使うためのすべてのアクセサリーも付属しているということで、「これだ!」と思って衝動買いしてしまいました(19,800円)。

コンセプトビデオがこちら(これはソニーのウォークマン用の兄弟モデルRDP-NWV500ですが、使用方法は全く同じです)。

早速クルマで使う機会があったので、その使用レポートをしてみたいと思います。クルマはワゴンRで、ダッシュボードのドリンクホルダーに500mlのペットボトルと全く同じ感じで装着できました。マグに接続するのは、iPod/iPhoneとの接続ケーブルと電源ケーブルの2本で、簡単です。iPhone本体は触る必要はないので好きなところに転がしておけばOKです。

Soundmug

音はディフューザーで360度に音像を広げる機構により、「どこか一箇所から鳴っている」という「点音源」的な印象は全くなく、クルマ全体に広がり、ステレオではありませんが、あたかもカーステレオで聴いているような印象です。音質的にはデジタルアンプらしい歪みのないクリアで聞きやすい音で、音量的にも16ワットの出力があるのでドライブのBGM用としては十分です。

低音はロードノイズに打ち消される傾向があるので、中低速ではそれなりに出るのですが、高速道路を走っているとどうしても低音不足になってしまうのはいたしかたないところです。なお、本体には音質調整機能はありませんので、iPod/iPhone側で調整する必要があり、基本的にはBass Boostはオンにした方がいいです。

3_2使い勝手的には、最も多用するボリュームはマグの上部のダイヤルをつかんでクイックイッとひねる形で、何よりも運転中にブラインドタッチで操作できるという点が非常に良く考えられています。あえて言えば中央のボタンを一押しで一時停止、長押しで電源という仕様の方がよかったと思います。

Y_srsv500ip_013付属のワイヤレスリモコンでは、iPod/iPhoneをコントロールできます。運転中にiPhoneのタッチパネルを操作するのは危険なので、このリモコンを首から下げておけば、曲を飛ばしたい時などはほとんど視線を道路からはずさずに操作することができます。

実はさそりいのししは以前ソニーである製品事業部の商品企画部門を統括していたことがあります(もう15年も前だから時効ということで開示します)。そんなこともあってこの製品は久しぶりに「ソニーらしい」商品企画色が強い製品だったので嬉しくなって買ってしまいました。ただ、あえて商品企画的な視点から注文を付けるとしたら:
one 本体と車載用のアクセサリーをきれいに収納できるバッグを付けて欲しかった
two 運転中はとっさに消音したいこともあるので、一時停止かミュートが欲しい
three 車載用としてのリモコンの詰めが甘い。ボタンが小さすぎるし、もっとクルマの中でのブラインドタッチを前提にした工夫が欲しかった

にほんブログ村 トラコミュ デジモノ大好き!へ
デジモノ大好き!
にほんブログ村 トラコミュ デジモノ・アイデア商品情報交換所へ
デジモノ・アイデア商品情報交換所

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

「バイオハザードIV」先行ロードショー(3D)を観てきました

今日から始まった「バイオハザードIV アフターライフ」の世界最速先行ロードショーを観てきました。正式封切は9月10日ですが、4日と5日は一部の劇場で先行上映を行っています。混むのが予想される都心の映画館ではなく江東区の木場で観ましたが、17:05の上映で観客は1/4程度しかいなくて、ちょっと拍子抜けでした。

Biohazard_poster

さそりいのししはホラー映画とバイオハザードのゲームのファンで、ゲームは初代プレイステーション版からすべてプレイしていて、映画もすべて観ています。

Biohazard_2今回の映画のオープニングシーンは、ゲームの生まれの地である日本が舞台で、渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で、最初の感染者の中島美嘉が通行人に噛み付くところから始まります(ハマリ役です。コワイっすshock→)。
ちなみに、このシーンは実際に渋谷で撮影されたものではなく、渋谷を忠実に再現したセットをカナダに作って撮影したそうです。石原さんから撮影許可が下りなかったのでしょうか?
なお、日本が登場するのはオープニングの数分だけで、その後は舞台はロスアンゼルスに移ります。

さて、今回の映画の一つの目玉は「3D」立体映像です。映画館離れが進む中、映画業界にとっては映画館に足を運ばせることと、映画配信をフィルムからデジタルに置き換えるための「救世主」と考えられており、今後ハリウッドで製作されるほとんどのアクション系映画は3Dになるようです。
Biohazard_3dprice
しかし、ただでさえ高い日本の映画の入場料よりも、3Dの場合は大人で200円、学生で300円も高く設定していて、これでは映画館に足を運ばせる効果も半減でしょう。ちなみに、アメリカでも3D映画は普通の映画よりも5ドル(約400円)も高いそうですが、普通の映画が安いので3Dでも15ドル(1200円)程度ですからまだ納得がいきます。

それにしても、日本の映画の料金は何故こんなにべらぼうに高いのでしょうbomb。アメリカでは普通の映画なら10ドル(約800円)前後で日本の半額以下です。しかも映画のタイトルや地域によって料金が異なるのは当たり前なのに対して、日本は全タイトルがほぼ全国一律1800円。

何百億円の制作費をかけたアメリカの大作も、日本の自主制作に毛が生えた程度の低予算作品も、都内の一等地の最新鋭の映画館も、地方の朽ちかけた映画館も同じ。自由経済が機能していない証拠です。「DVDやレンタルや他の娯楽に客を奪われている」などと愚痴を言う前に、コアな映画ファン以外の一般客の足を映画館に運ばせるための業界の企業努力が足らないと思います。たとえば:

制作費と料金が比例すべきだとは言いませんが、やはり映画館で観る最大のメリットが大画面だとすると、旬の美男美女を揃えただけで映像表現に金がかかっていないほとんどの日本映画は、1000円以下にすべきでしょう。

恒常的に銀座や新宿などの都心の映画館が満員で、周辺部の映画館がガラガラなら、値段の差を付けなければその状況は永遠に変わらない。

深夜やロードショー直後は半額で上映するなど、価格破壊を行う映画館が現れたっていい。

今の映画業界ではそのような従来の慣行を破ったインパクトのある新たな試みが許されないし、もしかしたらやろうとする意思すらないのかもしれません。

日本には価格を固定することによって弱者を保護しつつ利益と雇用を確保しているという「つもり」の、統制された業界が映画以外にも出版、タクシーなど多く存在しますが、それは「幻想」に過ぎません。

最近、「規制緩和」という言葉をほとんど聞かなくなりましたが、官による規制であれ、業界自らの慣行であれ、それが自由競争によるイノベーションを阻み、需要を頭打ちにさせて自分の首を絞めていることに気づいていないところに、日本経済の低迷の一つの原因があると思います。

Biohazard_glasses
久しぶりにオピニオンモードに入ってしまいましたが、話を元に戻すと、3Dメガネはこのような使い捨ての偏光レンズのものが配られます。単価が安そうなものなので、回収して再利用するよりは経済的なのでしょう。

立体映像の方式は、あの大成功を収めた「アバター」と同じ方式です。やはりところどころ「どうだっ!3Dだぞっ」的な観客に向かってモノが飛んでくる場面があるのは「お約束」ですが、全般的には自然な感じで、個人的には疲れもなく、興奮するほど「スゲー」とは感じませんでしたが、普通の映画よりは娯楽としては楽しめたと言えると思います。

映画自体は、ゾンビ映画というよりは、ゾンビの原因を作ったアンブレラ社というコングロマリットに対する復讐という設定が色濃く、それはそれでアクション映画としては悪くはないのですが、やはりゾンビ映画や元のゲームのファンにとっては物足りないと感じてしまいます。ハリウッド映画は、一にも二にもできるだけ広い観客層にアピールするという興行第一主義で製作されるので仕方ないことかもしれませんが、はっきり言ってこれはホラー映画と言うよりは、アクション映画です

【さそりいのししの評価(★★★★★が最高)】
ストーリー ★★★ 
映像 ★★★★★
キャスト ★★ (ゲームのファンとしては、クレアとクリスのキャラが弱すぎ)
総合 ★★★

ちなみに、エンディングは、続編があるということを「匂わせる」どころか、宣言しているような終わり方でした。

Green_hornet

余談になりますが、この映画の上映前に、来年1月に映画化される「Green Hornet」のリメイク版の予告編がありました。原作は44年も前に放送されていたテレビシリーズなので、若い人はGreen Hornetと言ってもわからないかもしれませんが、無名時代のブルース・リーが日本人の空手使いの運転手兼助手という設定で出演していました。

さそりいのししは小学生時代に住んでいたアメリカでこの番組をリアルタイムで見ていて、この番組のせいで学校では「お前日本人なら空手できるんだろ?」などと言われて困った記憶があります。また、登場人物と同じくらい、Black Beautyと呼ばれる改造車も主役の一人であり、このミニカーも持っていたので大変懐かしく思い、是非見てみたい楽しみの映画です。ちなみに、これも3Dです。

にほんブログ村 トラコミュ バイオハザードへ
バイオハザード
にほんブログ村 トラコミュ 3D映像(立体映像)へ
3D映像(立体映像)
にほんブログ村 トラコミュ 新作映画へ
新作映画
にほんブログ村 トラコミュ 最新映画情報へ
最新映画情報
にほんブログ村 トラコミュ ホラー映画へ
ホラー映画

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »