« 月例ワインセミナー | トップページ | 懐かしのジャズ・バーとサントリー・ホワイト »

2010年5月15日 (土)

パナソニックの新製品が格安で購入できる新製品モニター

さそりいのししは、特段パナソニック製品のファンではない(どちらかというとソニーのファン)なのですが、同社の直販サイト「パナセンス」はよく利用します。その理由は、ここには「新製品モニター販売」という、ちょっと変わった、そして大変お得な新製品の発売方式があるからです。

簡単にそのシステムを説明すると:

新製品の発売の1ヶ月ほど前に、あらかじめ定められた「下限価格」と「上限価格」の間で限定された数量(50-200台程度)の製品の入札を募集します。

入札は、通常の価格が上がる方式とは逆の「ダッチ・オークション」方式で行われます。例えば募集数が50だとすると、一番高い価格をつけた人から高い順番に50人目がつけた価格で、全員が購入できることになります。たとえば上限価格10万円・下限価格6.5万円で50人募集した場合で:

  • 5人が10万円(上限価格)で入札
  • 10人が9万円で入札
  • 15人が8万円で入札
  • 20人が7万円で入札
  • 30人が6.5万円(下限価格)で入札

上の例だと、最高入札価格から数えて50人目が入札した価格、すなわち7万円で全員が購入できることになります。10万円で入札した人も、7万円です。7万円より低い価格で入札した人は購入できません。

さそりいのししの分析によると、「上限価格」はヨドバシカメラの発売時の店頭価格からポイント分10%を引いた値段とほぼ等しいことが多いようです。すなわち上限価格で落札しても、一般的な量販店で買うよりも高くなることはないということになります。「下限価格」は、上限価格の33.4%引き、すなわち量販店価格の1/3引きというケースが多いようです。

実例として、最近さそりいのししが購入したものです:

ラムダッシュES-LA84-S (シェーバー)

  • 上限価格:35,900円(現在ヨドバシで39,800にポイント10%=35,820円で販売しています)
  • 下限価格:23,900円(上限価格の33.4%引き)
  • 実際の落札価格:25,000円(ヨドバシのポイント引き後価格の30.2%引き)=実勢価格より1万円も安く買えました!

DMP-BV200S(ブルーレイ内蔵ポータブルテレビ)

  • 上限価格:73,500円(現在ヨドバシで89,800にポイント10%=80,820円で販売しています)
  • 下限価格:49,000円(上限価格の33.4%引き)
  • 実際の落札価格:57,800円(ヨドバシのポイント引き後価格の28.5%引き)=実勢価格より2万3千円も安く買えました!

このように、欲しいものがあれば発売したての新製品を3割引きで購入することもできるので、定期的にチェックするようにしています。

ちなみに、現在パナセンスでは6月2日までハイビジョンテレビやシャワートイレの新製品モニターを募集していますので、これらの製品を購入しようと思っている方は覗いてみたらいかがでしょうか。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« 月例ワインセミナー | トップページ | 懐かしのジャズ・バーとサントリー・ホワイト »

☆オーディオ・ビデオ・モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/48187940

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックの新製品が格安で購入できる新製品モニター:

« 月例ワインセミナー | トップページ | 懐かしのジャズ・バーとサントリー・ホワイト »