« クリスマス、クリスマスって言うけれど・・・ | トップページ | 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「さそりいのししのバイク試乗記」 »

2009年12月24日 (木)

ブログ、Twitter、Linkedin、Facebook、MixiなどSNSの使い分け

さそりいのししは、いわゆるSNS (Social Networking Service)にいくつも参加しているのですが、増えるに従ってそれらの使い分けがどんどん複雑になってきます。そこで、自分のための整理の意味も含めて、「さそりいのししのSNSマップ」を作ってみました。

横軸にパーソナルとビジネスを取り、縦軸にはアクティブ(情報発信・交流)とパッシブ(情報収集)を取り、各サービスをそこにマッピングした図です。黄色の矢印は、見る人を誘導するトラフィックの流れの方向を表しています。

Sns_map_7

このココログのブログは、最もパーソナルで積極的に情報発信しているので、パーソナル-アクティブという右上に位置しています。画像やリンクや文字数、レイアウトなど最も制限がなく自由に自分の表現ができるので、入ってくる矢印の多さからもわかる通り、他のSNSからこのブログに誘導するという基本構造になっています。

mixi(会員数2400万人)は、さそりいのしし的には年齢層が若すぎて、出会い系的なマイミクの誘いが多いのに辟易して、今は全く書き込みはしておらず、私のmixiのページはこのココログのブログにリンクする形で完全放置状態です。mixiを退会せずに残してある唯一の理由は、個人ブログを持たず、mixiのみに書き込んでいる友人が何人かいるからです。よって、パーソナル-パッシブという位置付けです。

LinkedIn(会員数5300万人)以前このブログで紹介しましたが(その1その2)、純粋なビジネスSNSです。ブログ的な書き込み機能はなく、「オンライン履歴書」的な意味合いが強く、人探しや転職、仕事相手を個人としてよりよく知るのに大変有効です。日本語の入力はできますが、日本では正式に事業展開しておらず、基本的には英語圏のコミュニティです。

140文字以内の「今どうしてる?」という短い「つぶやき」を書き込む今話題のTwitter(会員数5400万人)ですが、この図でわかるようにAPIを公開しているので多くの他のSNSとリンクできるようになっており、それがTwitterの成功の一因でもあると思います。例えばこのブログの右サイドバーにはTwitterのブログパーツが貼り付けてありますし、LikedInのページにはTwitterの書き込みが自動的に表示されるようになっています。

さそりいのししのTwitterの使い方は以下の三つです:

  1. ブログの記事にするほどでもない小さな話題の書き込み(ほとんどiPhoneから)
  2. ブログに書いた記事を紹介して、誘導する
  3. 注目している人や企業の書き込みからの情報収集(主にビジネス)

Twitterが成功しているもう一つの理由は、使い方によってパーソナルにもビジネスにも利用でき、また、積極的に情報発信することも、逆にread onlyで受身的に参加することもできるというその幅の広さにあると思います。さそりいのししの使い方は、発信はパーソナル、受信はビジネスが半々なので、マップの中央に位置しています。

LinkedInとよく対比されるのがFacebookで、これはパーソナルなコミュニティです。会員数公称3億5000千万人の世界最大のSNSですが、日本人の知り合いで参加している人は少なく、日本の会員数は少ないと感じます。Twitterよりは歴史は古いですが、短い書き込みで構成される点で、システム的にはむしろTwitterに近いと思います。

ただし、Twittterが不特定多数の読者に対して書き込むのに対し、Facebookは友人相手という大きな違いがあります。従って、Twitterに書き込んだ内容はそのままFacebookに掲載しても問題ないので、さそりいのししも含めてTwitterとFacebookに全く同じ書き込みをし、友人にだけ発信したい内容はFacebookだけに書き込む、という使い方も多いようです。

LinkedInもFacebookも実名での参加が原則なので、それが理由でプライバシーに神経質な日本ではいまひとつ普及せず、外資系や国際派の人の間で留まっています。逆に、Twitterが短期間で日本でこれだけ普及したのは、その匿名性にもあると思います。

Nileportというのは、システム的にはmixiに近い個人ブログの集合体が中心ですが、紹介制で入会審査ありの完全にクローズドなコミュニティです。

このように、多くのSNSに参加していても、必ずしも一つ一つに専用の手間をかける必要はありません。それぞれの読者層や匿名性などを考慮してコンテンツを共用してリンクさせれば、SNSに単独で参加するよりも充実したものにできると思います。

【参考】SNSの会員数(Wikipedia)

にほんブログ村 トラコミュ SNS(ソーシャルネット)へ
SNS(ソーシャルネット)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« クリスマス、クリスマスって言うけれど・・・ | トップページ | 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「さそりいのししのバイク試乗記」 »

☆ブログ・インターネット関係」カテゴリの記事

コメント

使い分けの考え方、スマートですね。
勉強になりました。
近い年代 酉年5x才 さそり座 のせいですかね(^O^)

投稿: sonz | 2010年10月15日 (金) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/47100325

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ、Twitter、Linkedin、Facebook、MixiなどSNSの使い分け:

« クリスマス、クリスマスって言うけれど・・・ | トップページ | 「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「さそりいのししのバイク試乗記」 »