« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の9件の記事

2009年12月30日 (水)

ぬいぐるみも大掃除です

0912291

いのししのぬいぐるみは、普通は売っていないので、亥年の12年に一度しか買えません。夫婦とも亥年の我が家には14年もの、26年ものがいます。

0912292

にほんブログ村 トラコミュ ぬいぐるみへ
ぬいぐるみ
にほんブログ村 トラコミュ ぬいぐるみ写真へ
ぬいぐるみ写真

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

2000年代の最も革新的な電子機器と失敗した電子機器

アメリカのオンラインメディアCNETが、ここ10年間で最も革新的だったエレクトロニクス20製品と、失敗した30製品を選出して発表しました。なお、これはアメリカなので、特に「失敗した商品」の方は日本には全く馴染みのない製品も含まれています(日本上陸するまでもなく失敗した?)。

まずは革新的な製品はこちら(が付いているのはさそりいのししが所有している(いた)もの)

Cnet_stars

  1. 手頃な価格の大画面薄型高精細TV
  2. Amazon Kindle
  3. Apple iMac G4フラットパネル
  4. Apple iPod
  5. Apple iPhone
  6. Blackberry
  7. Canon Rebel 300D(日本ではEos Kiss Digital)
  8. Asus Eee PC(AsusではないですがWillcom D4のネットブックは所有☆)
  9. Flip Video(ほとんど同じCreativeのVADOは所有☆)
  10. Logitech Harmonyリモコン
  11. palm One Treo 600
  12. 任天堂ーDS
  13. 任天堂Wii
  14. ソニーPlayStation2
  15. Motorola RAZR
  16. Slling Media Slingbox
  17. Sonosミュージックシステム
  18. ソニーPSP
  19. TiVo(デジタルビデオレコーダー)
  20. TomTom Go(手頃な価格のGPS)

・・・日本よりは一足先に普及したブルーレイが入っていないのが不思議ですね

次は、失敗した30製品。なお、CNETは必ずしもこれらが「悪い製品」だったとは言っておらず、新機軸を打ち出そうとしつつも普及せず、あくまでも「ビジネスとして」見た場合には失敗だった、という基準で選んでいます:

Cnet_dogs_4

  1. セガDreamcast
  2. ハードディスクのないDVDレコーダー
  3. ソニーAIBO
  4. DVD AudioとSACD
  5. Modo(ソーシャルネットワーキングデバイス)
  6. 3Com Ergo Audrey(インターネットアプライアンス)
  7. Apple Power Mac G4 Cube
  8. タブレットPC
  9. DataPlayディスク
  10. 衛星ラジオ(日本ではMobaHO・・・さそりいのししも使ってました)
  11. ソニーMicroMV
  12. Segway
  13. Microsoft Smart Display
  14. Tapwave Zodiac(携帯ゲーム端末)
  15. HD Radio
  16. Nokia N-Gage(電話機+ゲーム端末)
  17. Microsoft SPOT(スマートウォッチ)
  18. ソニーUMD(ただし、「成功した製品」のPSPはUMD)
  19. Cable Card
  20. キャノン/東芝SEDフラットパネルTV技術
  21. Microsoft PlaysForSure
  22. ソニーLocation Free
  23. Gizmondo(携帯ゲーム端末)
  24. Palm LifeDrive(携帯通信端末)
  25. Motorola ROKR E1
  26. HD DVD
  27. ソニーmylo
  28. UMPC(ウルトラモバイルPC)
  29. Palm Foleo(ネットブックの前身)
  30. Apple TV

・・・失敗には携帯ゲーム端末系が多いですね。失敗した電子機器にMicrosoftが3つもエントリーしている点が、XBOXはそこそこ成功しているものの、やっぱりこの会社はソフトに専念した方がいいのではないかという気がします。

ソニーは、成功した製品に二つ、失敗した製品に三つという残念な結果に。最近は「常勝」感のあるアップルですが、それでも成功に三つ、失敗に二つあり、いかに世の中を変える新製品の開発が難しいかということを示していると思います。

これはベンチャーキャピタルをやっていた頃に学んだことですが、新製品や新技術が成功するには「時間軸」の概念が非常に重要です。コンセプトがどんなに優れていても、要素技術の成熟度が足りなかったり、社会基盤や消費者の価値観が追いついていなければ商品としては成功しません。これらがストレートフラッシュのようにドンピシャと揃った時に世の中を変えるような製品が生まれるのだと思います。

10年以上も低迷を続けていた電子ブックが、Kindleをきっかけにブレイクし始めたのも、電子インク・バッテリー技術、安価でユビキタスな高速無線ネットワーク、コンテンツの電子化、省資源化などすべての要素が揃った上に、Amazonのマーケティング力があったからだと思います。

だから、時代を先取りしすぎてもダメなのです。ソニーのAIBOなんかも、10年前の技術で作ったから20万円もするものになって、機能も性能も不十分で成功しなかったのだと思います。もし現在のメカトロニクス・バッテリー・ネットワーク技術でもう一度やったら成功するかもしれません。私の84歳の父によると、高齢者の間ではAIBOが秘かなブームになっていて、中古のAIBOをネットオークションで求める人までいるとのこと。

ところで、さそりいのししは成功した製品の12/20(甘く見れば14/20)、失敗した製品の8/30を所有していました。「好事家道」を名乗るにふさわしいEarly Adoptor(先駆的消費者)↓と言えるのではないでしょうかcoldsweats01

Photo_2

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

「遅咲きライダーのバイクライフ」更新情報:「さそりいのししのバイク試乗記」

このブログはノンジャンルの話題を書き込むホームブログですが、もう一つバイクの話題だけのバイクブログ「遅咲きライダーのバイクライフ」があります。

実はさそりいのししのブログ生活は、もともとこのバイクブログから始まりました。柏秀樹先生のライディングアートスクールの閉校、写真の趣味の活動増加、転職などのいくつもの要素が重なってバイクに乗る機会と話題が減り、バイクブログは分離してこの「さそりいのししの好事家道」をメインに書くようになりました。

そんなバイクブログですが、これまで試乗したバイクの記事をまとめてみました。バイクは一台一台にすごく個性があって、本当に楽しい乗り物なのでさそりいのししは試乗会が大好物です。ご興味のある方はこちらへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

ブログ、Twitter、Linkedin、Facebook、MixiなどSNSの使い分け

さそりいのししは、いわゆるSNS (Social Networking Service)にいくつも参加しているのですが、増えるに従ってそれらの使い分けがどんどん複雑になってきます。そこで、自分のための整理の意味も含めて、「さそりいのししのSNSマップ」を作ってみました。

横軸にパーソナルとビジネスを取り、縦軸にはアクティブ(情報発信・交流)とパッシブ(情報収集)を取り、各サービスをそこにマッピングした図です。黄色の矢印は、見る人を誘導するトラフィックの流れの方向を表しています。

Sns_map_7

このココログのブログは、最もパーソナルで積極的に情報発信しているので、パーソナル-アクティブという右上に位置しています。画像やリンクや文字数、レイアウトなど最も制限がなく自由に自分の表現ができるので、入ってくる矢印の多さからもわかる通り、他のSNSからこのブログに誘導するという基本構造になっています。

mixi(会員数2400万人)は、さそりいのしし的には年齢層が若すぎて、出会い系的なマイミクの誘いが多いのに辟易して、今は全く書き込みはしておらず、私のmixiのページはこのココログのブログにリンクする形で完全放置状態です。mixiを退会せずに残してある唯一の理由は、個人ブログを持たず、mixiのみに書き込んでいる友人が何人かいるからです。よって、パーソナル-パッシブという位置付けです。

LinkedIn(会員数5300万人)以前このブログで紹介しましたが(その1その2)、純粋なビジネスSNSです。ブログ的な書き込み機能はなく、「オンライン履歴書」的な意味合いが強く、人探しや転職、仕事相手を個人としてよりよく知るのに大変有効です。日本語の入力はできますが、日本では正式に事業展開しておらず、基本的には英語圏のコミュニティです。

140文字以内の「今どうしてる?」という短い「つぶやき」を書き込む今話題のTwitter(会員数5400万人)ですが、この図でわかるようにAPIを公開しているので多くの他のSNSとリンクできるようになっており、それがTwitterの成功の一因でもあると思います。例えばこのブログの右サイドバーにはTwitterのブログパーツが貼り付けてありますし、LikedInのページにはTwitterの書き込みが自動的に表示されるようになっています。

さそりいのししのTwitterの使い方は以下の三つです:

  1. ブログの記事にするほどでもない小さな話題の書き込み(ほとんどiPhoneから)
  2. ブログに書いた記事を紹介して、誘導する
  3. 注目している人や企業の書き込みからの情報収集(主にビジネス)

Twitterが成功しているもう一つの理由は、使い方によってパーソナルにもビジネスにも利用でき、また、積極的に情報発信することも、逆にread onlyで受身的に参加することもできるというその幅の広さにあると思います。さそりいのししの使い方は、発信はパーソナル、受信はビジネスが半々なので、マップの中央に位置しています。

LinkedInとよく対比されるのがFacebookで、これはパーソナルなコミュニティです。会員数公称3億5000千万人の世界最大のSNSですが、日本人の知り合いで参加している人は少なく、日本の会員数は少ないと感じます。Twitterよりは歴史は古いですが、短い書き込みで構成される点で、システム的にはむしろTwitterに近いと思います。

ただし、Twittterが不特定多数の読者に対して書き込むのに対し、Facebookは友人相手という大きな違いがあります。従って、Twitterに書き込んだ内容はそのままFacebookに掲載しても問題ないので、さそりいのししも含めてTwitterとFacebookに全く同じ書き込みをし、友人にだけ発信したい内容はFacebookだけに書き込む、という使い方も多いようです。

LinkedInもFacebookも実名での参加が原則なので、それが理由でプライバシーに神経質な日本ではいまひとつ普及せず、外資系や国際派の人の間で留まっています。逆に、Twitterが短期間で日本でこれだけ普及したのは、その匿名性にもあると思います。

Nileportというのは、システム的にはmixiに近い個人ブログの集合体が中心ですが、紹介制で入会審査ありの完全にクローズドなコミュニティです。

このように、多くのSNSに参加していても、必ずしも一つ一つに専用の手間をかける必要はありません。それぞれの読者層や匿名性などを考慮してコンテンツを共用してリンクさせれば、SNSに単独で参加するよりも充実したものにできると思います。

【参考】SNSの会員数(Wikipedia)

にほんブログ村 トラコミュ SNS(ソーシャルネット)へ
SNS(ソーシャルネット)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

続きを読む "ブログ、Twitter、Linkedin、Facebook、MixiなどSNSの使い分け"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

クリスマス、クリスマスって言うけれど・・・

この季節になると、マスコミも街もクリスマス一色で、「クリスマスは何するの?」とかよく聞かれるのですが、大体クリスマスって何の祝いか日本人はわかっているのか?と思ってしまいます。

Christmas ほとんどの日本人にとって、クリスマスとはキリストよりはサンタクロースが主役で、「キリストの誕生を祝う」という意識は全くなく、「クリスマスに恋人がいないと寂しい」と言われるほど、カップルがおしゃれで特別なデートをしたり、チキンやクリスマスケーキを食べるというような、日本特有の儀式的なものになっています。

考えてみると日本人は不思議な宗教観を持った民族です。教会で結婚式を挙げ、正月は神社にお参りし、死ねばお寺に入る。何の疑問もなくこのように「宗教のいいとこ取り」をする民族は、世界広しと言えども日本人しかいません。

本来、「儀式」は宗教的な信心を表す手段として存在するものなのに、日本ではそのような精神的な側面はほとんんど意識もされずに、表面的な儀式の形式が好きかどうかという基準のみで日本人は選択・行動しています。

日本はそもそも唯一神よりは多神教的な土台があった上に、特に戦後は親が子供に宗教を伝えるというような習慣が希薄になったため、日本人は普段の生活の中で、神や宗教を精神的な「拠り所」にする必要のない、世界でも珍しい民族になってしまったのだと思います。

これはこれで日本人の自己実現性や精神的なたくましさでもあるので、無宗教や多神教を否定するつもりはありません。しかし、人様の宗教の信心の本質を何も知ろうとせずに、その表面的な部分だけをファッションのように扱い、さらにはそれを商売のために勝手に変形させる企業の目論見に盲目的に従っていたのでは、あまりにも軽薄で文化的なレベルが低いと思うのです。

さそりいのししの延べ11年のアメリカ生活で感じたことは、欧米人にとってのクリスマスとは、キリストの誕生を祝うということを通して、人間として生まれてきたことを感謝し、家族の絆を見つめ直すというような意味があるということです。もちろんアメリカでもクリスマスは大々的に商業利用されています。でもその根底にあるクリスマスの意義を、人々もマスコミも決して忘れていません。

ところが日本では、「クリスマス特集」と言えばショッピングやグルメ情報ばかりで知性のかけらも感じられません。真面目な企画をやっても視聴率は稼げないからでしょう。そうやってマスコミも商業主義と衆愚に迎合して日本の文化レベルがどんどん下がっていくのが残念なのです。

クリスチャン以外はクリスマスを祝ってはいけないなどと言う気は毛頭ありません。でもせめて、クリスマスとはクリスチャンの人達にとってどんな意味があり、何故欧米では日本のお盆やお正月のように家族が集まって、彼らがどんな気持ちでクリスマスを祝っているのか、などをちょっと知るだけで、もっと豊かな気持ちでクリスマスを楽しめると思うのです。

Wikipediaで「クリスマス」を調べる

数少ないマスコミによるまともなクリスマスイベント: ニッポン放送の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン

にほんブログ村 トラコミュ クリスマスへ
クリスマス

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

続きを読む "クリスマス、クリスマスって言うけれど・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

FRISKサイズのおしゃれなミニ名刺「ポケッター」

仕事とは全く関係ない趣味関係の友達や、仕事相手でも個人的に仲良くなった人には会社の名刺ではなく、個人の携帯電話やメールアドレス、ブログ情報などを渡したい時がありますよね。これまでは自分でPCで作成して専用のカット紙に印刷していたのですが、最近、「ポケッター」という「FRISKサイズ」のおしゃれなミニ名刺のことを知って、注文してみました。

サイズは7cmx3cmで、普通の名刺と比べると、こんなに小さいです。紙質はかなり硬くプラスチックっぽい丈夫さがあり、これはおそらく小さいのでもらった人がポケットなどの中でくしゃくしゃになったりしないための配慮と思います。

Pocketer2_459x290

表面は、6行まで印刷できますが、すべての行のフォントと大きさは同じになってしまうのがちょっと残念。ブログのURLなどを入力すると、QRコードを自動生成してくれます。下の写真のケースはイタリアンレザーの専用品で、2,980円です(裏面にはカードを押し出すための切り込みがあります)。

Pocketer1_460x460

25枚単位1,000円で注文でき、裏面の写真は全部異なるものにすることもできますが、自分の場合は全部同じで注文しました。かなり細長くなりますので、写真の選択やトリミングには注意が必要です。注文はすべてWebに写真をアップロードして文字を入力して行い、注文4日後に届きました。

にほんブログ村 トラコミュ 名刺カードへ
名刺カード

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

忘年会の季節に「レバウルソ」

忘年会の季節ですね。3年ほど前に「二日酔い対策」の記事を書きましたが、この時の「3点セット」は、「チェイサー」、ファンケルの「肝心サポート」とタウリン3000mg入りのドリンク、というものでした。

しかし最近チェイサーは日本から撤退したのかHPもなくなっており入手困難となり、「肝心サポート」よりはその後発見した「琉球酒豪伝説」の方が効くので、最近はもっぱら琉球酒豪伝説のお世話になっていました。

Liverurso1_2 ところが最近、二日酔い防止によく効く医薬品を発見したので、ご紹介します。佐藤製薬の「レバウルソ」です。正式な効能は、滋養強壮、肉体疲労時等の栄養補給です。

レバウルソは、アルコール代謝に関与するアミノ酸などを多く含む肝臓水解物(豚の肝臓を消化吸収しやすいように加工したもの)を配合した滋養強壮剤が主成分です。

それに加えて、医療用医薬品として慢性肝疾患や肝硬変などの胆肝系疾患に処方されている、ウルソデオキシコール酸を配合されており、これは胆汁の分泌を促進し、脂肪の消化を助けます。

説明書のPDFはこちら:「Liveruso.pdf」をダウンロード

医薬品なので、医師に相談の上、自己責任でご使用いただくという前提で、あくまでも個人的な感想を述べると、お酒を飲む前にこれを服用すると、非常にすっきりとしてお酒が残りません。同様に肝臓水解物を含む「ヘパリーゼ」はよく薬局で見かけるかと思いますが、これは以前試したこともあるのですが、何故かこのような効果は感じませんでした。

90錠で約2,300円、1回の服用量は3錠なので、1回分約80円と手頃です。

にほんブログ村 トラコミュ 飲み会、酔っ払い、二日酔い!!!!!へ
飲み会、酔っ払い、二日酔い!!!!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

来年のDELLのカレンダーはイケてます

毎年この季節になると、多くの「企業カレンダー」をいただくのですが、そのほとんどは壁にかけられることもなく捨てられる運命にあります。その最大の理由は、写真が「主役」になるには値しない、音楽で言えばBGMくらいにしかならない、無難でつまらないものだからです。その上に、壁掛けカレンダーの多くは「無駄に大きい」ので、「飾りたくもないし飾る場所もない」のがほとんどです。

にほんブログ村 トラコミュ カレンダー、暦へ
カレンダー、暦

うまくやれば一年中飾られてその企業イメージを焼き付ける効果があるのに、企業カレンダーの多くは、いかにも、センスの悪い総務部あたりが「こんなもんでいいだろう」と選んだ手抜きの匂いがプンプンするものだというのがもったいないと思います。

このDELLのカレンダーもそんなわけで全く期待していなかったのですが、開いてみて全く予想を裏切られました。PCメーカーのデルらしく、PCの基板を街に見立てた、イマジネーションに溢れ、製品に対する愛情を感じさせる素晴らしい写真がセンスよくアレンジされています。写真が趣味のさそりいのししとしては、かなりポイント高いです。大きさも42x31センチと無駄に大きくありません。曰く:

「日常生活で欠かすことの出来ないPC、その内部には我々が生活する“街”が存在していました。普段注目されることの無い基盤やディスプレイに様々な光を当てることで、街の季節や時刻(とき)の移ろいを表現しました。」

Dell_calendar_janfeb

Dell_calendar_marapr

Dell_calendar_mayjun

Dell_calendar_julaug

Dell_calendar_sepoct

Dell_calendar_novdec

なお、このカレンダーは法人用なので、一般の方は入手困難かと思います。 お知り合いにDELLの人がいたら、せがんでみてくださいhappy01
にほんブログ村 トラコミュ DELL(デル)へ
DELL(デル)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

事業仕分けの対象にもなった「自衛隊広報センター」

Imgp6987_3 今回の事業仕分けの作業、興味深く見ていました。お役所が無駄ばかりやっていることはわかりきっているのでその事業の内容自体にはそれほど驚かなかったのですが、今回のテレビ中継では、いかに官僚という人種が民間企業とはかけ離れた生ぬるい金銭感覚を持っていて、ビジネス感覚が全く欠如しているかを実際に聞くことができたことが新鮮な驚きでした。

Imgp7009 たとえば、さそりいのししも昨年3月にバイクで遊びにいった、和光市にある自衛隊の広報センターも事業仕分けの対象になっていて、偶然そのやりとりをテレビで見ることができたので身近に感じて興味深く見ていました。施設の内容に関しては2008年3月のブログ記事をご覧になっていただくとして、展示は面白いし、「自衛隊の広報」という意味では、価値ある施設だと思います。

Imgp7127_2 問題は、ここが入場無料ということで、年間約11万人が訪れるので、その運営費2000万円を税金で賄うために予算を要求しているのです。つまり一人200円の入場料を徴収すれば、税金を使わないでいい計算になります。それを、ここを訪れる受益者にではなく、広く国民全体に負担させようというわけです。

Imgp7032 「有料化すればいいのではないか」という仕分人の指摘に対して、防衛庁の官僚は、

「タダだから来るという人もいるので、有料化することには抵抗があります

という感情論とも言える甘ったれた、なんともあきれた答弁。民間企業で、経営者からの指摘に対して、「抵抗があります(=やりたくありません)」なんて事業部門が答えたら、即クビですね。

「タダだから来る」なんてことはないでしょうpunch。だって都心から離れた、決して交通の便の良くないこの施設にわざわざ来るために、みんな電車賃や高速道路代やガソリン代をかけて来るわけですから、あと200円なんてどうってことない。

Imgp7100 大体、「入場料を取るなら行かない」という人が、どれだけいるのでしょうか。もしそういう国民がいたとしたら、そういう人も考えを改めて欲しいbomb。「無料」という言葉は聞こえはいいですが、国がやることに、タダということはありえないのです。必ずどこかで全国民が税金dollarという形で負担しているのです。

11万人と言えば、国民のたったの0.1%=1000人に1人です。1000人に1人の来場者のために、「国策として」1000人全員に負担させるべきかどうか、すなわち「受益者負担」か「国民負担か」というのがこの税金の使い道の議論の本質です。

確かに、国の防衛に関する広報は無料であるべきという議論はあるかもしれません。しかし、この施設に関しては、「広報」と言っても受動的なもので、あえてここまで来た人のみが対象です。はっきり言って、来場者は博物館や遊園地と同じ「娯楽感覚」で来ているので、受益者負担が妥当でしょう

いずれにしても、この事業仕分けの結果を受けて、防衛庁がどうするか注目ですね。あくまでも無料化に抵抗するのか、有料化するのか。

私がこの施設の事業責任者だったら、有料化して、そのお金を単に維持費に充てるのではなくて、人をあっと言わせるようなアトラクションを造って話題を作って来場者を増やし、この施設の本来の目的である、自衛隊の更なるイメージアップupを図りますけけどね。どうして官僚にはそういう発想ができないのだろう。もう脳ミソを入れ替えるしかないわな、という感じです。

にほんブログ村 トラコミュ 軍事、国防(防衛)、自衛隊へ
軍事、国防(防衛)、自衛隊

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »