« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の5件の記事

2009年7月26日 (日)

伊豆大島の国際セミナー

東京理科大学の准教授がライフワークとして過去10数年も毎年伊豆大島で開催している「日本における多国籍企業間の交流」という2泊2日のセミナーのことを開催直前に知り、面白そうだったので急遽参加することにしました。

P7240469_xga金曜日の夜11時に竹芝桟橋から大型客船で出発し、2等のリクライニングシートで伊豆大島へ。シートはちょっと昔の国際線のビジネスクラス程度で、なんとか4時間ほどは眠れました。
P7250511_xga
右の写真は大島の元町港に翌朝5時に到着したところです。ということは航行時間は6時間ですが、これはあまり早く到着してもかえって不便なのであえて遅くしているようです。ちなみに、復路は4時間です。
P7250522_xga
港に到着後、大島の温泉で朝食と休憩・仮眠を取り、宿泊&セミナー地の東京都が運営する「海のふるさと村」へ(写真の吊り橋の左側の建物が宿泊棟です)。

P7250629_460x345_2
今回の参加者は、スピーカー4名を含んで15名。例年はもっとずっと多いらしいのですが、自由に発言するにはちょうどいい人数でした。参加者の国籍は韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、フィンランドなど正に多国籍。セミナーは海辺のオープンスペースで行われました。日本企業におけるリーダーシップ、ソーシャルメディアの使い方、転職市場や日本企業のブランドなど様々なテーマに関して1日活発で有意義なディスカションを行いました。

この2枚はセミナー開催場所の高台から撮影したもの。
P7250623_xgaP7250649_xga
セミナー修了後に500メートルのトンネルをくぐり、その先の海岸でオリンパスペンE-P1の14-42mmズームレンズの性能を検証。木製の手すりの上にいたバッタを、ほぼ同じアングルで広角28ミリ相当でF22まで絞った写真と、望遠85ミリ相当で絞り開放(F5.6)で撮影したものです。F5.6の割にはよくボケていますが、やっぱりズームなのでボケ味はいまひとつという感じです。
P7250704_xgaP7250698_xga

夜は全員で協力してバーベキューを楽しみ、夜遅くまでロッジの談話室で飲みながら語り明かしました。国籍や業界が全く違う人たちと接すると、新しい気付きがあったり、その後思わぬ所で仕事でつながりがあったりするのがこういう催しの実りだと思っています。

この写真は、日曜日の朝に大島の元町港で船を待っている間に撮ったテトラポッドです。下の方の写真はE-P1のラフモノクロームのアートフィルターを使って現像しています。モノクロにすると、何か昔の怪獣映画に出てきそうな雰囲気の写真になりますね。
P7260712pa_xga

P7260712rm_xga

P7260722_xga翌朝の帰りは大型客船ではなく、高速ジェット船を利用しました。時速80キロで航行し、大島と東京をわずか1時間45分で結びます。海面からは浮いて航行するので、揺れもなく乗り心地は抜群で、まるで新幹線に乗っているようでした。

航行中は飛行機と同様にシートベルトをしていなければならないので、大型客船のようにデッキに出て景色を楽しむことはできませんが、大島との距離が短くなることは確かです。ところで、この水中翼船はボーイング社製で、正式な型名はBoeing929と言うそうです。飛行機みたいですね。

にほんブログ村 トラコミュ 国際交流へ
国際交流
にほんブログ村 トラコミュ 伊豆諸島が好きへ
伊豆諸島が好き
にほんブログ村 トラコミュ オリンパス PEN E-P1 愛好会へ
オリンパス PEN E-P1 愛好会

にほんブログ村 その他ブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

巨大ガンダムを撮る!

P7190422pa_1024x768
P7190423_1024x768東京ビッグサイトで開催されていた東京おもちゃショーの帰りに、8月31日まで「潮風公園」に展示されている身長18メートルの実物大(?)の巨大ガンダムを撮りにいきました。
さすがにおもちゃショーの開催日と日曜日ということもあって、ご覧のようにすごい人でした。

冒頭の写真と次の3枚は、オリンパスペンE-P1の「ポップアート」というデジタルフィルターを使って処理しています。こういう原色系の被写体にはこの特殊効果フィルターはよく似合います。

P7190419pa_768x1024P7190409pa_768x1024
P7190440pa_1024x768_2
だんだん日が暮れてくると、音楽が流れ始め、ガンダムの首が動き、胴体から水蒸気が出るちょっとしたショータイムになりました。最後の写真は、ガンダムが空を見上げるクライマックスの瞬間。この後群衆から一斉に拍手が。
P7190455_1024x768

にほんブログ村 トラコミュ ガンダム30周年記念へ
ガンダム30周年記念
にほんブログ村 トラコミュ 機動戦士ガンダムへ
機動戦士ガンダム
にほんブログ村 トラコミュ オリンパス PEN E-P1 愛好会へ
オリンパス PEN E-P1 愛好会
にほんブログ村 トラコミュ E-P1へ
E-P1

にほんブログ村 その他ブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京おもちゃショーに行ってきました

いい歳をして、東京ビッグサイトで開催されていた「東京オモチャショー2009」に行ってきました。3連休、入場無料ということもあって、ご覧のようにすごい人でした。さそりいのししは、ホビーショーやプラモデル・ラジコンフェアなどは行ったことがあるのですが、おもちゃショーは初めてでした。大人目線で、ちょっと面白いなと思ったものをご紹介します。
090719

090719_2まずは「日本おもちゃ大賞」の受賞商品のブースにあった、「くもんの日本地図パズル」です。
何故これに惹かれたflairかと言うと、さそりいのししは小学校時代をアメリカで過ごした帰国子女なので、基礎的な日本の地理とか歴史を学ぶ時期が欠落しているため、未だにそういうのには疎いのです。
このパズルは、それぞれの県がその境界線に沿ってパズルのピースになっているため、このボードにはめていくことによって自然とその形と位置が身につく、というものです。この写真は、エリアによって色分けされていますが、すべての県が同じ色の、より難易度が高い「発展ピース」も入っているとのことです。さすが、くもん。

↓帰宅後に早速楽天市場で注文してしまいました
オタクの電脳街:くもん出版 NEW日本地図パズル 税込2,050円送料525円

さそりいのししは自分用ですがcoldsweats01、小さなお子さんのいるご家庭には知育玩具としていいのではないでしょうか。日本のことを学びたい外国人にもよいのではないかと思います。なお、世界地図バージョンもあるようです。

にほんブログ村 トラコミュ 脳を鍛えるゲーム・学習ゲームへ
脳を鍛えるゲーム・学習ゲーム

次は、バンダイの「Communication Robot Myドラえもん」です。
090719_3光・温度・音・人センサーを備え、環境変化やユーザーとのふれあいに応じて目の液晶部分が10種類に表情が変わり、頭や手足を動かし、言葉も1300語も話すそうです。9月3日発売、価格は31,500円です。値段から言っても、あきらかにハイテクおもちゃ好きの大人向けですね。

にほんブログ村 トラコミュ ドラえもんへ
ドラえもん

チョロQマニアとしてはタカラトミーのブースには期待していたのですが、11月に発売予定の「チョロQハイブリッド」が展示されていました。写真は、所ジョージさんプロデュースのモデル。

090719q何が「ハイブリッド」なのかと言うと、従来のチョロQのプルバックゼンマイのシャーシと、赤外線ラジコン用の電動モーターのシャーシが乗せ換えできるというものsign02。「同時に混在していないとハイブリッドとは言えないんじゃないの」、というツッコミpunchはともかく、何が魅力なのかいまひとつ伝わってきませんでした。

にほんブログ村 トラコミュ チョロQへ
チョロQ

090719snoopyusbスヌーピー好きとしては、このブースの前にもつい足を止めてしまいました。飛行機の方は、プロペラが回ってフワフワと飛ぶような動きをするUSBハブ(5,700円)で、右の宇宙飛行士のものはUSB端子につないで首がヘコヘコ動くというだけのもの(2,800円・・・高っ)。

にほんブログ村 トラコミュ 大好きスヌーピーへ
大好きスヌーピー

090719_5このキューブというメーカーは、USB端子に差すと犬が腰をパコパコとえっちな動きr-markをするおもちゃで有名(?)ですが、今度は映画「ロッキー」シリーズのキャラの腹筋バージョンです。「ロッキー」をリアルタイムで観ていた世代なので、反応してしまいます。

090719_6おそらくこのおもちゃショーで最も高価な商品は、このカーボンファイバーと超合金でできたマジンガーZでしょう。
価格は、なんと200万円wobblysign03 誰が買うんだこんなもの・・・。

なぜかこんなものにも不思議に惹かれてしまいました。いわゆる「きもかわいい」という奴でしょうか。
090719box15体を、こんな風に積み重ねたり並ばせたりして遊ぶそうです。

にほんブログ村 トラコミュ ウルトラマンへ
ウルトラマン

090719_7090719_8

実は、今回このおもちゃショーに行こうと思ったきっかけは、デジカメ関連商品とも言える、最後に紹介するこの「ペラモデル」がテレビの取材で扱われていたのを見たからです。
090719_9090719_10090719_14090719_15

Xga(←これはパンフをスキャンしたもの)
ペラモデルとは、身長10センチくらいの、腕や足や首に可動関節が付いたペラペラのフィギュア。

デジカメで撮影した全身写真を、無料でダウンロードしたソフトで加工して、付属の専用紙にプリントしてこのペラモデルに貼り付ければ出来上がり。

これらの作例みたいに、自分の家族や、友人・恋人、チームやグループのペラモデルを作ったら楽しそう。一家にデジカメ・パソコン・プリンターがある時代ならではのおもちゃだと思います。

にほんブログ村 トラコミュ 雑貨・おもちゃ全般へ
雑貨・おもちゃ全般
にほんブログ村 トラコミュ 物欲アイテムへ
物欲アイテム

にほんブログ村 その他ブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月11日 (土)

オリンパスペンのアートフィルターを試してみる

オリンパスペンには6種類の「アートフィルター」という機能があって、以下のような特殊効果を簡単に施すことができます。

「ポップアート」色をポップに強調。思いっきり彩度を上げた感じです。
「ファンタジックフォーカス」柔らかく幻想的に、いわゆるソフトフォーカス
「デイドリーム」記憶の中の風景のようにもやっとした感じになります。
「ライトトーン」コントラストを下げた落ち着いた柔らかさ
「トイフォト」ピンホールカメラで撮ったように、解像度と周辺光量を落とした感じです。
「ラフモノクローム」粒状感の粗いモノクロに。点描のような感じになります。

この「アートフィルター」は、もちろん撮影時に設定できるのですが、RAW(イメージセンサーからの信号をそのまま、全く処理しないで記録するフォーマット)で撮っておけば、あとでカメラ内、またはPC上で付属のソフトで自由にアートフィルターの処理を加えることができます。

P7110240normal_xga_2
この写真は、日比谷のペニンシュラ・ホテルのロールス・ロイスで、上はノーマルです。
アートフィルターは、下の配置になっています:

「ポップアート」「ファンタジックフォーカス」
「デイドリーム」「ライトトーン」
「トイフォト」「ラフモノクローム」

P7110240pa_xgaP7110240ff_xgaP7110240dd_xgaP7110240lt_xgaP7110240tp_xgaP7110240rm_xga

P7110245normal_xga
これはフロントグリルのアップで、上がノーマル、下のアートフィルターの並び方は同じです:
P7110245pa_xga_2P7110245ff_xga_2P7110245dd_xgaP7110245lt_xgaP7110245tp_xgaP7110245rm_xga

下の写真は、日比谷にあるゴジラ像を撮ったもので、左から順に、ノーマル、ポップアート、トイフォト、ラフモノクロームです。
P7110226normal_600x800P7110226pa_600x800P7110226tp_600x800P7110226rm_600x800

被写体によってどの処理が合うかはかなり異なるのですが、個人的には、ファンタジックフォーカスとラフモノクロが好きで、ライトトーンとデイドリーム(色が緑っぽくなる)はちょっと使いにくい感じがします

にほんブログ村 トラコミュ デジカメ(デジタルカメラ)へ
デジカメ(デジタルカメラ)
にほんブログ村 トラコミュ オリンパス PEN E-P1 愛好会へ
オリンパス PEN E-P1 愛好会
にほんブログ村 トラコミュ マイクロフォーサーズへ
マイクロフォーサーズ

にほんブログ村 その他ブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

オリンパスペンE-P1を革張りにカスタマイズ

話題のカメラ、オリンパスペンE-P1を予約して、発売日の7月3日に入手しました。
実は、初代のオリンパスペンが誕生したのは、さそりいのししの生まれた年と同じ1959年で、父親がペンを持っていて、子供の頃撮ってもらった写真のほとんどがペンだったと思います。自分でも写真が撮れるようになった少年時代には、よく父親のペンを借りて写真を撮っていた記憶があります。
そんなノスタルジックな想いもあって、もちろん機能的にも画期的なカメラなので、どうしても欲しい一品でした。

このE-P1の何がスゴイかというのは、この記事を読んでいただければわかりますが、簡単に言ってしまうと小型でありながらレンズ交換ができるということと、一般的なコンパクトデジカメと比べると、6倍から9倍も大きなイメージセンサーを搭載しているので、一眼レフ並の高画質で撮れるということです。

さて本題ですが、購入してまず最初にやったのがこの「革張り」のカスタマイズです。
Ep1_beforeEp1_after
左の写真が無加工で、右が加工後です。ほとんどこのまま売っていてもおかしくない自然さだと思います。
普通に売られている左の状態だと、かなりシルバーのテカテカの部分が多く、全体的に張り革があった昔のペンと比べると、「どうも違うな」と感じていました。
Ep1_after_with_lens
これがレンズを付けた状態です(フードはライカ用の40.5mmのものを流用しています)。
かなりいい雰囲気になったと思います。

購入先はこのサイトで、値段はなんと1500円と大変手頃です。
ここでは早くも何種類もE-P1用の「張り革」や専用のケースを発売していて、なんと今見たら本物の木製の張り革まで出しています。

黒の張り革はそのシボの具合が5種類あるのですが、さそりいのししが購入したのは、#4044のライカM型です。材質はビニールにグラスファイバーを埋め込んだヴィニックスという、カメラ革として実績のあるものです。
Ep1_leather革はこんな感じであらかじめカメラの形に合わせて非常に精度高くカットされいて、ものの5分もあれば簡単に貼ることができます。


本革ではありませんが、非常に質感が高く、触り心地も良好でグリップも格段に向上します。

これから撮影した写真など、少しづつペンについて書いて行こうと思います。

にほんブログ村 トラコミュ デジカメ(デジタルカメラ)へ
デジカメ(デジタルカメラ)
にほんブログ村 トラコミュ オリンパス PEN E-P1 愛好会へ
オリンパス PEN E-P1 愛好会
にほんブログ村 トラコミュ マイクロフォーサーズへ
マイクロフォーサーズ

にほんブログ村 その他ブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »