« 福よせの熊手にも世相が反映! | トップページ | ブログのタイトルを変更しました »

2009年1月 6日 (火)

スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチ

アップルの創業者スティーブ・ジョブスが2005年6月12日にスタンフォード大学の卒業式で行った感動的なスピーチがYouTubeで見れることを半年ほど前に知りました。自分の人生や仕事を見失いがちなご時勢なので、ここで紹介させていただこうと思いました。

【日本語字幕付き短縮版はこちら(8:49)】

【スタンフォード大学の公式高画質フルバージョンはこちら(15:04)】

自分が特に感動したのはこの二つの部分です(意訳byさそりいのしし)

「点と点を繋ぐ」
ジョブスが無銭学生として大学でカリグラフィー(装飾文字)の授業を夢中で受けていたことが、10年も後にマッキントッシュで初めてコンピュータでプロポーショナル・フォントを採用することに役にたったことを例にして:

(人生の)点と点は、前もって計画的に繋ぐことはできない。それは振り返ってしかできない。だから、今やっていることは、(中途半端にではなく)将来何かに必ず役に立つと強く信じてやるしかない。そのことが、仮に多くの人が進む道とはずれていたとしても、自分の心を信じて続ける自信となる。

「自分が本当に愛することをみつけろ」
自分が創立したアップルから解雇され、どん底に落ちた後、NeXTとPixarを設立して、その後再びアップルに復活したことを例にして:

人生は、時に残酷な仕打ちをすることがあるけれど、希望を失ってはいけない。自分が絶望しなかった唯一の理由は、自分が本当に愛していることをしていたから。仕事であろうと、伴侶であろうと、自分が本当に愛せるものを見つけなくてはだめだ。仕事は人生の大きな部分を占めるのだから、本当に満足な人生を送るためには、自分が素晴らしい仕事だと信じられることをする以外にない。そして素晴らしい仕事をするためには、その仕事を愛せなくてはだめだ。もしまだ見つけていないならば、探し続けろ。妥協するな。それを見つけた時は、必ず自分の心が教えてくれるはずだ。そしてすべての素晴らしい関係がそうであるように、それは年月とともにますます良くなる。だから見つかるまで探せ。決して妥協するな


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« 福よせの熊手にも世相が反映! | トップページ | ブログのタイトルを変更しました »

☆ビジネス」カテゴリの記事

コメント

いつも大変ためになるお話をご紹介下さり有難うございます
胸に来るものがありました。
『自分が本当に愛することをみつけろ』
このことこそが本当に難しいんですよねぇー
“惚れて通えば千里も一里”なんて言葉よく聞きますが、
惚れて生きる、これってやはりこちら側の問題によるところも大きいんでしょうか? 素晴らしき縁を引き寄せるのも、
素晴らしき縁に育て上げるのもその人の人間力によるところ
が大なような気もします。
人生の大きな転機、チャンスを生かせるか否かも含め・・
うーん、どうみても私には遠い遠い道のりです。
書店にてスティーヴ・ジョブスさんの本が大きく平積みされ
ておりました、さそいのさまがご紹介下さったyoutubeを見させて頂いた後だったので、興味深くしばらく立ち読みさせて頂きました。以前さそいのさまがご紹介下さった
ゴア元副大統領以来です、ありがとうございました。

投稿: つちだ | 2009年1月 8日 (木) 16:46

つちださま

いつもご愛読とコメントありがとうございます。
安定した仕事があると、つい「このままでいいかな」と思いがちですが、このスピーチの"Don't Settle"(妥協するな)を聞いて、自分もまだまだ探し続けないといけないとあらためて思いました。

ただ、探し求めつつも、今やっていることが将来の「点と繋ぐ」ように、確実に自分の肥しにすることが重要なんだと思います。

投稿: さそりいのしし | 2009年1月 9日 (金) 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/43661483

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチ:

« 福よせの熊手にも世相が反映! | トップページ | ブログのタイトルを変更しました »