« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の4件の記事

2008年5月30日 (金)

国内ビール4社飲み比べ!

Ginzahakkeibeer73

さそりいのししは普段はあまりビールは飲まないのですが、「ビールしか飲まない」というほどビール好きの女子と国内ビール4社の生ビールの飲み比べができる、「銀座六景 BEER 7:3」という店に行ってきました。
ちなみに、7:3とはビールと泡の理想的な比率だそうです(わからなかったので店員に聞きました)。

4社とも「レギュラービール」と「プレミアムビール」があって、それぞれ:

アサヒ:スーパードライ/熟撰
サッポロ:黒ラベル/エビス
キリン:一番搾り/ブラウマイスター
サントリー:モルツ黒/プレミアムモルツ

となっています。そして、以下の3つの「コース」があります:
「一周」コース: 上記8種類にギネスを加えた9グラス(6200円)
「レギュラー半周コース」: レギュラービール4グラス(2600円)
「プレミアム半周コース」: プレミアムビール4グラス(2800円)

頼んだのは「プレミアム半周コース」。
グラスが空くと、店員が見計らって自動的に次のグラスを持ってきてくれます。
レストランでは、国産と外国産のビールの銘柄は選べても、複数の国産を扱っている店は少ないので、こういう飲み比べはなかなかできません。
出てきた順番は、上記のメーカーの順番だったのですが、さそりいのししのテイスティングランキングは、こうなりました:

one位:サントリー プレミアムモルツcrown
two位:アサヒ 熟撰
three位:エビス
four位:キリン ブラウマイスター

ビールは、よく「一杯目が一番美味しい」と言いますが、プレミアムモルツは一番最後に出てくるというハンデを覆して、明らかに最も美味しいと思いました。モンドセレクション最高金賞を3年連続受賞はダテではありませんね。そう言えば、この賞を目標にサントリーの技術者たちがいかに苦労したか、という話しを講演会で聞いたことを思い出しました。

ちなみに、連れもプレミアムモルツが一番美味しいという評価で、さそりいのししはグラス4杯でもうビールは限界でワインに切り替えましたが、彼女はその後もずっとプレミアムモルツを飲み続けていました。

Premium_malts・・・と言う訳で、これから我が家のビールは「プレミアムモルツ」に決定!
・・・で早速1ケース買ってきてしまいました!
(ってあまり飲まないのに・・・爆)

にほんブログ村 トラコミュ ビールへ
ビール
にほんブログ村 トラコミュ 世界のビールを味わいましょへ
世界のビールを味わいましょ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

TOEIC満点への挑戦

さそりいのししは、小学校2年生から6年生までニューヨークで暮らしていた帰国子女の上、社会人になってからも6年間もアメリカに赴任していて、その後も外資系企業勤めが長いので自慢できることでもないのですが、英語は母国語と同じです。

これまで満点の990点を目指して何回かTOEICを受験しているのですが、965点、970点は取ったことはあるのですが、いつも4~5問を間違えていました。今回は就業後に会社で開催し、その上費用も負担してくれるということで、ひと月ほど前に受験したのですが、その結果が今日届きました。

結果は、985点!悔し~sad Listeningは満点で、Readingをたったの1問だけ間違えてしまいました。実は言い訳をすると、前の晩よせばいいのに2時まで飲んでいて、眠くて集中力がいまひとつだったのだと思います。
Toeic_without_name_3

満点を取ったらもう受けるのはやめようと思っているのですが、さそりいのししの挑戦はまだ続きます。

にほんブログ村 トラコミュ TOEICへ
TOEIC
にほんブログ村 トラコミュ 超えてみせます!TOEIC900点ーー!!!へ
超えてみせます!TOEIC900点ーー!!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (3)

2008年5月 5日 (月)

友枝康二郎さんの個展

友人のグラフィックアーチストの友枝康二郎さんの個展に行ってきました。場所は二子玉川の高島屋のルーフギャラリー。友枝さんの作品は、少年時代のノスタルジアを感じさせる、張り子のオブジェやデジタル絵画が主体ですが、さそりいのししとは一つ違いの同年代なので、その題材は自分にとっても懐かしいものばかりです。
Entrance

また、友枝さんもバイクライダーで、そのバイクの張り子のオブジェの作品が3年ほど前に雑誌「培倶人」の表紙に連載されていたので、ご覧になったライダーの方も多いかと思います。
Photo_7

今回の展示作品の一部:

Indian_1024x768Converse_1024x768Nike_1024x768Motorcycle_1024x768Robot_575x768

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

「平常心」の木札

先日、豊洲のららぽーとに寄ったら、写真のようなレーザー彫刻でその場で特注の木札を作ってくれる店を発見しました。
Photo_6
これまで、この手の店を見たことはあったのですが、この店は木材の種類(ツゲ、桜、黒檀など)や書体や背景が圧倒的に豊富で、画面で確認しながら文字の種類・幅・間隔や背景を自分のイメージ通りに微調整できるところに惹かれて、バイクに乗る時に首から提げるための木札を注文してしまいました。
Photo_4
材質はツゲで、大きさは60ミリx20ミリx5ミリ、両面彫刻で背景オプションがあったので5,250円でした(簡単な片面彫刻なら3,500円くらいです)。

最初は「さそりいのしし」とひらがなにしようかと思ったのですが、文字数が多すぎるので「蠍亥」と漢字に、背景はサソリ。

そしてもう一面は、チェッカーを背景に、柏秀樹校長のライディングアートスクールの最も重要なキーワードの一つである「平常心」。これも、最初は「交通安全」とありきたりな文句にしようかと思ったのですが、「交通安全、交通安全」と唱えるより、交通安全を実現するための心がけの方が意味があると判断して、「平常心」にしました。

ちなみに、さそりいのししの解釈による「柏秀樹語録」における「平常心」とは:

平常心を失うと、冷静な判断や操作ができなくなり、事故(や違反)のもととなります。平常心を失わせる要素は実に沢山あります:
・自分の能力を超えたスピード
・緊急事態や、予想を超えた事態(例:思ったよりカーブがきつかった)
・自分や仲間が転倒や事故を起こして気が動転している(こういう時こそ平常心!)
・怒り、競争心や見栄などの感情
・約束などの時間に遅れている
・仲間とはぐれた
・道がわからない
・ガス欠になりそう
・疲労

そして、平常心を保つためには:

1)まずは平常心を失うような事態に陥らないようにすることが大事(事前の十分な計画と装備、「自己基準速度」を守るなど)
2)どんな状況になっても平常心を保てるようにするためには、様々な状況に対応することを身体で覚えていることが重要。例えば、急ブレーキで車輪がロックしても、マシンコントロールを失わずに冷静に対処できる練習など。
3)走っていて、ちょっと平常心を失いかけたと思ったら、両肩を上げて深呼吸をし、一気に息を吐き出して脱力するのが効果的。

これは、バイクライディングのための平常心という書き方になっていますが、重要なことや、危険を伴うことには平常心は重要なことだと思います。

なお、このレーザー彫刻木札のショップは屋台型店舗ですが、ららぽーと豊洲の常設店ですので、ご興味のある方は近くにお寄りの際に行ってみてください。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »